玉掛技能者試験 01


ワーヤーロープである玉掛け用具を用いて、クレーンなどの吊り具に、重量物を掛けるときには、玉掛け技能者という資格が必要です。これは、労働安全法規則に定めらていることで、重量1トン以上の玉掛をする際に必要な資格です。この資格を取得する試験が、玉掛技能者試験で、合格者は玉掛け技能者の資格を持つことができます。
建設現場では、クレーンに限らず、重量物を引き上げ、移動することは日常的に起きることで、玉掛技能者の資格は、建設現場では必須の資格です。玉掛技能者試験は、講義をしっかり聞き、テキストに目を配って重要事項を押さえれば、難易度は高くないと言えます。玉掛技能者試験の受験資格は、18歳以上であれば誰でも受験することができます。

玉掛技能者試験の受験情報

■受験資格:18歳以上

■講習内容
・学科試験
 ①クレーン等に関する知識(1時間)
 ②クレーン等の玉掛けに必要な力学に関する知識(3時間)
 ③クレーン等の玉掛けの方法(7時間)
 ④関係法令(1時間)
 ⑤学科試験
・実技試験
 ①クレーン等の玉掛(6時間)
 ②クレーン等の運転のための合図(1時間)
 ③実技試験
※その他、所有免許、実務経験等で講習時間が違います。

玉掛技能者試験 試験で問われるもの

玉掛技能者講習の講習科目や時間数は玉掛け技能講習規程(昭和47年労働省告示第119号)で定められています。学科・実技ともに講習内容の習熟の確認として最後に修了試験が行われ、それに合格することで資格を取得することができます。

科目 出題内容
①クレーン等に関する知識 種類及び型式、構造及び機能、安全装置及びブレーキ
②クレーン等の玉掛けに必要な力学に関する知識 力(合成、分解、つり合い及びモーメント)、重心及び物の安定、摩擦、質量、速度及び加速度、荷重、応力、玉掛用具の強さ
③クレーン等の玉掛けの方法 玉掛用具の選定及び使用の方法、基本動作(安全作業方法を含む。)、合図の方法
④関係法令 労働安全衛生法、令、安衛則及びクレーン等安全規則中の関係条項
⑤クレーン等の玉掛 質量目測、玉掛用具の選定及び使用、定められた方法による〇・五トン以上の質量を有する荷についての玉掛けの応用作業
⑥クレーン等の運転のための合図 手、小旗等を用いて行う合図

玉掛技能者試験の過去問と重要項目

・地切りとは、クレーンの巻き上げ操作によって荷を地面から離すことを地切りと言う。
・つり上げ荷重とは、クレーンの構造及び材料に応じて負荷させることができる最大の荷重をいい、フックなどのつり具分が含まれる。
・「Zより」のワイヤロープは、ロープを縦にして見たとき、右上から下左へストランドがよられている。
・クレーンの作業範囲とは、クレーンの各種運動を組み合わせてつり荷を移動できる範囲をいう。
・フィラー形のワイヤロープは、ストランドを構成する素線の間に細い素線を組み合わせたものである。

・重心は物体については一定の点であり、重心の位置は物体の位置や置き方が変わっても変化しない。
・物体に外部から作用する力(外力)を荷重といい、クレーン等で荷をつったときワイヤロープにかかる荷重を安全荷重という。
・安定度は、安定モーメントを転倒モーメントで割ったわった値で求められ、この値が1より大きいほど安定する。
・ワイヤロープは一般的に、良質の炭素鋼を線引き加工した素線を複数より合わせて作られている。
・玉掛け用ワイヤロープの安全荷重は、つり角度が 120度 になるとおおよそ半分まで減少する。

・クランプは、フックやハッカーの代わりにならない。
・荷の質量目測は、多少重めに目測した方が安全である。
・つり荷の高さは、原則として床上 2m 程度とするが、運行経路に障害物がない場合は、なるべく低い位置で運搬する。
・巻き上げ時、ワイヤーロープを手で握ると危険である。
・クレーン等の運転者に対する合図は、運転者から見やすく、かつ安全な場所で、必ず1人が行う。

・玉掛作業において、1本つりは荷が傾いたり回転する恐れがあるので禁止されている。
・あだ巻きづりは、つり角度が大きい場合、ワイヤロープが内側に引き寄せられるのを防止する有効な玉掛方法である。
・修了証を滅失したので、技能講習修了証の交付を受けた登録教習機関で修了証の再交付を受けた。
・事業者の指示があっても、クレーンにより労働者を運搬してはならない。
・つり上げ荷重 1t 以上 の移動式クレーンの玉掛け作業は、玉掛技能講習を修了した者ものでなければその作業に就つくことができない。

・クレーン等の構造及材料に応じて負荷させる事ことができる最大の荷重を、定格荷重という。
・ワイヤロープ等を用いて、荷をクレーン等のつり具に掛けたり外したりする作業を玉掛けという。
・積載型トラッククレーンのみならず、クローラクレーンや浮きクレーンも移動式クレーンに含まれる。
・円柱の体積は、底面積(半径×半径×円周率)×高さ で求められる。

玉掛技能者試験は技能講習受講後、終了試験に合格する必要がある

玉掛技能者試験を受験するには、国が指定した教習機関で、玉掛技能講習会を受講し、終了試験、すなわち、玉掛技能者試験に合格する必要があります。玉掛技能講習会の講習内容は、教習所によって少しずつ違いますが、学科講習12時間と実技講習7時間に分けて行われます。
学科講習で学ぶことは、クレーンの知識・玉掛方法・玉掛に関する力学的な知識、力学に基ずく玉掛の方法、玉掛に関する法律内容などを受講します。学科講習が終了した後に、終了試験が行われ、60%以上の得点で学科は合格となります。なお、玉掛技能講習会は場所によっては月1回から2回実施しているところもあり、全国各地に教習所が設けられています。そのため、万一不合格であっても、次の月にリベンジすることも可能です。

玉掛技能講習の学科が終了すると実技講習に入ります。実技講習の内容は、クレーンの玉掛に6時間、合図のやり方などに1時間の実技講習です。クレーンの玉掛は、吊ろうとする荷物や金属塊などの荷物の重量の大きさや、重点がどこに有るかを探る方法、玉掛用具の選定方法、玉掛の基本動作と荷物のクレーンに玉掛する方法などを実技講習します。その後に、クレーンとの合図の実技を、手や旗を使って行います。
実技の講習が終わってから、修了試験として、玉掛と合図の実技演習が行われ、採点後に学科試験の得点と合わせて、玉掛技能者試験の合否が分かります。
玉掛技能者試験の勉強方法は、学科講習で2日ありますので、講義の内容をしっかりと聴き、テキストに重要と思われることは線を入れるかマーカーで印をつけて、講義終了後に復讐することで十分です。

玉掛技能者試験の勉強方法として、玉掛技能講習の講義中に、講師の方がここは重要ですというようなポイントが指示されますが、そこから玉掛技能者学科試験に出る確率が高いと考え、ポイントを押さえることが勉強方法としては効果的です。玉掛の講義はテキストを見れば十分という考え方もあり、講義中に居眠りをする人がいますが、講師が指摘するポイントを逃すことになり、合格率が下がってしまいます。合否とは別に、もし合格しても、現場で玉掛をするときのミスの要因になりかねず、講義はしっかり聞くべきでしょう。
実技に関しては、職場では玉掛の補助を日常的に行っているはずですので、自分自身は玉掛はできませんが、毎日の仕事の中で先輩などが行う玉掛や合図や玉掛用具などを、しっかり体験していくことで、実技講義も分かり易くなり、実技試験の時も落ち着いてやることができます。


タイトルとURLをコピーしました