教員採用試験


教員は、勉強を教えるだけではなく、集団生活での生徒指導を通じて、社会適応性を養っていく手助けもしていきます。 中学校、高校では、進路指導も大切な業務の一つです。 就職する生徒に対しては、面接の指導をしたり、企業に訪問して求人を依頼し、就職の機会を増やす努力をします。 進学する生徒には、学力に応じた大学、短大、専門学校を紹介します。

教員採用試験で得られる教員免許は中学高校と小学校は別の免許が必要

教員の主な仕事は、児童、生徒に授業を通して、各教科についての知識、思考力等を授けることです。 小学校教員は、一人でほとんどすべての教科を教えます。 中学校や高校の教員は、それぞれが専門にする教科を1つを教えることになります。 教員免許は、中学校と高校は一緒ですが、小学校は別の免許が必要になります。

教員は、学校が長期休みになっている間、生徒と一緒に休めるのかというと、そうではありません。 子供たちの進路のための内申書を作ったり、問題があった生徒の補習をしたりと、意外に見えないところで仕事がたくさんあります。 授業を行うことは勿論のこと、生徒の進路相談や家庭訪問など、準備をしなければならないことが山積しています。 学校行事の準備などの打ち合わせや、会議に出席することも仕事の一つなので、夏休みの一か月間、何もしないで 休めるというわけではありません。

◇ よく読まれている関連記事と広告


公務員系
過去問と解答速報『資格試験_合格支援隊』
タイトルとURLをコピーしました