理学療法士試験


高齢化社会を迎え、寝たきりを防止し、自立した生活を送れるようになるため、理学療法士による高齢者へのリハビリが重要です。 単に運動機能の回復だけではなく、モチベーションの向上や不安感を和らげるなど、精神面でのサポートも考えなければいけません。 理学療法士は、人間が自立して生きられるように、手助けする尊い仕事です。 理学療法士が活躍できる場は様々で、医療施設はもちろん、リハビリセンターや老人ホームで働くこともできます。

理学療法士試験の概要

理学療法士(PT)とは、病気や事故などによって障害を負った人の社会復帰を目的に、患者の運動機能回復治療を行う技術者です。一般病院、リハビリテーション専門病院、リハビリテーションセンター、サッカー・野球のチーム、専門学校などで働き、主に、マッサージや電気刺激治療、温熱、運動訓練などの治療を行います。

理学療法士国家試験の内容は、次の通りです。
筆記試験については、解剖学、生理学、運動学、病理学概論、臨床心理学、臨床医学大要、人間発達学、理学療法、リハビリテーション医学、リハビリテーション概論などについて問われます。
実技試験については、運動学、臨床心理学、臨床医学大要、人間発達学、理学療法、リハビリテーション医学などについて問われます。口述試験は、点字試験受験者に対し、実地問題を上記科目について行いわれます。

理学療法士の業務内容

医者の仕事が命を救うことだとするならば、理学療法士・作業療法士の仕事はその後のリハビリテーション(=身体機能回復のための訓練)です。
事故や脳出血などさまざまな理由で身体に障害をもった人に、生活に必要な身体機能を取り戻させて病院から自宅へ返します。
作業療法士が作業を主体にしてリハビリを行うのに対し、理学療法士はマッサージや温熱、電気刺激などの物理的治療を行います。
勤務場所は主に病院・身体障害者施設などになります。
医療系の職業ですが、医師のように急患に対応するような緊急性はありません。
このため夜間勤務などがほとんどなく定時に帰宅できることも魅力のひとつです。

理学療法士国家試験 過去出題問題のサンプル

平成23年度  理学療法士国家試験   抜 粋

【 No. 9 】   正解 : 3

78歳の女性。脳梗塞発症後に中等度の左片麻痩を呈した。回復期リハビリテーション病棟を経て自宅での生活に戻っている。現在、家族の促しがあれぱ1㎞の歩行が可能であるが、日常生活ではあまり外出しない。
この患者への理学療法で適切なのはどれか。
1.トレッドミル歩行
2.電動車椅子の導入
3.屋外での歩行練習
4.左片麻痩の回復促進
5.不整地でのパランス練習

【 No. 12 】   正解 : 4

40歳の女性。2年前から歩行障害を自覚し、黄色靱帯骨化症と診断され手術を予定している。特記すぺき併存症はみられない。
この患者の理学療法の目的で適切でないのはどれか。
1.痙性歩行の改善
2.下肢の筋力増強
3.胸部絞扼感の軽減
4.上肢の感覚障害の改善
5.骨盤底筋群の筋力増強

【 No. 20 】   正解 : 4

70歳の女性。上腕骨近位端骨折の治療後に肩関節拘縮を生じたために理学療法を開始した。理学療法を開始した翌日に「昨夜は肩が痛くて眠れませんでした」と訴えた。
理学療法士の対応で共感的態度はどれか。
1.「私の治療法が悪かったとお考えなのですか」
2.「肩の炎症が痛みの原因であると考えられますね」
3.「昨日が理学療法初日だったから痛かったのでしょう」
4.「痛みで眠れないということは大変っらかつたでしょうね」
5.「痛み止めの薬を出してもらえるよう医節に相談しますね」

【 No. 44 】   正解 : 3

大腿義足ソケットの初期屈曲角で正しいのはどれか。
1.腸腰筋が最も効率的に働くように設定する。
2.短断端例では標準断端よりも角度を小さくする。
3.切断側股関節の最大伸展角度に5゜加えた角度に設定する。
4.角度の不足によって過度の腰椎後弯が生じる。
5.角度の過大によって過度の膝継手不安定が生じる。

理学療法士は高い知識と専門性が必要

理学療法士(PT)とは、病気や事故などによって障害を負った人の社会復帰を目的に、患者の運動機能回復治療を行う技術者です。 一般病院、リハビリテーション専門病院、リハビリテーションセンター、サッカー・野球のチーム、専門学校などで働き、 主に、マッサージや電気刺激治療、温熱、運動訓練などの治療を行います。

理学療法士の仕事、やり甲斐のある仕事には違いありませんが、高い知識と専門性が必要となり、また責任感も求められます。 理学療法士はリハビリに関わるだけではなく、福祉用具の使用を提案したり、 バリアフリーなどの住宅改装に関するアドバイスを行う仕事もあります。 近ごろでは、生活習慣病の予防の指導や、自宅に訪問してのリハビリなども、理学療法士の仕事となってきています。


タイトルとURLをコピーしました