幼稚園教員試験


幼稚園教員試験の受験情報

受験資格:
35歳未満で以下のいずれかの条件の者。
1種免許状
  1. 4年制大学で所定教科6単位以上、教職35単位以上の専門科目を
    修得して卒業者。
  2. 2種免許取得後、教員経験5年以上で認定講習45単位修得し教員
    試験に合格した者
2種免許状
  1. 短大で所定教科4単位以上、教職27単位以上修得した者。
  2. 臨時免許取得後、教員経験6年以上で認定講習45単位修得し
    教員試験合格者
専修免許状
  1. 年制大学で1種免許状有資格者の者。もしくは、大学院修士課程
    で所定教科34単位以上の専門科目を修得した者。
  2. 1種免許取得後、教員経験3年以上で認定講習15単位修得し
    教員試験合格者

試験内容:
一次試験
  1. 一般教養 … 人文、社会、自然、英語
  2. 教職に関する科目(Ⅰ) … 教職概論、教育社会学、教育行財政、
    幼児教育学など
  3. 教職に関する科目(Ⅱ) … 教育課程論、教育内容論、学習指導
    論など
二次試験
  1. 筆記試験(論述式) … 教職に関する科目(Ⅲ)、教職に関する科目(Ⅰ)(Ⅱ)
  2. 指導案の作成に関する試験 … 指導案(週案、日案)の作成

幼稚園教員試験の出題問題のサンプル

平成23年度 第1次試験 抜粋

一般教養科目

【 No. 7 】   正解 : ウ

日本国憲法について記述した文章として誤っているものを、下のアからエの中から 一つ選んで記号で答えなさい。
ア. 憲法は表現の自由を保障していると共に、表現の自由を確実にするため検閲を禁止しているが、税関検査は検閲に当たらないというのが最高裁判所の見解である。
イ. 憲法は、国政は原則として間接民主制によるとしている。しかしながら、憲法改正時の国民投票など、例外的に直接民主制も採用している。
ウ. 憲法は思想及び良心の自由を保障している。名誉毀損に係る損害賠償請求訴訟において裁判所が民法で定める「名誉を回復するのに適当な処分」として謝罪広告の掲載を命ずるのは、憲法に達反するというのが最高裁判所の見解である。
エ. 選挙における一票の価値の平等は、法の下の平等と参政権を定めた憲法によって保障されなければならない。

【 No. 15 】   正解 : イ

下のアからエの各文の中から、正しいものを一つ選んで記号で答えなさい。
ア. 超音波は人間の耳に聞こえる。
イ. 青空や夕焼けのような空の色は太陽光の散乱と関係がある。
ウ. 赤外線や紫外線は人間の目に見える。
エ. 水中では音は伝わらない。

教職に関する科目(Ⅰ)

【 No. 4 】   正解 : ア

次の文のうち、現在の我が国の「小学校児童指導要録」における評価方法に関する記述として正しいものはどれか。下のアからエの中から一つ選んで記号で答えなさい。
ア. 各教科の学習の記録は絶対評価を基本とし、各教科の評定についても絶対評価を基本とする。
イ. 各教科の学習の記録は相対評価を基本とし、各教科の評定については絶対評価を基本とする。
ウ. 各教科の学習の記録は絶対評価を基本とし、各教科の評定については相対評価を基本とする。
工. 各教科の学習の記録は相対評価を基本とし、各教科の評定についても個人内評価を基本とする。

【 No. 7 】   正解 : イ

小学校における情報教育に関して、各教科等の指導に当たって配慮すべき事項として、『小学校学習指導要領』(平成20年文部科学省告示第27号)「第1章 総則 第4の2の(9)」に含まれないものを、下のアからエの中から一つ選んで記号で答えなさい。
ア. コンピュータで文字を入力するなどの基本的な操作を身に付けること。
イ. 問題解決にデータベースを活用できるようにすること。
ウ. コンピュータや情報通信ネットワークなどの情報手段に慣れ親しむこと。
エ. 情報モラルを身に付けること。

参考書・問題集のランキング/幼稚園教員試験

幼稚園教員試験の過去問

幼稚園教員試験 令和2年度


教科及び教職に関する科目(Ⅰ)

問題1 次の文章は、ある人物について述べたものである。その人物名として最も適切なものを、下の中から一つ選んで答えなさい。
日本の新教育運動といわれる大正自由主義教育運動のリーダーであり、生活を基盤とした単元 学習を幼児教育に導入した。また、戸外での遊びを通して自然に触れたり、社会と関わったりす ることにより、体験や生活を大切にした保育を提案した。明石女子師範学校の附属幼稚園の主事 を務め、『分団式動的教育法』を著した。
1. 小原國芳
2. 倉橋惣三
3. 及川平治 〔〇 正しい〕
4. 徳永想

問題2 人物とその業績の説明として適切でないものを、次の中から一つ選んで答えなさい。
1. ロック(Locke,J.)は、人間の精神は本来、白紙(タブラ・ラサ)のようなものと提唱した。
2. ブルーナー (Bruner,J.S.)は、『教育の過程』を著し、心理学と教授理論の関連性を明らかにし、発見学習を提唱した。
3. モンテッソーリ (Montessori,M.)は、知的障害児への教育をもとに感覚訓練教具を中心とした体系的メソッドを発展させた。
4. デューイ(Dewey,J.)は、「自由」と「協同」を根本原理とする「ドルトン・プラン」を考案し、子供の個別学習を推進した。  〔× 誤り〕

問題3 次の文章は、ある国で実施している保育カリキュラムについての説明である。このカリキュラムを実践している国名として最も適切なものを、下の中から一つ選んで答えなさい。
保育は、1996年に策定された「テ・ファリキ」に沿って行われている。このカリキュラム は、子供が有能で自信がもてる学習者、コミュニケーターとして育ち、心身、精神ともに健康で 所属感による安心感をもち、社会に価値ある貢献をしていると認識できることを目指している。マーガレット・カー (Carr,M.)らが開発した「学びの物語(Learning story)」はその評価の一方法として広く浸透している。
1. イタリア
2. スウェーデン
3. ニュージーランド 〔〇 正しい〕
4. ノルウェー

問題4 ドイツに世界初の幼稚園(Kindergarten)を創設した教育実践家であるフレーベル(Fröbel,F.W.A.)が著した書物の題名として最も適切なものを、中から一つ選んで答えなさい。
1. 『人間の教育』 〔〇 正しい〕
2. 『エミール』
3. 『リーンハルトとゲルトルート』
4. 『新社会観』

問題5 次の文章は、国際的に締結されたある事柄についての説明である。最も適切なものを、下の中から一つ選んで答えなさい。
1989年に国連総会で採択され、日本でも1994年に批准された。その内容は、子供の最善の利益の保護、救済が必要な場合は適切な援助や措置を行うことを大人及び国家の責務とするものである。
1. 児童憲章
2. 児童の権利に関する条約 〔〇 正しい〕
3. 持続可能な開発のための教育の10年(DESD)
4. すべての人々のための生涯学習

問題6 次の文章は、ある発達障害の特性と必要な指導上の配慮事項を述べたものである。どの発達障害について述べられたものか、最も適切なものを、下の中から一つ選んで答えなさい。
身の回りの特定のものに意識を集中させる脳の働きに様々な問題があり、又は、衝動的で落ち着きのない行動により、生活上、様々な困難に直面している状態である。指導に当たっては、好きなものと関連付けるなど興味・関心がもてるように学習活動の導入を工夫し、危険防止策を講じた上で本人が直接参加できる体験学習を通した指導を行う。
1. 情緒障害
2. 自閉症
3. 学習障害 〔〇 正しい〕
4. 注意欠陥多動性障害

問題7 乳幼児期の発達に関する説明として適切でないものを、次の中から一つ選んで答えなさい。
1. ある機能を獲得する上で、特に刺激に活発に反応する時期があり、その時期を敏感期と呼ぶ。
2. 乳児が発する「バブバブ」「ブブブ」など意味のない反復した音のことを、シェマと呼ぶ。 〔× 誤り〕
3. 乳児期にみられ、その後数か月でなくなる反射のことを、原始反射と呼ぶ。
4. 2、3歳頃になると、何でも自分でやろうとして大人の指示を拒否する時期があるが、これは自己意識が芽生えつつあるサインである。

問題8 次の文章は、ある人物について述べたものである。その人物名として最も適切なものを、下の中から一つ選んで答えなさい。
アカゲザルの子供に対して、哺乳瓶をつけた針金の代理母親と、布製の代理母親を用意し、子ザルがどのような行動をとるかを観察する実験を行った。観察する中で、子ザルが恐怖を感じた場面で布製の代理母親にしがみつく行動をとったことから、アタッチメントが形成されるには、生理的欲求が満たされるだけでなく、快適な身体接触が重要だと考えた。
1. ハーロー(Harlow,H.F.) 〔〇 正しい〕
2. マズロー(Maslow,A.H.)
3. ロジャーズ(Rogers,C.R.)
4. ピアジェ(Piaget,J.)

問題9 障害のある子供に対する教育における支援について述べられたものとして適切でないものを、次の中から一つ選んで答えなさい。
1. 合理的配慮とは、障害のある子供が他の子供と平等に「教育を受ける権利」を享有・行使することを確保するために、必要かつ適当な変更・調整を行うこと。
2. 就学基準(学校教育法施行令(昭和28年政令第340号)第22条の3)に該当する障害のある子供は、原則、特別支援学校に就学する。 〔× 誤り〕
3. それぞれの学校における基礎的環境整備の状況を基に、各学校において、障害のある子供に対し、その状況に応じて、合理的配慮を提供する。
4. 障害のある子供のための個別の教育支援計画は、学校が中心となって作成する。

問題10 次の各文は、近年の厚生労働省の調査における日本の子供の状況について述べたものである。最も適切なものを、次の中から一つ選んで答えなさい。
1. 1、2歳児の保育所等利用率は増加傾向にあり、8割を超えている。
2. 児童相談所における虐待相談のうち、最も多いのはネグレクトである。
3. 3人に1人の子供(17歳以下)が、相対的貧困の状態にある。
4. 配偶者が出産した男性のうち、育児休業を取得した割合は1割未満である。 〔〇 正しい〕

教科及び教職に関する科目(Ⅱ)

問題11 『幼稚園教育要領解説』 (平成30年3月文部科学省)「第1章 総説 第4節 指導計画の作成と 幼児理解に基づいた評価 3 指導計画の作成上の留意事項 (7)教師の役割」に示された内容として適切でないものを、次の中から一つ選んで答えなさい。
1. 幼児が行っている活動の理解者としての役割
2. 幼児との共同作業者であり、幼児と共鳴する者としての役割 
3. 幼児を一定の基準に従って評価する役割〔× 誤り〕
4. 遊びの援助者としての役割

問題12 「幼稚園教育要領」(平成29年文部科学省告示第 62号) 「第2章 ねらい及び内容 環境 2 内容」として示されていないものを、次の中から一つ選んで答えなさい。
1. 身近な物を大切にする
2. 季節により自然や人間の生活に変化のあることに気付く
3. 日常生活の中で数量や図形などに関心をもつ
4. いろいろな素材に親しみ、工夫して遊ぶ 〔× 誤り〕

問題13 次の文は、「幼稚園教育要領」 (平成29年文部科学省告示第 62号) 「第2章 ねらい及び内容人間関係 3 内容の取扱い」の一文である。文中の ❶ ~ ❸ に当てはまる語句の組合せとして正しいものを、下の中から一つ選んで答えなさい。
問 6
集団の生活を通して、幼児が人との関わりを深め、❶ の芽生えが培われることを考慮し、幼児が教師との信頼関係に支えられて ❷ 中で、互いに思いを主張し、折り合いを付ける体験をし、きまりの必要性などに気付き、❸ を調整する力が育つようにすること。
  ❶        ❷         ❸
1. 自我     友達と関わる    自分の気持ち
2. 自我     自己を発揮する   仲間関係
3. 規範意識   自己を発揮する   自分の気持ち 〔〇 正しい〕
4. 規範意識   友達と関わる    仲間関係

問題14 『幼児理解に基づいた評価』(平成31年3月文部科学省)「第1章 幼児理解に基づいた評価の意義 1.幼児理解と評価の考え方」に示された内容として適切なものを、次の中から一つ選んで答えなさい。
1. 幼児を理解するとは一人一人の幼児と直接触れ合いながら、幼児の言動や表情から、思いや考えなどを理解しかつ受け止め、その幼児の問題を見つけることを指している。
2. 信頼性のある評価にするためには、幼児と幼児を比較して、誰が誰より劣っているか優れているかを評定する必要がある。
3. 幼児の発達の理解を深めるためには、教師が幼稚園生活の全体を通して幼児の発達の実情を的確に把握することや、一人一人の幼児の個性や発達の課題を捉えることが大切である。 〔〇 正しい〕
4. 幼稚園生活の中で幼児の行動や心の動きが生み出される背景には、月齢が大きな意味をもっている。

問題15 『幼児理解に基づいた評価』(平成31年3月文部科学省)「第2章 幼児理解に基づいた評価の基本的な考え方 1. 保育における幼児理解と評価」の中で、幼児理解に基づいた評価の妥当性や信頼性を高める工夫として挙げられている内容として適切でないものを、次の中から一つ選んで答えなさい。
1. 園全体で組織的、計画的に取り組む
2. 保護者には幼児が育つ姿を伝えず、教師間で共有する 〔× 誤り〕
3. 幼児の発達の状況を次の指導者又は小学校等に伝える
4. 教師自身の幼児との関わりを振り返る

問題16 『幼稚園教育指導資料 第1集 指導計画の作成と保育の展開』(平成25年7月改訂文部科学省)「第1章 指導計画作成に当たっての基本的な考え方 2.指導計画の意義 (1)指導計画の基本 ①幼児期の発達と指導計画」に示された内容として適切でないものを、次の中から一つ選んで答えなさい。
1. 幼稚園生活は、教師や同年代の幼児と営む初めての集団生活であり、その新しい出会いを通して、幼児期の発達に必要な体験を重ねていくことができる。
2. 幼児期の発達は、大人から一方的に指示されて行動することにより促され、必要な体験が得られる。 〔× 誤り〕
3. 幼児期の発達の理解は、日々の保育の中で、幼児の生活する姿を全体的、総合的に捉えることが大切である。
4. 指導計画の作成においては、幼児の主体性と指導の計画性をバランスよく絡ませていくことが最大の課題である。

問題17 次の文は、「幼児理解に基づいた評価』(平成31年3月文部科学省) 「第1章 幼児理解に基づいた評価の意義 1. 幼児理解と評価の考え方 (1)幼稚園教育の充実のための基本的な視点」に示されている記述である。文中の ❶ から ❸ に当てはまる語句の組合せとして正しいものを、下の中から一つ選んで答えなさい。
幼稚園教育においては、❶ に規定された目的や目標が達成されるよう、幼児期の発達の特性を踏まえ、幼児の生活の実情に即した教育内容を明らかにして、それらが ❷ を通して幼児の中に育てられるように ❸ をもった適切な教育を行うことが大切です。
    ❶      ❷     ❸
1. 教育基本法   教育   柔軟性
2. 学校教育法   生活   計画性 〔〇 正しい〕
3. 学校教育法   教育   柔軟性
4. 教育基本法   生活   計画性

問題18 楽曲の速度を示す音楽用語とその意味の組合せとして正しいものを、次の中から一つ選んで答えなさい。
   音楽用語          意味
1. ラルゴ(Largo)       幅広く緩やかに 〔〇 正しい〕
2. アンダンテ(Andante)    活発に早く生き生きと
3. モデラート(Moderato)   歩くような速さで
4. エビバーチェ(Vivace)    中くらいの速さで

問題19 次の文章は、ある人物について述べたものである。その人物名として最も適切なものを、下の中から一つ選んで答えなさい。
大正から昭和初期にかけて活躍した画家である。留学中、モスクワで児童創造美術展を鑑賞し、そのいきいきとした子供の絵に感銘を受け、帰国後、長野県で児童自由画展覧会を開催した。手本を模写させる臨本主義であった日本の美術教育から脱却し、子供ののびのびとした自由な表現を重視し、自由画教育運動を推進した。主著に『自由画教育』がある。
1. 伊沢修二
2. 巌谷小波
3. 鈴木三重吉
4. 山本鼎 〔〇 正しい〕

問題20 幼児教育と小学校教育との円滑な接続を図るために、各小学校において幼児期の教育における遊びや生活を通した学びと育ちを基礎として、主体的に自己を発揮しながら学びに向かうことが可能となるようにするための取り組みについて、最も適切なものを、次の中から一つ選んで答えなさい。
1. GIGAスクール構想
2. 持続可能な開発目標
3. スタートカリキュラム  〔〇 正しい〕
4. スターティング・ストロング


タイトルとURLをコピーしました