潜水士とは?試験の難易度・合格率・勉強法・過去問・解答速報をご紹介!


潜水士とは

潜水士とは、労働安全衛生法の規定に基づき、潜水業務に従事するものに必要とされる国家資格です。 具体的には、潜水器を用いて空気圧縮機、手押しポンプによるによる送気やボンベからの給気を受けて潜水業務を行う場合には、 高気圧障害の危険性が高くなることから、潜水士の免許が必要になります。

潜水士試験の概要

試験は、1月、4月、7月、10月に各地の安全衛生技術センターで行われます。試験内容は学科試験のみ実施され、その結果で合否が決定されます。

潜水士試験の受験情報

受験資格 なし
※ただし、本人確認証明書の添付が必要です。
試験科目 ・潜水業務 10問(30点)
・送気、潜降及び浮上 10問(25点)
・高気圧障害 10問(25点)
・関係法令 10問(20点)
出題形式 五肢択一式
試験時間 4時間
合格基準 科目ごとの得点が40%以上で、かつ総得点が60%以上で合格

潜水士試験の勉強方法

潜水士と聞くと実技技能が問われるように感じるかもしれませんが、試験科目は学科のみで実技はありません。これは潜水作業時における高気圧障害等の危険に対する知識について主眼を置いているためです。
そのため、潜水業務に関係する化学的な知識や、使用する用具の扱い方、潜水作業時に起こりえる危険に対する防護のための知識、その他関係法令等について問われます。
その他の試験と同じように過去問題やテキストを中心とした学習が合格へつながります。また、出題自体は各科目10問ずつですが、「潜水業務」の科目は30点分、「関係法令」は20点分と配点基準が科目ごとに違います。
そのため、配点基準の高い科目を優先的に勉強することで、効率よく勉強を行っていきましょう。ただし、科目の得点が40%を下回ると不合格となってしまうので、注意をしましょう。

タイトルとURLをコピーしました