建築士試験 01


建築士は、建築物の設計や、実際の工事が設計通り工事されているか監理する国家資格です。建築士になるためには建築士試験に合格する必要があり、1級建築士試験の場合は合格率10%という超難関な資格試験です。建築士試験は、1級建築士、2級建築士、木造建築士の3種類の建築士資格があります。1級建築士は全ての建造物の設計・監理、2級は一般住宅のような建造物、木造は木造建築物に限られた資格です。
建築士試験の受験資格は、1級建築士試験では、大学を卒業して国が指定する科目を履修した場合か、2級建築士か、建築設備士の場合です。2級建築士試験や木造建築士試験では、大学を卒業して国が指定する科目を履修した場合か、国が指定した科目を履修し高校か中学を卒業し、実務経験を重ねた場合です。

建築士試験の概要

 建築士は、建築士法によって定められている設計から工事監理までをすべてにわたって行う専門家で、1級建築士、2級建築士、木造建築士があります。
 建築士は、建築関係資格の頂点に立つ最もグレードの高い資格です。社会的な信用も非常に高く、職業的にも極めて安定しています。建築物の大規模化・機能設備の複雑化に伴い、活躍の場は今後もますます広がっていくと思われます。1級建築士、2級建築士のいずれの場合も、土地家屋調査士や技能士といった他の建築関係資格を取得する際に、試験の一部免除などの優遇措置が受けられます。

建築士試験の試験内容

1級建築士試験

受験資格

建築士法第14条 建築に関する学歴又は資格等
第一号 大学、高等専門学校(旧制大学を含む)において、指定科目を修めて卒業した者
第二号 二級建築士
第三号 国土交通大臣が上記の者と同等以上の知識及び技能を有すると認める者

試験の構成

試験の区分 出題形式 出題科目 試験時間
学科の試験 四肢択一式 学科Ⅰ(計画) 20問 計2時間
学科Ⅱ(環境・設備) 20問
学科Ⅲ(法規) 30問 1時間45分
学科Ⅳ(構造) 30問 計2時間45分
学科Ⅴ(施工) 25問
設計製図の試験 あらかじめ公表する課題の建築物についての設計図書の作成 設計製図 1課題 6時間30分

二級・木造建築士試験

受験資格

建築士法第15条 建築に関する学歴等
第一号 大学(短期大学を含む)、高等専門学校、高等学校において、指定科目を修めて卒業した者
第二号 その他都道府県知事が特に認める者
第三号 建築実務の経験を7年以上有する者

試験の構成

試験の区分 出題形式 出題科目 試験時間
学科の試験 五肢択一式 学科Ⅰ(建築計画) 25問 計3時間
学科Ⅱ(建築法規) 25問
学科Ⅲ(建築構造) 25問 計3時間
学科Ⅳ(建築施工) 25問
設計製図の試験 あらかじめ公表する課題の建築物についての設計図書の作成 設計製図 1課題 5時間

建築士試験 試験で問われるもの

1級建築士試験では、複雑高度な技術を要する建築物の設計及び工事監理や、二級建築士、木造建築士の指導に携わるのに必要な知識、技術、職業倫理が問われます。
二級建築士試験、木造建築士試験では、個人住宅など日常生活に必要な建築物の設計及び工事監理に必要な知識、技術、職業倫理が問われます。なお、2級建築士と木造建築士は試験基準が建築士法施工規則13条及び14条で規定がされています。

建築士試験の過去出題問題のサンプル

平成18年度 1級建築士試験 学科試験 〔 建築計画 〕(抜粋)

【NO.2】  正解 : 1
伝熱に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1 二重窓において、ガラス相互の間隔を7cmとする場合の熱抵抗は、ガラス相互の間隔を
  3cmとする場合の2倍以上となる。
2 冬期に窓ガラスに接触して冷却された空気が下降することによって生じる望まれない局部
  気流は、コールドドラフトに該当する。
3 コンクリートの外壁における隅角部の室内表面温度は、一般に、平面壁の部分の室内
  表面温度に比べて、外気温度に近づく。
4 熱線吸収板ガラスは、室内への日射熱の侵入を抑える効果があるが、冬期における断熱
  効果については、透明板ガラスと同程度である。
5 複層ガラスは、一般に、窓の断熱性能を高めるために用いられ、その中空層には乾燥
  空気が密封されている。

【NO.4】  正解 : 4
日照・日射及び採光に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1 西向き窓面に設置する縦型ルーバーは、一般に、日照・日射調整に有効である。
2 日影図の作成において、真太陽時の影の方向を測定することにより真北を求めることが
  できる。
3 片側採光の部屋における照度の均斉度は、1/10以上とすることが望ましい。
4 居室の採光の計画は、一般に、開口部に達する直射光を対象とする。
5 「全天空の立体角」に対する「ある地点から見える天空の立体角」の比を、天空比という。

【NO.12】  正解 : 3
 学校の計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1 「千葉市立打瀬小学校」(千葉県、1995年)は、クラスルーム、ワークスペース、アルコーブ、
  中庭等をひとまとまりにした空間を、低、中、高学年ごとに配置し、多様な学習展開への
  対応を図っている。
2 「浪合村[現在の阿智村]立浪合学校」(長野県、1988年)は、ランチルームに音楽室を隣接
  させてオーディトリウムの機能をもたせて地域の利用も可能としている。
3 「目黒区立宮前小学校」(東京都、1985年)は、クラスルーム・オープンスペース及びテラス
  等を、低、中、高学年ごとにまとめたユニットとし、各ユニット、多目的ホール及び屋外劇場
  を、中庭を巡るスロープで結んでいる。
4 「宮代町立笠原小学校」(埼玉県、1982年)は、クラスルームの床面積を通常の約1.5倍と
  し、クラスルーム内に畳コーナー、ベンチ等のあるアルコーブを設けている。
5 「加藤学園暁秀初等学校」(静岡県沼津市、1972年)は、学習センターを中心として、オー
  プンクラスルーム(16m×16m)と特別教室を中庭を介して配置している。

平成18年度 2級建築士試験 学科試験 〔 建築計画 〕(抜粋)

【NO.3】  正解 : 3
建築環境工学に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1 照度は、受照面における単位面積当たりに入射する光束である。
2 着衣量は、PMV(予測平均温冷感申告)を決定する要素の一つである。
3 熱伝達率は、材料内の熱の伝わりやすさを示す材料固有の値である。
4 残響時間は、室内の音が停止してから、音圧レベルが60dB低下するまでの時間のことで
  ある。
5 ホルムアルデヒドは、室内空気汚染物質の一つである。

【NO.11】  正解 : 4
集合住宅の計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1 メゾネット型は、1住戸が2層以上で構成される住戸形式であり、一般に、1住戸当たりの
  床面積が大きくなる。
2 リビングアクセス型は、一般に、各住戸の表情を積極的に表に出すことを意図して、共用
  廊下側に居間を配置する形式である。
3 ポイントハウスは、塔状に高く、板状型の住棟ばかりで単調になりがちな住宅地の景観に
  変化をもたらすことができる。
4 スケルトン・インフィル住宅は、間口が狭く、奥行きが長い住戸内にライトウェル(光井戸)
  を設ける集合住宅である。
5 コーポラティブハウスは、住宅入居希望者が集まり、協力して企画・設計から人居・管理
  までを運営していく方式の集合住宅である。

【NO.14】  正解 : 5
公共建築の計画に関する次の記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1 小学校において、低学年は総合教室型とし、高学年は特別教室型とした。
2 美術館において、展示室の巡回形式は、一筆書き型とした。
3 保育所において、乳児室は幼児の保育室と離して配置した。
4 地域図警館において、一般開架貸出室の一部にレファレンスコーナーを設けた。
5 診療所において、診察室は処置室と離して配置した。

建築士試験 参考書・問題集のランキング

参考書のランキング/建築関係 法令集

参考書のランキング/1級建築士試験 学科試験

問題集のランキング/1級建築士試験 学科試験

参考書のランキング/2級建築士試験 学科試験

問題集のランキング/2級建築士試験 学科試験

建築士試験は学科試験合格後、設計製図の対策講座を利用後に受験が効率的

建築士試験の合格率は、1級が10%、2級が25%、木建が38%と、1級と2級は高い難易度の試験であることを示しています。
建築士試験の問題は、五肢択一式の学科試験と、設計製図試験に分けて行われます。1級の学科試験は5パートに分けられ、学科Ⅰが計画で20問、学科Ⅱが環境と設備で20問、この2パートを合わせて2時間です。学科Ⅲは法規で30問を1時間45分の解答時間があります。学科Ⅳは構造で30問、学科Ⅴ施工で25問を合わせて2時間45分で解答します。1級の学科試験をまとめると、125問を6時間30分で行います。合格基準は、それぞれのパートで最低基準点が決まっていて、総得点125点に対し70%~80%の得点が必要です。必要得点は年度によって変わるようです。

建築士試験2級の学科試験も建築士試験木造の学科試験も、内容は1級とほぼ同じですが、総問題数100問を6時間で解答し、60%以上で合格です。2級と木造の設計製図も1級と同じように採点されますが、時間制限は5時間です。2級と木造は、1級に比べると難易度は大きく下がることが分かります。
建築士試験の学科試験の勉強法は、過去問題集を10年分くらい、繰り返して勉強することが効果的でしょう。学科試験の分野は、広すぎて、参考書を一から始めるには膨大な時間と的の絞り方が難しいと試験です。
過去問は、何度か繰り返される問題や、言い回しを変えた同類の問題も多いため、得点できる確率が増えます。過去問題集を使った勉強法として、単なる丸暗記ではなく、解説が詳しい問題集を選び、分からない言葉は参考書を使ってはっきりさせておくなど、勉強に工夫を凝らすことで、合格の確率が上がることでしょう。

建築士試験の設計製図試験への勉強対策についてご紹介します。1級の設計製図試験は、与えられた内容と条件から、6時間30分の持ち時間で、建築物を計画・設計書作成・製図を行い、空間構成・建築計画・構造・設備・条件や要求への満足度から審査されます。ただし、製図の課題は事前に公表されるため、ちょっとの準備時間は持てそうです。
設計と製図作成問題は、実際に人が住むという前提での設計・製図作成のため、独学で勉強しても、合格できるような設計製図の効果は得られないでしょう。第一、できたものが良いかどうかの判断ができません。そこで、設計・製図は、対策講座などを利用して、勉強することが一番の近道でしょう。また、1級建築士試験の考え方として、まずは学科試験の合格を目指して1年間を過ごし、学科試験に合格すれば、次の年から4年間に2回の設計製図試験の機会が与えられますので、設計製図試験は後回しという考え方も良いのではないでしょうか。設計・製図については2級などでも対策は同じです。


タイトルとURLをコピーしました