公認内部監査人とは?試験の難易度・合格率・勉強法・過去問・解答速報をご紹介!


公認内部監査人試験の受験情報

公認内部監査人(CIA)

受験資格

教育要件(受験申込時に最終学歴の卒業証明書を提出)
1. 四年制大学の卒業生の方
2. 大学・大学院の在学生の方(大学の場合、3年生以上)
3. 大学・大学院の教員の方
4. 内部監査・監査役監査・公認会計士監査、財務・法務いずれか
2年以上の実務経験者(申込時に実務経験証明書提出が必要)
5. 高い倫理観と専門職としての適格性を持ち、CIA、CCSA(内部統制
評価指導士)、CFSA(公認金融監査人)などの認定資格の保持者
または上司等による「推薦状」を受けた方。

試験内容

PARTⅠ ガバナンス、リスク、コントロールにおける内部監査の役割
①IIA属性基準の遵守、②内部監査業務の優先順位付けのために
リスクベースの計画策定、③組織のガバナンスにおける内部監査
部門の役割の理解、④内部監査のその他の役割と責任、
⑤ガバナンス、リスク、コントロールに関する知識、⑥監査計画
PARTⅡ 内部監査の実施
①監査の実施、②個別業務の実施、③監査結果のモニタリング、
④不正の知識、⑤監査ツール
PARTⅢ ビジネス分析と情報技術
①ビジネスプロセス、②財務会計と財務、③管理会計、
④規制、法律、経済、⑤情報技術(IT)
PARTⅣ ビジネス・マネジメント・スキル
①戦略的マネジメント、②グローバルビジネス環境、③組織行動、
④マネジメント・スキル、⑤交渉
1. PARTⅠ~Ⅳは一度に受験する必要が無く、各科目ごとに受験可能。
2. 科目合格の有効期間は「最後に受験をした時」から2年間です。
3. CCSA、CFSA、内部監査士、公認会計士などの有資格者は申請に
よりPARTⅣの受験が免除されます。

タイトルとURLをコピーしました