臭気判定士試験 01


臭気判定士試験の受験情報

受験資格
臭気判定士試験
18歳以上の者。

試験内容
臭気判定士試験
  ①嗅覚概論、②悪臭防止行政、③悪臭測定概論、
  ④分析統計概論、⑤臭気指数測定実務
嗅覚検査
  1~5までの番号のついた「匂い紙」から基準臭の付いた2つを
  嗅ぎ当てます。

臭気判定士は、臭気問題に関わる事業所では必要な資格である

臭気判定士の必要性

・臭気判定士は、悪臭防止法で導入された臭気指数の測定を統括する者に与えられる資格である。
・臭気判定士の資格を持った者がいないと、測定機関は国や地方公共団体から測定の委託を受けられない。
・臭気指数による規制や条例、指導要綱などによる規制や指導状況は、防臭や脱臭技術の評価、苦情処理対策、脱臭効果の判定などに必要な測定方法である。
・民間の測定機関や地方自治体、臭気を発生する工場や事業場の担当者、装置メーカなどには、正確に臭気を測定できる者が必要である。
・悪臭公害は特有の態様があり、ガスや水の処理とは違うため、臭気判定士は臭気問題にかかわるところでは絶対に必要な資格である。

臭気判定士試験の概要

・臭気判定士試験の受験資格は、18歳以上であれば、誰でも受験することができる。
・臭気判定士試験の合格者は、自らの嗅覚検査合格証を添付すれば臭気判定士の免状を申請することができる。
・嗅覚検査は、受験するための条件ではなく、試験に合格した後の免状申請するための条件である。
・試験問題の公表は、試験当日の問題の持帰りが可能であり、臭気対策研究協会の機関誌1月号に掲載される。正解は公表されない。
・合格基準の公表は、合格者発表の際に行われる。
・免状の交付について、試験に合格した物は、免状交付申請書に、戸籍謄本または抄本、試験の合格証書、嗅覚検査の合格証書を添えて申請する。免状の有効期間は5年間で、嗅覚検査を実施して更新することができる。
・嗅覚検査は、各嗅覚検査実施機関が指定する日に実施する。

臭気判定士の試験科目

1.嗅覚概論
 ・人の嗅覚とにおいの役割など
 ・嗅覚の順応など嗅覚の基本的な特性
 ・嗅覚値などにおい物質の特性
2.悪臭防止行政
 ・悪臭防止法、施行規則、告示などの内容とその運用
 ・地方自治体の条例による規制、指導と法令との関係
 ・悪臭防止対策の基礎的な知識など
 ・臭気発生源の特徴
3.悪臭測定概論
 ・機器測定法、嗅覚測定法などの臭気測定法の全般
 ・特定悪臭物質や臭気指数、臭気排出強度など
 ・嗅覚測定法に関する基本的な考え方と具体的な方法
4.分析続計概論
 ・度数分布、代表値、散布度、単回帰、相関などのデータの基本構造
 ・統計的仮説検定など
 ・2点試驗法、3点試験法その他の試験法における精度管理
5.臭気指数の測定実務
 ・パネルの選定とその管理
 ・測定に使用する器材とその取扱い
 ・試料採取方法、判定試験の実施、結果の求め方

臭気判定士、講習会の内容

1.嗅覚の特徴
 嗅覚の特徴とにおい物質、嗅覚と順応、ウェーバー・フェヒナーの法則検知など
2.悪臭防止法について
 悪臭防止法・規則・告示などの内容、自治体の規制と指導、悪臭対策の基礎的な知識など
3.嗅覚測定法概論
 各種の嗅覚測定法の概要と数量化する方法、嗅覚測定法の理論と手順など
4.分析統計の処理
 各種の検定法とその確率、精度管理の概念など
5.嗅覚測定法の実習
 器材やパネルの選定と管理、試料採取、におい袋の作成、試験の手順、結果の求め方などの実務に関する実習

主な脱臭技術の概要と特徴

触媒式脱臭法

触媒式脱臭法の概要

・触媒式脱臭法は、触媒を使用して排ガスの中の悪臭物質を燃焼や接触酸化して無臭化する方法である。
・発熱量が大きく、完全燃焼しやすく、燃焼生成物が無害なものに適している。
・対象臭気、固有の着火温度よりも低い温度で酸化を開始する。
・触媒燃焼により発生する反応熱を利用し、悪臭を熱交換器にて予熱する省エネルギーであり、悪臭物質濃度が高い場合は助燃料は不要となる。
・悪臭をファンにて誘引し、加熱器に送気し所定温度まで加熱された後、反応器に送られ、内部の触媒を通過する間に燃焼し、脱臭して大気に放出する。
・炭化水素、酸素含有物の場合は、炭酸ガスと水になる。
・トルエン、キシレンなどの芳香族炭化水素、コステル、エーテル類、ケトン類、アルコール類、アルデヒド類、フェノール類などを含んだ臭気に適している。
・触媒式脱臭法の適用業種は、グラビア印刷,、オフセット印刷、ペンキ焼付工程、エナメル線焼付乾燥工程、塗料やインキ製造、合成樹脂や合成ゴムの製造などである。

触媒式脱臭法の特徴

・排水などの二次公害発生の心配がない。
・触媒燃焼において、NO2発生の心配がない。
・触媒法の適用範囲を広げるためには、触媒毒の問題を解決しなければならない。
・悪臭物質の触媒燃焼温度は、200~330℃程度の低温で経済的である。
・悪臭物質の燃焼効率は99%以上、臭気濃度で100程度まで脱臭できる。

直接燃焼法

直接燃焼法の概要

・直接燃焼法は、一定以上の高温で臭気を燃焼して処理する方法である。
・臭気は瞬時に酸化分解して脱臭することができる。
・臭気成分の発火点以上に燃焼温度を保持し、滞留時間が保てる火炉の構造になっていること。
・臭気と火炎の混合機構と、臭気が一定の酸素と共存状態にあること。
・直接燃焼法の適用業種は、金属印刷、建材、合成皮革、紙印刷, 下水処理場、へい死獣処理場、カーボン製造、鋳造などである。

直接燃焼法の特徴

・悪臭を発生させるすべての業種に適用される。
・直接燃焼法は、燃焼温度900℃以下で高温酸化分解可能な有機質、無機質であれば高効率で脱臭できる。
・安定した脱臭効果が得られ, 経年劣化もなく、悪臭の負荷変動による脱臭効率の変化がない。
・低濃度や大風量の場合は、建設費や維持費が大きくなる。

蓄熱式燃焼法

蓄熱式燃焼法の概要

・2個以上の蓄熱室を持ち、臭気流路の交互切換えが切換弁によって構成される。
・自動車塗装の臭気のように、比較的低濃度で稼働時間の長い場合には、ランニングコストで大変メリットのある方法である。
・畜熱室の蓄熱材で受放熱を行うため、大きな熱交換が得られる
・蓄熱式燃焼法の適用業種は、紙印刷、金属印刷、自動車塗装、有機化学工場、フィルムコーティング、鉄とアルミ鋳物、プラスチック二次加工などである。

蓄熱式燃焼法の特徴

・トルエン換算で500ppm以上の濃度があれば自燃する。
・高い熱回収率が得られ、燃料消費量が大幅に節約できる。
・直接燃焼法の間題点を解決して省エネルギー化をはかった蓄熱型の廃熱回収用熱交換器を持っている。
・畜熱体の寿命は長く安定運転で、脱臭効率の経年劣化がない。
・構造が簡単で、圧力損失も比較的少なく、保守管理が容易である。
・据付工事は容易であるが、設置スペースは大きくて重い。


タイトルとURLをコピーしました