土地家屋調査士とは?試験の難易度・合格率・勉強法・過去問・解答速報をご紹介!

土地家屋調査士は、所定の研修や試験を経て登録することになります。 近年では、土地の筆界をめぐる民事紛争のなかで、土地家屋調査士が、 民間紛争解決手続であるADRの代理を行うという業務も生まれており、調査士の活躍の幅が広がりつつあります。 隣地との境界を確定する場合、権限をもった土地家屋調査士の役割が、必要不可欠になります。

土地家屋調査士とは

土地家屋調査士とは、土地の境界に最も詳しいスペシャリストです。土地や建物がどこにどれぐらいあるのか?ということを登記簿上に明らかにする仕事ができる資格です。土地・建物の所有者に代わって、表示に関する登記の申請手続きや調査・測量をしたりできます。

土地家屋調査士は、測量会社、地図会社、土木建設会社、建設コンサルタント、土地家屋調査士事務所などで業務を行います。不動産(土地・建物)の所在・種類(用途)面積に関して調査・測量を行い、その結果に基づいて図面を作製し、法務局に登記を申請します。

土地家屋調査士試験の内容は、次の通りです。

午前試験(多肢選択式、記述)では、平面測量(トランシットおよび平板を用いる図根測量を含む)、作図(縮図及び伸図並びにこれに伴う地図の表現の変更に関する作業を含む。)などが出題されます。

午後試験(多肢選択式、記述)では、民法に関する知識、登記の申請手続(登記申請書の作成に関するものを含む。)及び審査請求の手続に関する知識、その他土地家屋調査士法第3条第1項第 1号から第6号までに規定する業務を行うのに必要な知識及び能力などについて問われます。

口述試験では、民法に関する知識、登記の申請手続(登記申請書の作成に関するものを含む。)及び審査請求の手続に関する知識、その他土地家屋調査士法第3条第1項第1号から第6号までに規定する業務を行うのに必要な知識及び能力などについて問われます。

土地家屋調査士になるには

土地家屋調査士は、不動産の状況を正確に登記に反映させることを目的に、土地の調査・測量や登記の代理を行い、 土地の筆界を確定させることなどを業務としています。 特に、登記簿記載のとおり一筆買いする場合を除いて、通常の土地取引では、土地の形状や地積を測量で求め、 隣地との間の境界を、関係者の立会により同意の上で確定するという作業が伴います。

土地家屋調査士の資格試験は、例年8月に行われる筆記試験と11月に行われる口述試験があります。 土地家屋調査士の受験資格は、他の資格と比べて比較的緩くなっており、実務経験や学歴を問われることはありません。 試験に合格をした後は、土地家屋調査士の登録を済ませることで、土地家屋調査士を名乗ることができます。 取得をすれば、すぐに独立開業ができる資格ですが、実務経験がない場合は、調査士事務所に所属して、数年程は実務経験や 開業のノウハウを学ぶという道が現実的です。

-------------------
オフに行きたい「岬めぐりと灯台旅」あの場所を探してみませんか
今年の新しいトレンドとして「岬めぐりと灯台旅」が注目されています。
あなたも灯台旅のガイド本を参考にして、オフに行きたいあの場所を探してみてはいかがですか。
おすすめガイド本: 灯台旅 ー悠久と郷愁のロマンー、藤井和雄著、2023年11月発行、¥2,860
日本最北端流氷のオホーツク宗谷岬灯台から日本最南端サンゴ礁の石垣島御神埼灯台まで、
7年をかけて著者自ら現地を巡り撮影した、全国100カ所の灯台ストーリーは圧巻です。
掲載されている全国灯台100カ所の一覧は、こちらへ


灯台旅 ー悠久と郷愁のロマンー 【Amazon】
灯台旅 ー悠久と郷愁のロマンー 【Rakuten 楽天】
半島や岬の突端から大海原遥か彼方にまで光を届ける灯台の姿は、四方を海に囲まれた日本列島ならではのたぐいまれな魅力ある光景だと思います。灯台を訪ね歩いた巡礼の旅は、灯台の灯りを一身に受けた明るい未来に向き合う旅といえるでしょう。
-------------------


環境・建築・不動産系
過去問と解答速報『資格試験_合格支援隊』
タイトルとURLをコピーしました