建設土木系

建設土木系

測量士・測量士補とは?試験の難易度・合格率・勉強法・過去問・解答速報をご紹介!

測量は、建設時に必要となる測量の土木測量・航空写真をもとにして作成する、 地図測量・個人や 法人の土地を測量する地籍測量の3つに分かれています。 測量士の仕事内容は、工事予定地の位置や高さ・面積・長さを測定して、さまざまな計算をおこなったあ...
建設土木系

地質調査技士とは?試験の難易度・合格率・勉強法・過去問・解答速報をご紹介!

地質調査技士とは、地質調査の現場業務に従事する主任技術者の資格です。資格は「現場調査部門」・「現場技術・管理部門」・「土壌・地下水汚染部門」の3部門に区分されており、試験内容も異なります。「土壌・地下水汚染部門」については2021年度より休...
建設土木系

舗装診断士とは?試験の難易度・合格率・勉強法・過去問・解答速報をご紹介!

舗装診断士資格とは、舗装の調査・維持・補修などの方法を選定して提言できる、舗装に関する専門力を有する技術者に与えられる資格です。舗装診断士試験を受験し、合格すると舗装診断士として活躍が期待されます。舗装診断士資格は、平成29年に日本道路建設...
建設土木系

下水道技術検定・下水道管理技術認定試験とは?難易度・合格率・勉強法・過去問・解答速報をご紹介!

下水道技術検定は、下水道の設計や工事の監督管理、維持管理を行う技術者の実務経験短縮を目的とした試験です。下水道管理技術認定試験は、下水道管路施設の維持管理業務において、適正な技術力を有しているかを認定する試験です。いずれも地方共同法人日本下...
建設土木系

電気通信工事施工管理技士とは?試験の難易度・合格率・勉強法・過去問・解答速報をご紹介!

電気通信工事施工管理技士とは 電気通信工事施工管理技士試験は、国土交通省が実施する国家試験で、1級電気通信工事施工管理技士の資格の取得によって、建設業の専任の技術者及び現場の監理技術者となります。なお、2級電気通信工事施工管理技士は、一般...
建設土木系

酸素欠乏危険作業主任者とは?試験の難易度・合格率・勉強法・過去問・解答速報をご紹介!

酸素欠乏危険作業主任者試験の受験情報 受験資格: 18才以上の者。(第2種特例は第1種取得対象者のみ受講できます) 試験内容: 学科試験 ①酸素欠乏症・救急蘇生知識、②酸素欠乏の原因・防止知識、 ③保護具の知識、④関係法令 ...
建設土木系

発破技士とは?試験の難易度・合格率・勉強法・過去問・解答速報をご紹介!

発破技士は、採石・土木工事現場で、山や岩盤を崩す発破作業をおこなう技術者です。 発破技士の仕事内容は、ダイナマイトなどの火薬を使って発破作業をおこないます。 危険を伴うので、会社によっては危険手当などがつく場合があります。 補助作業員と一緒...
建設土木系

採石業務管理者とは?試験の難易度・合格率・勉強法・過去問・解答速報をご紹介!

採石業務管理者は、建設業界や土木業界において需要が高い資格です。工事などに使う石材を山や採石場から切り出す採石業では、事務所1ヶ所につき1名の採石業務管理者を置くことが法律で義務付けられており、採石業を行うために必須の資格となっています。 ...
建設土木系

車両系建設機械運転技能者とは?試験の難易度・合格率・勉強法・過去問・解答速報をご紹介!

車両系建設機械とは、建設現場で整地・運搬・積み込み・掘削などを行う建設機械です。整地・運搬・積み込みを行う機械には、ブルドーザー、トラクターショベル、モーターグレーダーなどがあり、掘削用機械には、パワーショベル、バックホウ、ドラグライン、バ...
建設土木系

揚貨装置運転士とは?試験の難易度・合格率・勉強法・過去問・解答速報をご紹介!

揚貨装置とは 揚貨装置とは、船舶上に設置されたクレーン又はデリックのことです。揚貨装置は、重量で5トン以下と5トン以上の装置に分けられます。揚貨装置運転士は、5トン以上の揚貨装置の運転士で、揚貨装置運転士試験に合格すると運転士としての免許...
建設土木系

玉掛技能者とは?試験の難易度・合格率・勉強法・過去問・解答速報をご紹介!

玉掛技能者の資格は、建設現場では必須の資格です。ワイヤーロープである玉掛け用具を用いて、クレーンなどの吊り具に重量物を掛けるときに資格が必要になります。重量物を引き上げ移動することは日常的に起きる建設現場では、必須の資格と言えるでしょう。 ...
タイトルとURLをコピーしました