証券アナリスト試験


証券アナリストは、金融業界のプロフェッショナルとして株式市場や景気動向など、 経済分野を調査・分析することを業務としています。 証券アナリストは、証券会社や投資銀行などに雇用されるほか、個人のアナリストとして活動しますが、 彼らの調査・分析は会社のみならず、日本国中の経済に大きな影響を与えますので、責任の大きな仕事であるといえます。

証券アナリスト試験の受験情報

 証券アナリストとは、証券投資の分野において、高度の専門知識と報収集・分析・評価および多様な投資意思などを応用し、各種情報の分析と投資価値の評価を行い、投資助言や投資管理サービスを行う能力を認定する資格です。

 証券会社、投資信託会社、投資顧問会社、生命保険会社、銀行、コンサルティング会社、シンクタンクなどが就職先です。一般企業や法人などにも証券アナリスト資格の必要性が注目おり、証券アナリスト資格取得を義務づけつつある企業もあるようです。ファイナンス理論の修得において十分活用できるので、就職・転職にも有利です。

 証券アナリストは、証券投資の情報を分析・評価、企業の調査分析、投資手法を用いた商品化、資判断基準となる基礎的材料の提供、投資に関するアドバイスなど、多様な投資意思決定のプロセスに参画します。

 証券アナリスト1次レベル講座・試験の内容は、証券分析、ポートフォリオ・マネジメント、財務分析、経済などについて問われます。

 証券アナリスト2次レベル講座・試験の内容は、証券分析、ポートフォリオ・マネジメント、財務分析、経済、職業倫理・行為基準などについて問われます。

証券アナリスト試験の過去出題問題のサンプル

平成23年度 2次試験 問題 2限目 抜粋

【 No. 2 】

 竹田さん(検定会員)は、Z銀行の支店でファイナンシャル・コンサルタントの名刺で営業活動をしている5年目の社員である。最近は、投資信託の販売で支店が互いに競争している。竹田さんは今月の投資信託の販売目標まで5000万円が不足し、肩身の狭い思いをしていた。4月25日、取引先の鈴木商店の社長を訪ねた。たまたま経済知識の乏しい社長夫人から、「老後の生活資金として保有している5000万円の定期預金の金利が低すぎて、がまんできない」との愚痴を聞いた。社長夫人は、投資信託や株式・債券等の有価証券への投資経験は乏しいようだった。
 竹田さんは、5,000万円の投資信託を販売するチャンスが来たと思った。夫人が口座を開設したときの顧客属性ファイルの内容を確認することなく、鞄に入れていた成長株型のインド株式の投資信託パンフレットと目論見書を示し、「私も個人で買うつもりです」と言って、これを薦めた。その投資信託は、インドの成長性の高そうな新興IT企業を主な投資対象としている。どちらかといえば、ハイリスク・ハイリターンを目指すタイプである。支店に戻れば他の投資信託の資料も1 2種類あるが、自分の営業成績が頭にちらつき、今手持ちのパンフレットでいこうと決めた。夫人には、インドの長期金利と日本の長期金利について過去1年の推移を話し、「5%以上の金利差があるので、うまくいけば儲かります」と説明した。さらに、目論見書のポイントを解説し、定期預金を途中解約させて5,000万円の投資信託を約定した。
 9月30日、この投信に組み入れていたIT企業の業績が不振となり、基準価格は4月25日に比べて33%低下した。竹田さんは、これはまずいことになったと判断し、夫人に電話して、基準価格が低下している事実を伝えたが、夫人は激しい怒りを表明し、「投資信託が3割も値下がりするとは知らなかった」と主張した。

1.上記の竹田さんの4月25日の行為について、証券アナリスト職業行為基準(ただし、2.総則
  を除く)に抵触すると考えられる行為を具体的に2つ指摘し、該当条項(例えば、1(2)イ(ロ)
  のように末端の記号まで)を挙げて、その理由を簡潔に説明しなさい。

2.あなたが竹田さんの立場に置かれた場合、問題文に記載の状況設定の下で、4月25日
  に鈴木商店の社長夫人に投資推奨する時に、証券アナリスト職業行為基準を遵守する
  ために、どのような点に留意して発言しますか。二一ズ把握や投資推奨する商品の説明に
  関して、特に優先度の高い留意点を3つ挙げなさい。それぞれの留意点について、職業
  行為基準の該当条項(例えば、1(2)イ(ロ)のように端末の記号まで)と、あなたが適切だと
  考える発言の内容を記述しなさい。投資を奨める担当者として、全体の発言の流れが
  一貫性をもって適切に組み立てられているかどうかにも配慮すること。

証券アナリスト試験 参考書・問題集のランキング

参考書のランキング/証券アナリスト試験 第1次

問題集のランキング/証券アナリスト試験 第1次

参考書・問題集のランキング/証券アナリスト試験 第2次

証券アナリスト試験は証券分野の専門家で国家資格

証券アナリストとして評価を得るには、公益社団法人日本証券アナリスト協会から、検定会員として認定を受けるほか、 日本や海外の大学院でMBAを取得するなどして、調査・分析に関する実績を積む必要があります。 証券アナリストの資格は、専門の通信教育講座や講習を終え、1次試験と2次試験に合格した者が資格を取得できます。 資格を取得すると、就職にとても有利です。

証券アナリストとは、証券投信分野においての専門家で、国家資格になります。 国内外の経済や証券市場に関する情報を収集分析して、投資家へのアドバイスや管理を行います。 主な仕事内容は、担当業界と担当企業の業界動向の現状の分析と将来の動向を予測して、 その中に位置する担当企業の業績を予測し、株価の価値判断や助言を行います。 就職先は、証券会社や投資信託会社、銀行や生命保険会社、一般企業になります。


タイトルとURLをコピーしました