色彩検定


色彩検定は、学生の受験数が多くなっていますが、就職後に検定取得を目指す人も増えてきています。 ウェブの管理を自社で行う企業が増えてきていますが、ウェブサイト制作には色の知識が不可欠です。 また、ポスターやパンフレットの作成の際にも、色の知識は必要になります。 卑近な事例では、自分で名刺を作る際にも、色の知識があれば、きれいでインパクトのある名刺を作ることができるでしょう。 色彩検定を取得することは、仕事の様々な側面で活きてくるのです。

色彩検定の概要

 色に関するスペシャリストのことを、カラーコーディネーターという総称で呼ぶことがありますが、これは国家試験のようなライセンスではありません。しかし、色彩検定は、色に関する知識や技能を社会的に評価する尺度として確実に社会的な認知を得ています。

 色彩検定試験には、その程度や難易度から3級・2級・1級と3つの級があります。ちょっと面白そうだなと思った方は色の勉強をはじめるチャンスかもしれません。まずは基礎の3級から色の世界を覗いてみてください。

色彩検定は、色の知識に関する試験で文部科学省が後援している検定試験

色彩検定は、文部科学省が後援する、色の知識に関する検定試験です。 最近は、インターネットを利用する人が増え、WEB関連の作成をする企業が多くなってきました。 利用者がわかりやすく、見やすいサイトを作るには、色合いを考えることが大切です。 色彩検定を取得すれば、WEBサイトを構築する上で役に立つことも多くなっています。

色彩検定は、色の知識というと、デザイナーやクリエイターといった、特殊な業務でしか活用できないと考えられがちですが決してそうではなりません。 色彩検定の中には難易度の高い級もあります。 高難易度の検定を取得しておくことによって、就職が有利に進められる企業も珍しくはありません。 それは、色彩検定は重要なものと位置づける企業が多くなっているからです。


◇ よく読まれている関連記事と広告


生活・食品・旅行・交通
過去問と解答速報『資格試験_合格支援隊』
タイトルとURLをコピーしました