消防設備士試験 01


劇場・ホテル・デパートなどの建物は、その規模や用途、収容人員に応じて、屋内消火設備やスプリンクラー、 自動火災報知設備などの設置が、法律により義務付けられています。 そして、これらの設備の工事や整備を行うには、消防設備士の有資格者が必要になります。 消防設備士の主な仕事は、消防用設備の工事や整備を行うことですが、 消防用設備の説明や理解を深めてもらうのも、消防設備士の仕事になります。

消防設備士試験の概要

 劇場、デパート、ホテルなどの建物は、その用途、規模、収容人員に応じて屋内消火栓設備、スプリンクラー設備、自動火災報知設備などの消防用設備等又は特殊消防用設備等の設置が法律により義務づけられており、それらの工事、整備等を行うには、消防設備士の資格が必要です。
 甲種消防設備士は、消防用設備等又は特殊消防用設備等(特類の資格者のみ)の工事、整備、点検ができ、乙種消防設備士は消防用設備等の整備、点検を行うことができます。工事、整備、点検のできる消防用設備等は、免状に記載されている種類になります。
 消防設備士は、消防用設備等又は特殊消防用設備等の工事、整備に関する新しい知識、技能の習得のため、免状交付を受けた後2年以内、その後は5年以内毎に都道府県知事が行う講習を受けなければなりません。

消防設備士試験 参考書・問題集のランキング

参考書のランキング/消防設備士試験 全般

参考書・問題集のランキング/第1類 消防設備士試験

参考書・問題集のランキング/第2類 消防設備士試験

参考書・問題集のランキング/第3類 消防設備士試験

参考書・問題集のランキング/第4類 消防設備士試験

参考書・問題集のランキング/第5類 消防設備士試験

参考書・問題集のランキング/第6類 消防設備士試験

参考書・問題集のランキング/第7類 消防設備士試験

消防設備士試験には甲種と乙種がありどちらも講習の受講が必要不可欠

消防設備の工事や整備を行うためには、消防設備士という資格を取得した者が必要です。 甲種の消防設備士は、自動火災報知機やスプリンクラーといった、消防用設備の工事や点検、整備をすることができます。 乙種の消防整備士は、消防用設備の整備や点検を行うことができます。 消防用設備の工事や設備には、常に新しい知識や技能が必要になるため、都道府県知事が行う講習を定められた期間内に受講する必要があります。


◇ よく読まれている関連記事と広告


技術系
過去問と解答速報『資格試験_合格支援隊』
タイトルとURLをコピーしました