個人情報保護オフィサー検定 01


個人情報保護オフィサー検定は、一般社団法人金融財政事情研究会が取り扱っている民間の資格となります。個人情報保護法を遵守していく中で、知識や判断力そして実務を行う上での理解度を判定するものとなっています。個人情報などを取り扱う業務において、高い倫理観を証明する上で、重要な資格とも言えるもので、目に見える形で倫理観の高さを実証することができる資格として注目されています。資格を取得した後には、金融関連企業や生命保険企業等で活躍することが期待できます。マイナンバーの導入が促進されている中、需要度が高まっている資格とも言われており、企業の資質や信頼度に関連する大切な業務を担う役目として期待されています。

個人情報保護オフィサー検定の受験情報

試験コース 銀行コース 生命保険コース
試験の範囲 ①個人情報保護制度の概要
②取扱いの基本ルール
③社内管理体制、漏えい対応等
⑤銀行業務と個人情報保護
①生命保険業務共通
②募集・契約締結
③契約の保全、保険金の支払
④その他の業務
⑤会社・支社等の経営
受験資格 制限なし
試験時間 100分
出題形式 四答択一式50問(テストセンターでのパソコン操作で受験)
合格基準 100点満点で70点以上

銀行コース(選択問題:100分)
 ①個人情報保護制度の概要
 (立法目的、個人情報保護法令、各種ガイドライン、
  要配慮個人情報・機微(センシティブ)情報等の定義、等)
 ②取扱いの基本ルール
 (個人情報・個人データの取得・利用・第三者提供、共同利用、保管・削除、外部委託、
  開示請求対応、等)
 ③社内管理体制、漏えい対応等
 (安全管理措置、漏えい・苦情対応、従業者管理、等)
 ④銀行業務と個人情報保護
 (預金・為替業務と個人情報保護、融資業務と個人情報保護、その他業務と個人情報保護、等)

生命保険コース(選択問題:100分)
 ①生命保険業務共通
 (コンプライアンス態勢の整備等)
 ②募集・契約締結
 (募集に関する行為規制、契約の審査等)
 ③契約の保全、保険金の支払
 (保険契約の変更・解約等)
 ④その他の業務
 (証券類の販売、損害保険業務、資産運用等)
 ⑤会社・支社等の経営
 (コーポレート・ガバナンス、職場環境の確保等)

個人情報保護オフィサー検定 試験で問われるもの

独学で学習を進める場合、過去問題などによる試験予想対策がおすすめです。問題集や参考書を活用して、過去問の解説や模範解答、解答例を身につける勉強方法が、資格取得へのオーソドックスな勉強法だと言えます。解答速報などは特段提供されておらず、合格率についても非公表のため、正確な情報はつかめないものの、100点満点で70点以上で合格となっているので、難易度は優しいレベルだと言われています。そのため、独学であったとしても、過去問を活用した勉強方法を行うことで、合格することが可能です。個人情報の取り扱いにおける評価は曖昧です。こうした資格を取得することで、キャリアアップにもつながるので、ぜひ挑戦してみましょう。

参考書・問題集のランキング/個人情報保護オフィサー検定

キャリアアップにもつながる個人情報保護オフィサー検定は独学でも合格可能

個人情報保護オフィサー検定は、「銀行コース」、「生命保険コース」の2コースからとなっいます。試験項目としては、両コース共通で、法令・ガイドライン等に即した基本知識を問う基礎編が出題されます。加えて、各コースに準じた金融業態別の実務に即した具体的な事例から対応力を検証する応用編が出題されます。試験日は通年実施となっており、受験資格は特にありません。定められた会場からインターネットによる試験となっています。合格発表は、試験終了後にその場で合否に係るスコアレポートが手交されます。合格者については、試験日の翌日以降であれば、「個人情報保護オフィサー」の認定証をPDF形式で出力することが可能となります。

試験範囲は「個人情報保護制度の概要(立法目的、個人情報保護法令、各種ガイドライン」、「要配慮個人情報・機微(センシティブ)情報等の定義、等)」、「取扱いの基本ルール(個人情報・個人データの取得・利用・第三者提供、共同利用、保管・削除、外部委託、開示請求対応、等)」、「社内管理体制」、「漏えい対応等(安全管理措置、漏えい・苦情対応、従業者管理、等)」、「生命保険業務と個人情報保護(要配慮個人情報と機微情報の取扱い、募集・引受・保険金支払業務と個人情報の取扱い、代理店業務と個人情報保護、等)」となっています。実務レベルでこれらの業務に関わっている人であれば、理解しやすい内容だと言えるでしょう。


タイトルとURLをコピーしました