発破技士試験 01


発破技士は、採石・土木工事現場で、山や岩盤を崩す発破作業をおこなう技術者です。 発破技士の仕事内容は、ダイナマイトなどの火薬を使って発破作業をおこないます。 危険を伴うので、会社によっては危険手当などがつく場合があります。 補助作業員と一緒に作業をすることがあるので、安全の確保をする必要があり、責任もあります。 火薬類取扱保安責任者も同様の業務をすることができます。

発破技士試験の概要

 火薬類を用いる発破の作業には、せん孔、装てん、結線、点火及び後処理等の業務がありますが、これらについては大きな危険が伴うため、国の定めた資格者があたることとされています。
 発破技士は、これらを含めた発破業務に直接携わる技術者として土木工事、採石現場などで活躍しています。

 発破技士とは、土木工事現場や採石現場で爆発物を取り扱い、山などを切り崩すなど、発破業務全般を行う爆発物の専門家です。

 発破技士試験では、発破の方法、火薬類の知識、火薬類の取り扱いについて出題されます。

発破技士試験の受験情報

試験の内容

受験資格 なし
※ただし免許交付要件に学歴や保有資格ごとの実務経験年数が必要となる
試験科目 ・発破の方法 10問(50点)
・火薬の知識 5問(30点)
・火薬類の取扱い 5問(20点)
出題形式 五肢択一式
試験時間 2時間 ※科目免除者は1時間(
合格基準 科目ごとの得点が40%以上で、かつ総得点が60%以上で合格

免許交付要件

発破技士試験に合格した方は、以下の要件を満たすことで免許の交付を受けることができます。

「労働安全衛生規則 別表第四」より

イ.学校教育法による大学、高等専門学校、高等学校又は中等教育学校において、応用化学、採鉱学又は土木工学に関する学科を専攻して卒業した者であつて、その後3月以上発破の業務について実地修習を経たもの
ロ.発破の補助作業の業務に6月以上従事した経験を有する者
ハ.都道府県労働局長の登録を受けた者が行う発破実技講習を修了した者

試験科目の免除

「導火線発破技士」又は「電気発破技士」の免許を有する者は試験科目の「火薬類の知識」、「火薬類の取扱い」の科目の免除を受けることができます。

発破技士試験 試験で問われるもの

「発破の方法」、「火薬の知識」、「火薬類の取扱い」の3分野から試験は出題されます。発破技士の試験の出題範囲・内容は、他の資格試験と比較すると狭い(少ない)ため、テキストや問題集を利用して内容は網羅してしまい、分からないところは必ず潰していく勉強方法で行いましょう。試験は五肢択一式で出題がされ、全ての科目で40%以上は最低でも得点をしなくてはなりません。時間は出題20問に対して2時間と十分にあるので、焦らずに時間をかけて正答を導きだしましょう。

参考書・問題集のランキング/発破技士試験

発破技士はダイナマイトを使用した危険な発破業務を行うため国家資格となっている

発破技士は、厚生労働省認定の国家資格になり、厚生労働省大臣指定の試験機関で免許試験に合格して、 発破技士免許を取得する必要があり、資格を持っていないと、発破業務を行うことができません。 免許取得には、大学で一定の学科を卒業したあと、3ヶ月以上の業務経験者、発破業務の補助業務の6ヶ月以上業務経験者、 保安協会の実技講習修了者のいずれかが受験資格者となっています。 学科試験と実技試験が有り、年2回全国各地の安全衛生技術センターで開催されています。

発破技士とは、労働安全衛生法に規定された厚生労働省認定の国家資格であり、都道府県労働局長から免許を交付されたものをいいます。 土木工事現場や砕石現場では、山や岩盤を切り崩すため、ダイナマイトを利用した危険な発破業務を行うことから、 専門家である発破技士資格の取得者が必要となります。


タイトルとURLをコピーしました