保育士とは?試験の難易度・合格率・勉強法・過去問・解答速報をご紹介!

保育士は、単に子供の世話をしているだけではなく、子供の年齢や発達の状況に応じて、 遊びだけでなく行事や生活体験を通じて、子供たちの心身の成長を助けることが仕事になります。 保護者からの子育てに関する相談に応じることも必要です。地域での子育てへの支援も、 保育士に期待される、大切な業務の一つとなっています。

保育士とは

保育士とは、0歳児から小学校に就学する前までの乳・幼児の健やかな育成を助ける厚生労働省管轄の国家資格で、子供と関わる仕事をしたい人に根強い人気を誇ります。平成11年4月の児童福祉法改正により「保育士」という名称に統一されました。保育施設の充実が図られているため、今後さらに保育士の活躍の場が拡がると考えられています。

保育士試験の概要

保育所、乳児院、母子生活支援施設、知的障害児施設などで働き、保育士の仕事は、子どもの年齢に応じた生活全般にわたる指導や病気、事故、緊急時の対応、衛生的な食事の準備、保護者に対しての保育指導など多岐にわたります。

保育士試験の内容は、8科目すべて合格した者が有資格者となります。3年間の間、合格した科目は免除の対象となります。また「指定保育士養成施設」において筆記試験に対応する科目を修得した場合、筆記試験科目が免除されます。

筆記試験は、社会福祉、児童福祉、発達心理学・精神保健、小児保健、小児栄養、保育原理、養護原理・教育原理、保育実習理論が出題されます。

実技試験は、音楽がピアノとオルガン、絵画制作、言語について出題されます。

幼稚園教諭免許状所有者以外は、受験申請時に必ず2分野を選択します。

保育士試験は、中学卒業・高卒でも受験可能

保育士は、児童福祉法に基づく国家資格を取得して、児童保育の業務に従事します。 最もイメージされやすい職場は保育園ですが、保育園以外でも、児童福祉施設や乳児院、障害児施設などの施設で、 保育や地域の児童福祉に関する指導などの業務を行っています。 保育士になるには、大きく分けて二通りの道があります。 四年制大学や短大、専門学校などの保育士養成過程を卒業するか、保育士試験を受験し、合格する方法です。

保育士試験には、実技試験と筆記試験があります。受験資格としては、大学や短大、専門学校の卒業生又は、卒業見込みの人です。 中学卒業や高卒の人でも、場合によっては受験が可能になります。 高校卒業後に乳児院へ就職し、働きながら講習会や実技に参加し、保育士試験を受験する人もいます。

保育士試験の内容は、8科目すべて合格した者が有資格者となります。
3年間の間、合格した科目は免除の対象となります。
また「指定保育士養成施設」において筆記試験に対応する科目を修得した場合、筆記試験科目が免除されます。
公立保育士 採用試験の合格知識 問題集 知識編
公立保育士 採用試験の合格知識 問題集 専門編

-------------------
オフに行きたい「岬めぐりと灯台旅」あの場所を探してみませんか
今年の新しいトレンドとして「岬めぐりと灯台旅」が注目されています。
あなたも灯台旅のガイド本を参考にして、オフに行きたいあの場所を探してみてはいかがですか。
おすすめガイド本: 灯台旅 ー悠久と郷愁のロマンー、藤井和雄著、2023年11月発行、¥2,860
日本最北端流氷のオホーツク宗谷岬灯台から日本最南端サンゴ礁の石垣島御神埼灯台まで、
7年をかけて著者自ら現地を巡り撮影した、全国100カ所の灯台ストーリーは圧巻です。
掲載されている全国灯台100カ所の一覧は、こちらへ


灯台旅 ー悠久と郷愁のロマンー 【Amazon】
灯台旅 ー悠久と郷愁のロマンー 【Rakuten 楽天】
半島や岬の突端から大海原遥か彼方にまで光を届ける灯台の姿は、四方を海に囲まれた日本列島ならではのたぐいまれな魅力ある光景だと思います。灯台を訪ね歩いた巡礼の旅は、灯台の灯りを一身に受けた明るい未来に向き合う旅といえるでしょう。
-------------------


公務員系
過去問と解答速報『資格試験_合格支援隊』
タイトルとURLをコピーしました