ファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)とは?試験の難易度・合格率・勉強法・過去問・解答速報をご紹介!

ファイナンシャル・プランニング技能士(FP技能士)とは

FP技能士・ファイナンシャルプランニング技能士は、顧客の資産や家族構成などの情報から、 三大資金と言われる住居・教育・老後のライフプランや、資産運用のアドバイスを行います。 ファイナンシャル・プランナーの業務としては、銀行における出納・融資・営業などの業務全般、 保険会社におけるライフプランのコンサルティング、 FPコンサルティング会社における各種相談業務などがあります。

ファイナンシャル・プランニング技能検定の試験内容

ファイナンシャルプランナーの試験内容は、次の通りです。

1級学科試験

1級学科試験の基礎編の筆記試験(筆記)、応用編の筆記試験(筆記)は、ライフプランニングと資金計画、リスク管理、金融資産運用、タックスプランニング、不動産、相続・事業承継などについて問われます。

1級実技(口述、筆記)試験

1級実技(口述、筆記)試験は、資産相談業務(金融財政事情研究会実施)、資産設計相談業務(日本FP協会実施)などについて問われます。

2級学科(筆記)試験

2級学科(筆記)試験は、ライフプランニングと資金計画、リスク管理、金融資産運用、タックスプランニング、不動産、相続・事業承継などについて問われます。

2級実技(筆記)試験

2級実技(筆記)試験は、個人資産相談業務、中小事業主資産相談業務、生保顧客資産相談業務、損保顧客資産相談業務、資産設計相談業務などについて問われます。

3級学科(筆記)試験

3級学科(筆記)試験は、ライフプランニングと資金計画、リスク管理、金融資産運用、タックスプランニング不動産、相続・事業承継などについて問われます。3級実技(筆記)試験は、個人資産相談業務、保険顧客資産相談業務からの選択になります。関連業法との関係及び職業上の倫理を踏まえたファイナンシャル・プランニング、顧客のニーズおよび問題点の把握、問題解決策の検討・分析などについて問われます。

FP技能士・ファイナンシャルプランニング技能士は、ファイナンシャル・プランナーのための国家資格

FP技能士・ファイナンシャルプランニング技能士は、銀行や郵便局・保険会社などの 企業に勤務する企業系FP、 自ら事務所を開業する独立系FPに分類されることがあります。 また、FP技能士・ファイナンシャルプランニング技能士ということで、経済評論家としての活動を行っている方も多くいます。 あらゆる事業の職域に関わることが多く、税理士や弁護士などの専門家と共に業務を行うこともあります。 企業によってはこれらの資格が、多数の応募の中で有利に働くことは間違いないでしょう。

FP技能士・ファイナンシャルプランニング技能士は、ファイナンシャル・プランナーのための国家資格で、1級~3級があります。 FPのための資格としては、他に民間資格のCFP、AFPがありますが、いずれも業務独占資格ではないため、 これらの資格を有していなくてもFPとして業務を行うことができます。 ファイナンシャル・プランナーの求人を行っている企業の中でも、FP技能士・ファイナンシャルプランニング技能士、CFP、 AFPを応募条件としている企業は極めて少ないです。

-------------------
オフに行きたい「岬めぐりと灯台旅」あの場所を探してみませんか
今年の新しいトレンドとして「岬めぐりと灯台旅」が注目されています。
あなたも灯台旅のガイド本を参考にして、オフに行きたいあの場所を探してみてはいかがですか。
おすすめガイド本: 灯台旅 ー悠久と郷愁のロマンー、藤井和雄著、2023年11月発行、¥2,860
日本最北端流氷のオホーツク宗谷岬灯台から日本最南端サンゴ礁の石垣島御神埼灯台まで、
7年をかけて著者自ら現地を巡り撮影した、全国100カ所の灯台ストーリーは圧巻です。
掲載されている全国灯台100カ所の一覧は、こちらへ


灯台旅 ー悠久と郷愁のロマンー 【Amazon】
灯台旅 ー悠久と郷愁のロマンー 【Rakuten 楽天】
半島や岬の突端から大海原遥か彼方にまで光を届ける灯台の姿は、四方を海に囲まれた日本列島ならではのたぐいまれな魅力ある光景だと思います。灯台を訪ね歩いた巡礼の旅は、灯台の灯りを一身に受けた明るい未来に向き合う旅といえるでしょう。
-------------------


ビジネス・金融系
過去問と解答速報『資格試験_合格支援隊』
タイトルとURLをコピーしました