臨床検査技師試験


臨床検査技師とは、医療機関において様々な臨床検査を行う専門職です。 医師が診断や治療を適切に行うためには、患者を検査することで得られた情報を、正確に分析・評価する必要があります。 そうした臨床検査の業務は、かつては医師が自分の手で行っていましたが、近年では医療現場の分業化が進められるようになり、 臨床検査業務を行う専門職として、臨床検査技師という資格制度が設けられました。

臨床検査技師試験の概要

臨床検査技師とは、医師または歯科医師の指示により身体の構造や機能(血圧、心電図、肺活量、脳波や血液、尿、糞便、超音波、筋電図、聴力、眼底、眼圧検査、血圧測定など)に関する様々な生理情報を調べる専門家です。
臨床検査技師の有資格者は約1 5万人ほどいるため、この資格だけで就職先を見つけるのは難しく、細胞検査士などの専門化した資格取得することをお勧めします。臨床検査技師は、脳波や心電図、肺活量、脳波、エコー検査、血圧測定などの生体検査と、採取した血液や尿、血液、細胞を調べる検体検査などを行います。

臨床検査技師試験の内容は、医用工学概論、情報科学概論及び検査機器総論、臨床検査医学総論、臨床医学総論及び医学概論、臨床検査総論、検査管理総論及び医動物学、臨床生理学、臨床化学、放射性同位元素検査技術学、臨床血液学、臨床微生物学、臨床免疫学、公衆衛生学、関係法規、病理組織細胞学などについて問われます。

臨床検査技師 国家試験 過去出題問題のサンプル

平成23年度 午前 問題 抜 粋

【 No. 5 】   正解 : d

尿沈渣中の結晶で着色がみられるのはどれか。
1. シスチン
2. コレステロール
3. 尿酸アンモニウム
4. シュウ酸カルシウム
5. リン酸アンモニウムマグネシウム

【 No. 21 】   正解 : 1

安静換気を行っている坐位の健常人において正しいのはどれか。
1. 肺動脈圧は肺尖部よりも肺底部で高い。
2. 胸腔内の気道内圧は肺底部よりも肺尖部で高い。
3. 単位肺気量当たりの肺の血流量は肺底部よりも肺尖部で大である。
4. 単位肺気量当たりの肺の換気量は肺底部よりも肺尖部で大である。
5. 単位肺気量当たりの肺の換気・血流比は肺尖部よりも肺底部で高い。

【 No. 39 】   正解 : 3

ビリルビン測定の酵素法で用いられる波長はどれか。
1. 280nm
2. 340nm
3. 450nm
4. 540nm
5. 660nm

【 No. 56 】   正解 : 1

電子顕微鏡について誤っているのはどれか。
1. 試料はホルマリン固定する。
2. 透過型の試料は電子染色を行う。
3. 透過型は蛍光板を介して観察する。
4. 走査型の試料は薄切が不要である。
5. 走査型は試料表面の性状を観察する。

【 No. 80 】   正解 : 5

補体の古典経路と第2〈副〉経路の両方に必要なイオンはどれか。
1. カリウム
2. マンガン
3. カルシウム
4. アルミニウム
5. マグネシウム

【 No. 96 】   正解 : 4

増幅器の時定数で誤っているのはどれか。
1. 回路の抵抗値と静電容量の積に等しい。
2. 低域遮断周波数が規定される。
3. 基線動揺の抑制に効果がある。
4. 商用交流雑音を軽減させる。
5. 過渡応答に関与する。

臨床検査技師は高度な専門知識が必要で国家資格の取得が義務付けられている

臨床検査技師は、医師の指示のもとで患者や検体に対して検査を行い、そこで得られた情報を分析・評価し、 それを医師へとフィードバックするのが主な業務となります。 なお、臨床検査技師には、高度な専門知識が必要となるため、業務を行う場合には、国家資格を取得することが義務付けられています。 検査によって、医師が患者さんの体の状態を正確に知ることができたり、まだ症状が現れていない段階での異常を発見をし、 早期治療へ繋がることもある重要な役目といえます。

臨床検査技師は、医師の指示のもとに、様々な臨床検査を行うのが主な仕事となります。 臨床検査技師が行う主な検査は、2種類に分けられます。 一つは、血液や尿、採取した細胞など、患者さんから採取した検体を調べる検体検査です。もう一つは、心電図や脳波検査、超音波検査など、 患者さんに対して直接行う生理機能検査です。 どちらも患者さんの状態を把握するための大事な検査であり、 臨床検査技師にはただ検査結果を出すだけではなく、病気の兆候や体の異変を発見する能力も求められます。


タイトルとURLをコピーしました