診療放射線技師とは?試験の難易度・合格率・勉強法・過去問・解答速報をご紹介!

診療放射線技師の業務は、大きく分けて単純撮影、特殊撮影、放射線治療と核医学検査に分けられます。 単純撮影は、一般的な骨の撮影や、胸部や腹部などの撮影も行います。 特殊撮影は、CTやMRIなどの特殊な医療機器を操作して、単純撮影よりも詳しく体の内部を調べることができます。 放射線治療と核医学検査に関しては、一般的な放射線業務とは少し異なり、体の外から非常に高い値の放射線を照射したり、 体の中に放射性物質を投与して、体の悪い部分を見つけ出します。 以上がおおまかな診療放射線技師の業務です。

診療放射線技師とは

診療放射線技師とは、さまざまな医療用機器や装置を扱いながら専門的な検査・診療を行う医療での理工学的専門知識と医学的基礎知識の双方を身に付けた医療技術者です。また資格を取得しなければ実践することが許されません。
診療放射線技師は、病院など診療関係のほかに医療機器関係や医薬品関係、原子力関係などで働き、 医師の指示のもと検査や治療のためにエックス線やCTスキャナーなどの特殊技術を使って診療や治療をサポートします。

診療放射線技師試験の内容

診療放射線技師試験の内容は、基礎医学大要、放射線生物学、放射線衛生学、放射線物理学、放射線化学、医用工学、診療画像機械学、画像工学、エックス線撮影技術学、診療画像検査学、放射線計測学、医用画像情報学、放射線治療技術学、核医学検査技術学、放射線安全管理学などについて問われます。

診療放射線技師は、医療機関において不可欠な存在

現在、放射線を用いた診療は広く普及しており、医療機関において、診療放射線技師は不可欠な存在となっています。 診療放射線技師は、高度な専門知識や技術が必要となる専門職であるため、業務を行うには、国家資格を取得することが義務付けられています。 診療放射線技師の資格を取得するためには、国が指定する養成機関で3年以上修習を行い、 その後に、国家試験を受験して合格する必要があります。

診療放射線技師は、医療機関における放射線を用いた治療や検査を行う専門職です。 検査に関する業務としては、レントゲン撮影やCTスキャンなどがあり、治療に関する業務としては、 ガン治療における放射線治療があげられます。 また、診療放射線技師の業務は、単純撮影、特殊撮影、放射線治療と核医学検査に分類されます。 例えば、腹部のCTを撮るときに造影剤という薬品を使用して体の中をより詳しく調べることができます。

-------------------
オフに行きたい「岬めぐりと灯台旅」あの場所を探してみませんか
今年の新しいトレンドとして「岬めぐりと灯台旅」が注目されています。
あなたも灯台旅のガイド本を参考にして、オフに行きたいあの場所を探してみてはいかがですか。
おすすめガイド本: 灯台旅 ー悠久と郷愁のロマンー、藤井和雄著、2023年11月発行、¥2,860
日本最北端流氷のオホーツク宗谷岬灯台から日本最南端サンゴ礁の石垣島御神埼灯台まで、
7年をかけて著者自ら現地を巡り撮影した、全国100カ所の灯台ストーリーは圧巻です。
掲載されている全国灯台100カ所の一覧は、こちらへ


灯台旅 ー悠久と郷愁のロマンー 【Amazon】
灯台旅 ー悠久と郷愁のロマンー 【Rakuten 楽天】
半島や岬の突端から大海原遥か彼方にまで光を届ける灯台の姿は、四方を海に囲まれた日本列島ならではのたぐいまれな魅力ある光景だと思います。灯台を訪ね歩いた巡礼の旅は、灯台の灯りを一身に受けた明るい未来に向き合う旅といえるでしょう。
-------------------


医療・福祉系
過去問と解答速報『資格試験_合格支援隊』
タイトルとURLをコピーしました