法学検定とは?難易度・合格率・勉強法・過去問・解答速報をご紹介!


 

法学検定とは

法学検定は、法学の学力を客観的に評価するために「公益財団法人日弁連法務研究財団」と「商事法務研究会」が共同で主催している検定です。試験は年に一度開催され、ベーシックコース、スタンダードコース、アドバンストコースの3つに分かれています。基礎コース、中級コース、上級コースということもあります。2020年の受検者数は1,229人で、合格者数は805人でした。合格率は65.5%となります。過去を見てみても、およそ60%前後が法学検定の合格率のようです。受検するために特別な条件はありません。年齢・学歴など関係なく誰でも受検することができます。初級のベーシックコースを飛ばし、中級のスタンダードコースから受検することも可能です。

コース・受験資格・試験内容

アドバンスト(上級)コース スタンダード(中級)コース ベーシック(基礎)コース
程度 法学を学ぶ者が目指すべき上級レベル
(法曹を目指しているなど学習が進んでいる法学部3年生~法学部修了程度)
法学を専門的に学習する者が修得すべきレベル
(標準的な法学部3年生程度)
法学の初学者が知っておくべき基礎的なレベル
(法学部2年生程度)
受験資格 なし
試験内容 ・法学基礎論(5問)
・憲法(10問)
・民法(10問)
・刑法(10問)
・下記、選択Aより1科目選択(10問)
・下記、選択A、Bより1科目を選択(10問)
選択A:民事訴訟法、刑事訴訟法、
商法、行政法

選択B:労働法・倒産法・経済法・知的財産法
・法学一般(10問)
・憲法(15問)
・民法(20問)
・刑法(15問)
・以下より1科目を選択(15問)
民事訴訟法、刑事訴訟法、商法、行政法、基本法総合
・法学入門(10問)
・憲法(15問)
・民法(20問)
・刑法(15問)
出題形式 多肢択一式
試験時間 150分 150分 120分

ベーシック(基礎)コース

法学検定試験のベーシック(基礎)コースは4科目60問を120分で回答します。内訳は法学入門から10問、民法から20問、その他から各15問ずつとなり、「法学入門」「憲法」「民法」「刑法」となっています。マークシート方式での回答です。

スタンダード(中級)コース

スタンダード(中級)コースの試験は5科目75問を150分で回答します。法学一般から10問、民法から20問、その他から各15問ずつです。このコースでは、「民事訴訟法」「刑事訴訟法」「商法」「行政法」「憲法」「民法」「刑法」から1科目を選択して回答します。アドバンスト(上級)コースの試験では、6科目55問を150分で回答します。法学基礎論10問中5問を選択し、その他各10問ずつとなります。

合格基準・合格率・難易度

法学検定の合格基準は年度によって異なります。2020年でのベーシック(基礎)コースの合格基準は60点中32点以上、スタンダード(中級)コースは75点中41点以上でした。上級試験は中止でした。2019年のベーシック(基礎)コースの合格基準は60点中33点以上、スタンダード(中級)コースは75点中43点以上、アドバンスト(上級)コースは55点中35点以上でした。どのコースの試験にしても、受験科目で0点の科目があると点数が合格基準を超えていても不合格となります。山勘などであてずっぽうに勉強せず、まんべんなく点が取れるようにしておく必要があります。とはいえ、民間資格の中では難易度はそこまで高くありません。1カ月ほど集中的に勉強すれば十分合格ラインに届きます。

勉強法

法学検定を受検するには、ベーシックコースで法学部2年生程度、スタンダードコースでは標準的な法学部3年生程度、アドバンストコースでは法曹を目指しているなど学習が進んでいる法学部3年生~法学部修了程度、の実力が必要とされています。試験では公式問題集からの出題が6割はあります。丸暗記するだけでも合格できる試験ですが、ボリュームが多いので全てを丸暗記で臨むのは少し非現実的といえます。また丸暗記をしても実践で使える知識には及びません。将来を見越して法学検定を受検するのなら、ある程度は理解をしながら試験対策をした方が結果として効率良く試験勉強ができるでしょう。とはいえ時間は有限です。隙間時間をうまく活用して、効率的な試験勉強を行いましょう。

タイトルとURLをコピーしました