労働衛生コンサルタント試験


労働衛生コンサルタントは、企業経営の改善指導や手続きなど、企業そのもののコンサルティングもおこなうことができます。 産業医として、メンタルヘルスや、カウンセリングなどをおこなうこともできます。 受験資格は、理系大学卒業者で、5年以上の労働衛生実務経験者、医師国家試験の合格者、薬剤師試験の合格者などである必要があります。 労働衛生コンサルタントの資格で就職先を探すのは容易ではなく、あくまでも、その道を極めたい、人が目指す資格といえます。

労働衛生コンサルタント試験の概要

 労働安全コンサルタント、労働衛生コンサルタントは、厚生労働大臣の指定登録機関での登録を受け、事業場における労働安全又は労働衛生の水準の向上を図るため、事業場の診断や、これに基づく指導を業として行う専門家です。
 労働安全コンサルタント、労働衛生コンサルタントには、労働安全・労働衛生に関する高い専門知識はもちろん、豊富な経験に裏付けられた高い指導力、安全衛生に対する強い熱意が求められます。

 労働安全コンサルタントとは、事業所における労働安全の水準の向上を図るため、作業場等の診断や改善などの指導を行う専門家です。
 労働安全コンサルタント試験は、機械、電気、化学、土木、建築の区分ごとに筆記試験及び口述試験が行われます。筆記試験では、産業安全一般、産業安全関係法令、機械安全、電気安全、化学安全、土木安全、建築安全などについて問われます。

 労働安全コンサルタントとは、企業や事業主等からの要求に応じ、労働者の衛生水準の向上を図るために、職場の衛生診断及び、それに基づく指導を行う、労働衛生に関する専門家です。
 労働衛生コンサルタント試験は、保健衛生、労働衛生工学の区分ごとに筆記試験及び口述試験が行われます。筆記試験では、労働衛生一般、労働衛生関係法令、健康管理、労働衛生工学などについて問われます。

労働安全コンサルタントは他資格との兼帯で活動することの多い資格

労働安全コンサルタントは、 試験科目にもなっていることから、産業安全や法令に関する知識のほか、 機械、電気、化学、土木、建築のいずれかの専門分野をもった上で、労務管理や法令に基づく書類作成を行う社会保険労務士、 職場の健康管理を行う産業医など、他の資格との兼帯で活動することが多い資格といえます。


タイトルとURLをコピーしました