毒物劇物取扱責任者試験 01


毒物劇物取扱責任者試験の受験情報

受験資格
制限無し。
ただし、次に掲げる者は、合格しても、以下欠格事項が消滅するまでは毒物劇物取扱責任者となることは出来ない。
  1. 年齢が18歳に満たない者。
  2. 精神病者または麻薬、大麻、あへん、もしくは覚醒剤の中毒者。
  3. 目が見えない者、耳が聞こえない者、口がきけない者または
    色盲の者。
  4. 毒物もしくは劇物又は薬事に関する罪を犯し、罰金以上の刑に
    処せられ、その執行を 終わり、または執行を受ける事が無く
    なった日から起算して3年を経過していない者。

試験内容
試験区分 … 一般、農業用品目、特定品目、内燃機関用メタノール
       のみの取扱に係る特定品目
筆記試験
  ①法規、②基礎化学、③毒物・劇物の性質、④取扱い・貯蔵知識
実地試験
  ①取扱い方法、②毒物・劇物の識別

毒物劇物取扱者試験の過去問と重要項目

毒物及び劇物に関する法規

法第3条の4。政令で定める引火性、発火性、爆発性のある毒物や劇物
亜塩素酸ナトリウム 30%を含有する製剤
次のものは、政令で定めるものに該当しない。
・塩素酸ナトリウム30%を含有する製剤、カリウム、トルエン、黄燐

法第6条、毒物劇物販売業の登録事項
・申請者の氏名及び住所(法人の場合は名称及び主たる事務所の所在地)
・店舗の所在地
次のものは、法第6条、毒物劇物販売業の登録事項にはない。
・販売または授与しようとする毒物又は劇物の品目
・店舗の営業時間

法第7条の条文
・毒物劇物営業者は、毒物又は劇物を( 直接に )取り扱う製造所、営業所又は店舗ごとに、( 専任 )の毒物劇物取扱責任者を置き、毒物又は劇物による保健衛生上の危害の防止に当たらせなければならない。

法第15条、毒物又は劇物の交付の制限等に関する記述
・毒物劇物営業者は、毒物又は劇物を麻薬、大麻、あへん又は覚せい剤の中毒者に交付してはならない。
次の記述は、適切ではない。
・毒物劇物営業者は、ナトリウムの交付を受ける者の氏名及び住所を確認したときは、確認に関する事項を記載した帳簿を、最終の記載をした日から 3年間、保存しなければならない。
・毒物劇物営業者は、毒物又は劇物を 18歳 の者に交付してはならない。

法第21条第1項の条文 登録が失効した場合等の措置
毒物劇物営業者、特定毒物研究者又は特定毒物使用者は、その営業の登録若しくは特定毒物研究者の許可が効力を失い、又は特定毒物使用者でなくなつたときは、( 15日 )以内に、毒物劇物営業者にあつてはその製造所、営業所又は店舗の所在地の都道府県知事(販売業にあつてはその店舗の所在地が、保健所を設置する市又は特別区の区域にある場合においては、市長又は区長)に、特定毒物研究者にあつてはその主たる研究所の所在地の都道府県知事(その主たる研究所の所在地が指定都市の区域にある場合においては、指定都市の長)に、特定毒物使用者にあつては、都道府県知事に、それぞれ現に所有する( 特定毒物 )の( 品名及び数量 )を届け出なければならない。

政令第40条の9第1項、毒物劇物営業者が譲受人に対し提供しなければならない情報の内容
・安定性及び反応性
・応急措置
・漏出時の措置
次のものは、提供しなければならない情報の内容ではない。
・毒物劇物取扱責任者の氏名

毒物劇物営業者が行う毒物又は劇物の表示
・劇物の容器及び被包に、白地に赤色をもって「劇物」の文字を表示しなければならない。
次の、表示に関する記述は、適切ではない。
・劇物の容器及び被包には「医薬用外」の文字を必ずしも記載する必要はないが、毒物の容器及び被包には「医薬用外」の文字を記載する必要がある。
・毒物の容器及び被包に、黒地に白色をもって「毒物」の文字を表示しなければならない。

特定毒物の品目と政令で定める用途
四アルキル鉛を含有する製剤 …… ガソリンへの混入
次の、毒物と用途の組合せは、適切でない。
・モノフルオール酢酸アミドを含有する製剤 …… 野ねずみの駆除
・モノフルオール酢酸の塩類を含有する製剤 …… かんきつ類などの害虫の防除

毒物又は劇物の容器及び被包に表示しなければ販売又は授与できない事項
・有機燐化合物及びこれを含有する製剤たる毒物及び劇物の場合は、省令で定める解毒剤の名称
・毒物又は劇物の成分及びその含量
次の事項は、適切ではない。
・毒物又は劇物の製造番号
・毒物又は劇物の使用期限

毒物又は劇物の販売業に関する記述
・農業用品目販売業の登録を受けた者は、農業上必要な毒物又は劇物であって省令で定めるもの以外の毒物又は劇物を販売してはならない。
次のものは、適切な記述ではない。
・特定品目販売業の登録を受けた者でなければ、特定毒物を販売することができない。
・一般販売業の登録を受けた者であっても、特定毒物を販売してはならない。

「あせにくい黒色」で着色したものでなければ、農業用として販売し、又は授与してはならないものとして政令で定める劇物
・燐化亜鉛を含有する製剤たる劇物
・硫酸タリウムを含有する製剤たる劇物
次の劇物は、適切ではない。
・沃化(ようか)メチルを含有する製剤たる劇物
・硫化カドミウムを含有する製剤たる劇物

毒物又は劇物を運搬する車両に掲げる標識
・車両を使用して塩素を 1回 につき6,000キログラム運搬する場合、運搬する車両に掲げる標識は、( 0.3 )メートル平方の板に、地を( 黒色 )、文字を( 白色 )として( )と表示し、車両の前後の見やすい箇所に掲げなければならない。

基礎化学

化学式で示される官能基とその官能基をもつ化合物の一般名
 化学式     化合物の一般名
・-CHO     アルデヒド
・-NH2     アミン
・-SO3H     スルホン酸
・-OH      アルコール・フェノール類
・>C=O    ケトン

イオン結晶の性質
・固体は電気を通さない。
・融点の高いものが多い。
・水に溶けると、イオンが動けるようになる。
・硬いが、強い力を加えると割れやすい。
・結晶中では、陽イオンと陰イオンが規則正しく並んでいる。

エステルに関する一般的な記述
エステルは水には溶けにくく、有機溶媒に溶ける。
・低分子量のカルボン酸エステルには、果実のような芳香を持つものがある。
・エステルの加水分解反応では、H⁺が存在すると触媒として働くため、反応が早くなる。
・油脂は高級脂肪酸とグリセリンのエステルである。
・カルボン酸とアルコールが縮合して生成する。

二酸化炭素の検出方法
石灰水に通すと白濁する。
次の、検出方法は、適切ではない。
・ヨウ素溶液の色を消す。
・酢酸鉛(Ⅱ)水溶液に通じると、黒色の沈殿を生成する。
・濃塩酸を近づけると白煙を上げる。
・ヨウ化カリウム水溶液からヨウ素を遊離させる。

酸化物(酸素と他の元素との化合物)に関する記述
酸素は反応性に富み、多くの元素と化合して酸化物をつくる。非金属元素の酸化物のうち、SO3 など、水と反応して酸を生じたり、塩基と反応して塩を生じるものを( 酸性 ) 酸化物という。一方、金属元素の酸化物のうち MgO など、水と反応して塩基を生じたり、酸と反応して塩を生じるものを( 塩基性 )酸化物という。ZnO など、酸・強塩基のいずれとも反応して塩を生じるものを( 両性 ) 酸化物という。

塩酸(HC1水溶液)及び水酸化ナトリウム(NaOH)水溶液の性質
・薄い水酸化ナトリウム水溶液が手につくとぬるぬるする。
・水酸化ナトリウム水溶液は、赤色リトマス紙を青色に変える。
次の、性質に関する記述は、適切ではない。
・0.1mol/L 塩酸のpHは、5.7程度の弱酸性を示す。
・塩酸は、フェノールフタレイン溶液を赤色に変える。

原子に関する記述
・原子は、中心にある原子核と、その周りに存在する電子で構成されている。原子核は、陽子と中性子からできており、このうち( 陽子 )の数は原子番号と等しくなる。また、原子には原子番号は同じでも、( 中性子 )の数が異なるために質量数が異なる原子が存在するものがあり、これらを互いに( 同位体 )という。たとえば、水素原子(H)の場合、H1 と H3 では質量数が( 3 )倍異なるが、その化学的性質はほとんど同じである。

毒物及び劇物の性質、貯蔵、識別及びその他取扱方法

クロルメチルの常温、常圧での性状及び用途(過去の代表的な用途を含む)
 性状(常温、常圧)   用途
無色の気体      煙霧剤
次のものは、適切でない。
・無色の気体      殺菌剤
・無色透明の液体    煙霧剤
・黄色の液体      煙霧剤
・無色透明の液体    殺菌剤

ニコチンの性状及び毒性
・ニコチン(純品)は常温で無色の( 油状液体 )であり、空気に触れると( 褐色 )になる。また神経毒を( 有する )。

劇物に該当する製剤
・水酸化ナトリウム 10% を含む製剤
・過酸化ナトリウム 10% を含む製剤
次のものは、劇物には該当しない。
・アジ化ナトリウム 10% を含む製剤
・亜塩素酸ナトリウム 10% を含む製剤

弗化(ふっか)水素酸の貯蔵方法
・銅、鉄、コンクリートまたは木製のタンクにゴム、鉛、ポリ塩化ビニルあるいはポリエチレンのライニングをほどこしたものに貯蔵する。
次の貯蔵方法は、適切ではない。
・色ガラス瓶に入れて冷暗所に貯蔵する。
・少量ならばガラス瓶、多量ならばブリキ缶又は鉄ドラム缶を用い、酸類とは離して風通しの良い乾燥した冷所に密栓して貯蔵する。
・少量ならば褐色ガラス瓶、多量ならばカーボイなどを使用し、3分の1の空間を保って貯蔵する。一般に安定剤として少量の酸類の添加は許容される。
・少量ならば共栓ガラス瓶を用い、多量ならばブリキ缶を使用し、木箱に入れて貯蔵する。引火性物質を遠ざけて、通風のよい冷所におく。

ベタナフトール(別名 2-ナフトール、β-ナフトール)の識別方法
水溶液にアンモニア水を加えると、紫色の蛍石彩を放つ。
次の記述は、適切でない。
・希釈水溶液に塩化バリウムを加えると、白色の沈殿を生ずるが、 この沈殿は塩酸や硝酸に溶けない。
・水溶液は、過マンガン酸カリウム溶液の赤紫色を消す。
・水溶液に硝酸バリウムを加えると、白色沈殿を生ずる。
・水溶液にさらし粉を加えると、紫色を呈する。

無水クロム酸の性状
暗赤色結晶である。
次の記述は、適切でない。
・水に不溶である。
・還元力を有する。
・風解性がある。
・水溶液は強アルカリ性である。

 (R2-kan)


タイトルとURLをコピーしました