公害防止管理者とは?試験の難易度・合格率・勉強法・過去問・解答速報をご紹介!


公害防止管理者は、特定の工場に配置が義務付けられた資格保有者です。 公害の発生が懸念される工場では、公害防止管理者を配置することが義務付けられています。 資格は国家資格であり、試験に合格したものでなければ、公害防止管理者となることはできません。 公害防止管理者の資格を持っていると、国家資格の技術士の資格を取得する際に、 一次試験の共通科目が免除されるメリットがあります。

公害防止管理者試験の概要

公害防止管理者試験の内容は、次の通りです。

大気関係公害防止管理者の試験内容は、公害総論、大気概論、大気特論、ばいじん・粉じん特論、大気有害物質特論、大規模大気特論などが問われます。
水質関係第1種公害防止管理者の試験内容は、公害総論、水質概論、汚水処理特論、水質有害物質特論、大規模水質特論などが問われます。
騒音・振動関係公害防止管理者の試験内容は、公害総論、騒音・振動概論、騒音・振動特論などが問われます。
公害防止主任管理者の試験内容は、公害総論、大気・水質概論、大気関係技術特論、水質関係技術特論などが問われます。
特定粉塵公害防止管理者の試験内容は、公害総論、大気概論、ばいじん・粉じん特論などが問われます。
一般粉塵公害防止管理者の試験内容は、公害総論、大気概論、ばいじん・粉じん特論などが問われます。
ダイオキシン類関係公害防止管理者の試験内容は、公害総論、ダイオキシン類概論、ダイオキシン類特論などが問われます。

公害防止管理者とは

公害防止管理者は、工場等の生産活動から生じる排気ガス、排水、粉じん、騒音、振動等が、周辺の地域環境に 公害を引き起こさないように、管理監督することを主たる業務としています。 ダイオキシンの発生を防ぐことも、業務のひとつです。 工場内で働く従業員の健康被害を防ぐことも業務の一環であり、人事的な側面も有する業務であるといえます。

公害防止管理者になるには

公害防止管理者になるには、国家資格に合格するか、一定の資格をもつものを対象とした認定講習を受ける必要があります。 公害防止管理者の仕事内容は、公害防止組織の設置が義務付けられた工場において、排出するガスや水に含まれる、 ダイオキシンの量や配水などの汚染具合・ばい煙の量・粉じんの量などを測定します。 燃料や原材料の検査も、業務のひとつになります。 公害防止組織の設置が義務付けられた工場を運営する企業や、環境関連の企業で働くことができます。

公害防止管理者試験の内容

公害防止管理者試験の内容は、次の通りです。
水質関係の公害防止管理者の試験内容は、 公害総論、水質概論、汚水処理特論、水質有害物質特論、大規模水質特論などが問われます。
公害防止主任管理者の試験内容は、公害総論、大気・水質概論、大気関係技術特論、水質関係技術特論などが問われます。
一般粉塵の公害防止管理者の試験内容は、公害総論、大気概論、ばいじん・粉じん特論などが問われます。
ダイオキシン類関係の公害防止管理者の試験内容は、公害総論、ダイオキシン類概論、ダイオキシン類特論などが問われます。

タイトルとURLをコピーしました