情報処理検定・情報処理活用能力


情報処理検定・情報処理活用能力の受験情報

受験資格:
制限なし

試験内容:
1級 ビジネス情報部門
  ①ハードウェア・ソフトウェアに関する知識、②通信ネットワークに関
    する知識、③セキュリティに関する知識、④ビジネス情報関連知識
  ⑤表計算ソフトウェアの活用、⑥データベースソフトウェアの活用
1級 プログラミング部門
  ①ハードウェア・ソフトウェアに関する知識、②通信ネットワークに関
   する知識、③セキュリティに関する知識、④プログラミング関連知識
  ⑤アルゴリズム、⑥プログラム言語
2級 ビジネス情報部門
  ①ハードウェア・ソフトウェアに関する知識、②通信ネットワークに関
   する知識、③情報モラルとセキュリティに関する知識、
  ④表計算ソフトウェアの活用、⑤データベースソフトウェアの活用
2級 プログラミング部門
  ①ハードウェア・ソフトウェアに関する知識、②通信ネットワークに関
   する知識、③情報モラルとセキュリティに関する知識、
  ④プログラミング関連知識、⑤アルゴリズム、⑥プログラム言語
3級
  ①ハードウェア・ソフトウェアに関する知識、②通信ネットワークに関
   する知識、③情報モラルとセキュリティに関する知識、
  ④表計算ソフトウェアに関する知識、
  ⑤データベースソフトウェアに関する知識

情報処理検定・情報処理活用能力の過去出題問題のサンプル

H23年度 (第46回)  第2級 筆記試験問題

【 1 】 次の説明文に最も適した答えを解答群から選び、記号で答えなさい。
  
1. 磁気ディスク装置において、磁気ヘッドを読み書きする位置に移動させる部品。
2. ディスプレイ装置やディジタルカメラなどで画像を表現する際に使用される光の三原色。
3. プログラムやデータを識別するためにっける名称。
4. 文字や音声、画像などのデータを、2種類の電気信号の0と1で表し、データの送受信を行う通信回線。
5. ソフトウェアの機能の追加や不具合を修正するために、最新の状態にすること。

 〔 解答群 〕
  ア. シリンダ      イ. バックアップ    ウ. ディジタル回線
  エ. アクセスァーム   オ. アナログ回線   カ. RGB   キ. CMYK
  ク. ワイルドカード  ケ. アップデート    コ. ファイル名

【 2 】 次のA群の語句に最も関係の深い説明文をB群から選び、記号で答えなさい。

 〔 A群 〕 1. 暗号化 2. グループウェア 3.CATVモデム
       4. CSV 5. タッチパネル

〔 B群 〕
ア. 企業などで、LANやインターネットを活用して情報共有やコミュニケーションを効率的に行うためのソフトウェア。
イ. 第三者に意味がわからないように、何らかの規則にもとづいて変換されたデータを、元のデータに戻すこと。
ウ. 学校や企業など特定の場所において、複数のコンピュータで同一のソフトウェアを使用するために、一括購入する際の契約方法。
エ. 光ファイバ加入者通信網において、コンピュータなどの端末機器をネットワークに接続するために、電気信号と光信号との変換機能を備えた装置。
オ. ケーブルテレビ放送の回線を使用し、コンピュータをインターネットに接続するための装置。
力. 専用のソフトウェアを利用することで、コンピュータの機種や使用環境に依存せずに閲覧できる電子文書のファイル形式。
キ. データを何らかの規則にもとづいて変換し、第三者に意味がわからないようにすること。
ク. ディスプレイ上に表示された絵や写真などを、指先などで直接触れることによって操作する入力装置。
ケ. 写真や絵、印刷物などを光学的に読み取り、ディジタルデータとして入力する装置。
コ. データをコンマで区切って並べたファイル形式。

【 3 】 次の説明文に最も適した答えをア、イ、ウの中から選び、記号で答えなさい。

1. 2進数の1101と1011の和を表す10進数。
ア. 20
イ. 22
ウ. 24

2. データの書き換えが可能で、電源を切っても記憶内容が消えない不揮発性の特性を持つ半導体メモリ。
ア. フラッシュメモリ
イ. RAM
ウ. ROM

3. データの内容を保ったまま、データ容量を小さく変換すること。
ア. 解凍
イ. 圧縮
ウ. 複写

4. 日本国内における工業製品などの標準規格。
ア. ANSI
イ. ISO
ウ. JIS

5. 知的財産権のうち、特許庁が所管する特許権、実用新案権、意匠権及び商標権の4つの総称。
ア. 産業財産権
イ. 肖像権
ウ. 著作権


◇ よく読まれている関連記事と広告


情報処理系
過去問と解答速報『資格試験_合格支援隊』
タイトルとURLをコピーしました