危険物取扱者試験 01


危険物取扱者とは、一定量以上の危険物を貯蔵し、取り扱う工場やガソリンスタンドには、必ず置かなければならないものです。 危険物取扱者になるには、国家試験に合格しなければなりません。 危険物取扱者の資格は、甲種・乙種・丙種の3種類に分類されており、甲種はあらゆる危険物を取り扱うことが認められています。 乙種と丙種については、それぞれ取り扱うことができる、危険物の種類に制限が設けられています。

危険物取扱者試験の受験情報

一定数量以上の危険物を貯蔵し、取り扱う化学工場、ガソリンスタンド、石油貯蔵タンク、タンクローリー等の施設には、危険物を取り扱うために必ず危険物取扱者を置かなければいけません。
甲種危険物取扱者は全類の危険物、乙種危険物取扱者は指定の類の危険物について、取り扱いと定期点検、保安の監督ができます。甲種もしくは乙種危険物取扱者が立ち会えば危険物取扱者免状を有していない一般の者も、取り扱いと定期点検を行うことができます。
丙種危険物取扱者は、特定の危険物(ガソリン、灯油、軽油、重油など)に限り、取り扱いと定期点検ができます。取り扱うことのできる危険物は、免状に記載されている種類になります。
化学工場やガソリンスタンドなどで、危険物の取り扱い作業に従事している危険物取扱者は、危険物の取り扱い作業の保安に関する新しい知識、技能の習得のため、3年以内毎に、都道府県知事が行う講習を受けなければなりません。

危険物取扱者試験 参考書・問題集のランキング

危険物取扱者試験の参考書や問題集が、すべての級で揃っています。
危険物取扱者試験 の本 つづきへ

参考書・問題集のランキング/乙種第4類 危険物取扱者試験

参考書・問題集のランキング/甲種 危険物取扱者試験

参考書・問題集のランキング/乙種 1・2・3・5・6類 危険物取扱者試験

参考書・問題集のランキング/丙種 危険物取扱者試験


危険物取扱者試験の参考書や問題集が、すべての級で揃っています。
危険物取扱者試験 の本 つづきへ

危険物取扱者試験は甲種と乙種の種類がある

危険物取扱者とは、消防法の規定に基づいて、危険物を取り扱うことができる資格者のことをいいます。 危険物とされる物質については、消防法やその他の法令で指定されていますが、 ガソリンや化学物質といった、火災が発生する危険性の高い物質がこれに該当します。 化学工場やガソリンスタンドのように、こうした危険物を一定量以上取り扱う施設では、現場の安全性を確保するために、 施設に危険物取扱者を配置することが義務付けられています。

甲種危険物取扱者は全類の危険物、乙種危険物取扱者は指定の類の危険物について、 取り扱いと定期点検、保安の監督ができます。甲種もしくは乙種危険物取扱者が立ち会えば 危険物取扱者免状を有していない一般の者も、取り扱いと定期点検を行うことができます。
丙種危険物取扱者は、特定の危険物(ガソリン、灯油、軽油、重油など)に限り、取り扱いと定期点検ができます。 取り扱うことのできる危険物は、免状に記載されている種類になります。


タイトルとURLをコピーしました