薬剤師試験


薬剤師とは、医師の処方せんに基づいて調剤したり、医薬品の供給、薬事衛生面をつかさどり、 国民の健康な生活を確保する厚生労働省管轄の国家資格です。
病院や地域の薬局、学校などで仕事し、病院内外の調剤薬局やドラッグストアなどで調剤業務全般、レジ打ち、 商品補充、指導などを行います。また在宅患者の為に訪問し、薬剤の指導なども行います。

薬剤師国家試験の概要

 薬剤師とは、医師の処方せんに基づいて調剤したり、医薬品の供給、薬事衛生面をつかさどり、国民の健康な生活を確保する厚生労働省管轄の国家資格です。
病院や地域の薬局、学校などで仕事し、病院内外の調剤薬局やドラッグストアなどで調剤業務全般、レジ打ち、商品補充、指導などを行います。また在宅患者の為に訪問し、薬剤の指導なども行います。

 薬剤師国家試験の内容は、次の通りです。
基礎薬学として、物質の構造と性質、天然医療資源、生体の構造と機能などが問われます。
医療薬学として、医療薬学総論、疾病と病態、医薬品の有効・安全性、薬剤調製・管理などが問われます。
衛生薬学として、保健衛生、栄養素と食品の化学、ヒトと環境などが問われます。
薬事関係法規・制度として、総論、制度、法律などが問われます。

薬剤師は薬剤の専門家として多岐に渡る業務がある

薬剤師の業務については、免許を生かす職場として、病院や調剤薬局、ドラッグストア、 薬品の製造工場などで管理業務を行うなどの職場があげられます。 主な職場である病院では、調剤業務以外にも、薬剤の情報を提供するDI業務や薬剤管理業務、 注射剤を無菌状態で混ぜる混合業務など、さまざまな業務があります。

薬剤師の最もポピュラーな業務は、調剤です。しかし、処方箋に従って正確に調剤するだけが業務ではなく、 患者の服薬状況をまとめた記録と照合して、安全性を確保して適正に使用されるように服薬指導を行います。 調剤薬局では調剤業務はもちろんのこと、地域の医療機関として住民の健康や衛生にかかわる仕事や、 在宅医療に携わることや、学校薬剤師など地域に密着した業務を果たしています。

病院勤務の薬剤師の場合には、通常の調剤業務の他に、薬の成分について患者に直接説明を行ったり、注射薬の管理を行ったりします。 薬局の場合は、調剤業務の他に、在宅患者を訪問して服薬指導や薬剤管理指導を行います。 薬剤師の業務は、安全性、有効性、服用している薬との相互作用、体質やアレルギー歴などを、記録や対話の中で照合していきます。 チーム医療の中で薬剤師という立場から、薬剤の専門家としての意見を反映させる役割などを担っています。


タイトルとURLをコピーしました