漢字検定/日本漢字能力検定


漢字検定は、小学生から高齢者まで、幅広く受験されている試験です。 試験は当然手書きですが、パソコンで文章を入力する機会が増えた今こそ、漢字の知識が必要とされています。 間違った読み方を入力しても、正しい文字が変換されて出てきてしまうことがあったり、 正しくない送りがなが出てくることが普通にあります。 漢字検定の資格を取得すると、そのレベルによって、高校では単位認定、大学入試では優遇されることがあります。

漢字検定/日本漢字能力検定の概要

漢字検定の試験内容は、次の通りです。

1級は、社会人レベルで約6000字の漢字の音・訓を理解し文章の中で適切に使えるようにする。

準1級は高校3年生レベルで常用漢字を中心とし約3000字の漢字の音・訓を理解し文章の中で適切に使えるようにする。

2級は、高校2年生レベルですべての常用漢字1945字、高校までの音・訓を理解し文章の中で適切に使えるようにする。人名用漢字も読めるようにする。準2級は高校1年生レベルで小学校・中学校で学習する常用漢字1945字の大体を理解し文章の中で適切に使えるようにする。

3級は、中学3年生レベルで常用漢字1600字程度を理解し文章の中で適切に使えるようにする。

4級は、中学2年生レベルで常用漢字1300字程度を理解し文章の中で適切に使えるようにする。

5級は、中学1年生レベルで1006字の学習漢字のすべてを理解し文章の中で漢字が果たしている役割を知り文章の中で適切に使えるようにする。

6級は、小学6年レベルで825字の学習漢字を理解し文章の中で漢字が果たしている役割を知り正しく使えるようにする。

7級は、小学5年レベルで640字の学習漢字を理解し文章の中で正しく使えるようにする。

8級は、小学4年レベルで440字の学習漢字を理解し文や文章の中で使えるようにする。

漢字検定/日本漢字能力検定の傾向と対策

漢字書きは、出題範囲が広く対策が取りにくい分野ですが一方で配点が最も高い分野です。どの級も漢字の書き取りは正答率が低く合否の分かれ目になりやすい。満点を狙う必要はないで対象の漢字を中心に地道に覚えていくこと。

漢字読みは、出題範囲が広く対策が取りにくい分野ですが配点が高い分野です。満点を狙う必要はなく対象の漢字を地道に覚えていくしかない。練習問題で各級の出題対象漢字を完全に理解していく。

表外漢字・書き換えは、準1級で出題され出題範囲が狭く得点しやすい分野です。本番の試験では得点率満点を目標にがんばること。練習問題で出題対象の表外漢字を過不足なく完全に習得する。

対義語は、1級~8級まで幅広く出題される。一般的な範囲を考えると広い分野である。出題対象の漢字を使った対義語に限定すると出題範囲が絞れる。練習問題で各級の出題対象漢字を使った対義語を理解すること。

類義語は、1級~6級まで幅広く出題される。出題対象の漢字を使った類義語に限定すると出題範囲が絞れる。練習問題で各級の出題対象漢字を使った類義語を覚えること。

漢字検定/日本漢字能力検定 参考書・問題集のランキング

漢字検定/日本漢字能力検定の参考書や問題集が、すべての級で揃っています。
漢字検定 の本 つづきへ

参考書・問題集のランキング/漢字検定 1級

参考書・問題集のランキング/漢字検定 準1級

参考書・問題集のランキング/漢字検定 2級

参考書・問題集のランキング/漢字検定 準2級

参考書・問題集のランキング/漢字検定 3級

参考書・問題集のランキング/漢字検定 4級


漢字検定/日本漢字能力検定の参考書や問題集が、すべての級で揃っています。
漢字検定 の本 つづきへ

漢字検定/日本漢字能力検定の過去問

日本語漢字能力検定 2級

漢字の読みを問う問題

・遡上:そじょう
・還暦:かんれき
・火蓋:ひぶた
・閣僚:かくりょう
・秀逸:しゅういつ
・虐げる:しいたげる
・内奥:ないおう
・罷業:ひぎょう
・灯籠:とうろう
・神楽:かぐら
・供養:くよう
・奔流:ほんりゅう
・慈しみ:いつくしみ
・戯れ:たわむれ
・競る:せる
・脊椎:せきつい
・泥炭:でいたん
・胆汁:たんじゅう
・押印:おういん
・殊勲:しゅくん
・脅かす:おびやかす
・挟まる:はさまる
・難詰:なんきつ
・産湯:うぶゆ
・荘重:そうちょう
・精緻:せいち
・拾得:しゅうとく
・充填:じゅうてん
・鎌首:かまくび
・人倫:じんりん

漢字と送りがなの問題

・キタエル:鍛える
・ウトマシイ:疎ましい
・コリル:懲りる
・カタヨル:偏る
・フクラム:膨らむ

漢字の書き取り問題

・馬のハナヅラ:鼻面
・反旗をヒルガエす:翻
・オウヒの出産:王妃
・二の句がツげない:継
・グチョクを尊ぶ:愚直
・困難をトモナう:伴
・ヒザを交える:膝
・カブンにして存じません:寡聞
・資金のネンシュツ:捻出
・うわさのシンギ:真偽
・タダし書き:但
・覆水ボンに返らず:盆
・カイジュウを画策:懐柔
・陰謀をフンサイする:粉砕
・活況をテイする:呈
・肩のダッキュウ:脱臼
・ホウカツして述べる:包括
・コウキン加工のまな板:抗菌
・マドギワの猫:窓際
・怒るのもユエなしとしない:故
・ベンショウをする:弁償
・湧き水で酒をカモす:醸
・まぶたがハれる:腫
・手をワズラわす:煩
・春のキザし:兆

熟語の構成の問題

・弾劾:同じような意味の漢字を重ねたもの
・氾濫:同じような意味の漢字を重ねたもの

・禍福:反対または対応の意味を表す漢字を重ねたもの
・旦夕:反対または対応の意味を表す漢字を重ねたもの

・顕在:上の字が下の字を修飾しているもの
・余韻:上の字が下の字を修飾しているもの

・遵法:下の字が上の字の目的語、補語になっているもの
・徹宵:下の字が上の字の目的語、補語になっているもの
・論旨:下の字が上の字の目的語、補語になっているもの

・不浄:上の字が下の字の意味を打ち消しているもの

四字熟語の問題

・土崩瓦解:ばらばらに壊れて砕ける
・容姿端麗:見た目かたちが整っていて美しい
・夏炉冬扇:ものの役に立たないもの
・抑揚頓挫:文や声の調子に高低、緩急の変化をつける
・古今無双:比肩するものがいたためしがない
・優勝劣敗
・遺憾千万
・漫言放語
・思慮分別
・鶏口牛後

同音異字、同訓異字の問題

・センパクの航行:船舶
・センパクな知識:浅薄

・顔をフく:拭
・風がフく:吹

・コウテツの扉:鋼鉄
・大臣のコウテツ:更迭

・身柄のコウソク:拘束
・心筋コウソク:梗塞

・当店キンセイ:謹製
・男子キンセイ:禁制

対義語の問題

・富裕:貧窮
・絶賛:罵倒
・哀悼:慶祝
・概略:委細
・興隆:衰微

類義語の問題

・積算:累計
・寄与:貢献
・全治:平癒
・邸宅:屋敷
・猛者:豪傑

漢字検定は1日に複数級の試験を受けることもできる

漢字検定は、基本的には漢字の読み・書きが中心で、級が上に上がると部首や漢字の構成なども問われるようになっていきます。パソコンで文章を入力した人やチェックする人が正しい漢字を知らないと、そのまま外部に出てしまうことになります。 そんなミスを防ぐためにも、漢字検定は必要になっています。 漢字検定で一番簡単な10級は、小学校1年修了レベルで、小学校第1学年の学習漢字を理解し、文や文章の中で使えることが要求されます。

漢字検定は、漢字能力を測定する検定試験です。 漢字検定は、年に3回、全国各地で行われていて、学歴、年齢に関係なく誰でも受検できます。 1級から10級まで12の段階に分かれており、1日に複数級の試験も受けることが可能です。 漢字検定で一番難しい1級は、大学、一般レベルで、常用漢字を含めて約6000字の漢字の音・訓を理解し、文章の中で適切に使えるような内容です。

漢字検定の傾向と対策についてです。漢字読みは、出題範囲が広く対策が取りにくい分野ですが配点が高い分野です。 満点を狙う必要はなく、対象の漢字を地道に覚えていくしかありません。 練習問題で各級の出題対象漢字を完全に理解していきましょう。表外漢字・書き換えは、準1級で出題され出題範囲が狭く得点しやすい分野です。 本番の試験では得点率満点を目標にがんばることです。練習問題で出題対象の表外漢字を、過不足なく完全に習得してください。類義語は、1級~6級まで幅広く出題されます。出題対象の漢字を使った類義語に限定すると、出題範囲が絞れます。 練習問題で各級の出題対象漢字を使った類義語を覚えることです。


タイトルとURLをコピーしました