海技士試験・海技従事者試験 01


海技士試験・海技従事者試験の受験情報

受験資格:
年齢制限なしの資格
  1級~6級海技士(航海)、1級~6級海技士(機関)
  船橋当直3級海技士(航海)、機関当直3級海技士(機関)
  内燃機関2級~6級海技士(機関)
17歳9ヶ月以上で乗船経歴の必要な資格
  1級~3級海技士(通信)、1級~4級海技士(電子通信)
乗船経験1~3年以上(規定以上の大ききさの船に乗船して)
  1級~6級海技士(航海)、1級~6級海技士(機関)
  1級~3級海技士(通信)

試験内容:
学科試験 … 多肢選択式
1級~6級海技士(航海)
  学科試験 … 計測機器、船舶知識(動力、設備、構造等)、
           気象知識、緊急時の知識
  口述試験 … 筆記試験と同じ範囲
  身体検査 … 視力、聴力、疾患の有無。
1級~6級海技士(機関)
  学科試験 … 機関知識、電気工学、甲板機械、製図、熱力学、英語
  口述試験 … 筆記試験と同じ範囲
  身体検査 … 視力、聴力、疾患の有無。
1級~3級海技士(通信)
  学科試験 … 船舶知識(動力、設備、構造等)、気象知識、
           緊急時の知識
  身体検査 … 視力、聴力、疾患の有無。
1級~4級海技士(電子通信)
  学科試験 … 船舶知識(動力、設備、構造等)、気象知識、
            緊急時の知識
  身体検査 … 視力、聴力、疾患の有無。
2級~6級海技士(内燃機関)
  学科試験 … 機関知識、電気工学、甲板機械、製図、熱力学、
            英語、製図、緊急時知識
  口述試験 … 筆記試験と同じ範囲
  身体検査 … 視力、聴力、疾患の有無。
機関当直3級海技士(機関)
  学科試験 … 機関知識、電気工学、甲板機械、製図、熱力学、
            英語、製図、緊急時知識
  口述試験 … 筆記試験と同じ範囲
  身体検査 … 視力、聴力、疾患の有無。
船橋当直3級海技士(航海)
  学科試験 … 機器知識、構造知識、航法、気象、法知識、英語、
            貨物、緊急時の知識
  口述試験 … 筆記試験と同じ範囲
  身体検査 … 視力、聴力、疾患の有無。

海技士試験・海技従事者試験 参考書・問題集のランキング

海技士試験・海技従事者試験の参考書や問題集が、すべての級で揃っています。
海技士試験・海技従事者試験 の本 つづきへ

参考書のランキング/海技士試験

参考書・問題集のランキング/海技士試験 航海

参考書・問題集のランキング/海技士試験 機関

参考書のランキング/海技士試験 口述


海技士試験・海技従事者試験の参考書や問題集が、すべての級で揃っています。
海技士試験・海技従事者試験 の本 つづきへ

海技士試験の過去問と重要項目

海上交通安全法

海上交通安全法 (第2条)
・巨大船とは、長さ〔200〕メートル以上の船舶である。
2.漁ろう船とは、〔漁ろうに従事している船舶〕〔一定の工事・作業船〕である。
3.〔一定の工事・作業船〕とは、許可を受けて〔運輸省令〕で工事又は作業を行う船舶であり、その工事又は作業の性質上接近してくる他の船舶の進路を避けることが容易でない船舶である。

海上交通安全法 (第2条) 「漁ろう船等の意義」
・漁ろう船等とは、漁ろうに従事している船舶の他、〔工事又は作業〕を行っているため接近してくる他の船舶の進路を避けることが〔容易〕でない運輸省令で定める船舶で運輸省令で定めるところにより〔灯火又は形象物〕を表示しているものをいう。

海上交通安全法 (第3条)
・航路外から航路に入り、航路から航路外に出、若しくは航路を〔横断〕しようとし、又は航路をこれに〔沿わない〕で航行している船舶(漁ろう船等を除く) は、航路をこれに沿って航行している船舶と衝突するおそれがあるときは、当該他の〔進路〕を避けなければならない。
・航路外から航路に入り、航路から航路外に出、若しくは航路を〔横断〕しようとし、若しくは航路をこれに沿わないで航行している漁ろう船等又は航路で〔停留〕している船舶は航路をこれに沿って航行している巨大船と衝突するおそれがあるときは、当該巨大船の進路を避けなければならない。

海上交通安全法 (第3条)
・航路に出入し、又は航路をこれに沿わないで航行している「漁ろう船等」と航路をこれに沿って航行している「巨大船」と衝突するおそれがある場合は、〔漁ろう船等〕が避航船となる。
・航路をこれに沿って航行中の「長さ150メートルの動力船」と航路外から航路に入ろうとする「漁ろうに従事する船」とが衝突するおそれがあるときは、〔長さ150メートルの動力船〕が避航船となる。
・航路をこれに沿って航行している「漁ろうに従事している船」と航路をこれに沿わないで航行している「巨大船」とが衝突するおそれがあるときは、〔巨大船〕が避航船となる。
・航路をこれに沿って航行している「巨大船以外の船」と航路外から航路 に入ろうとする「巨大船」とが衝突のおそれがあるときは、〔巨大船〕が避航船となる。

海上交通安全法 (第14条,則第8条) 航路管制信号
・昼間、伊良湖水道航路管制信号所で行う「毎2秒に白色光一閃の信号又は黒色の〔方形〕形象物1個の掲揚は、伊良湖水道航路を〔北西〕の方向に航行しようとする長さ〔130〕メートル以上の船舶(巨大船を除く。) が航路外で待機しなければならないことを指示している。
・昼間、伊良湖水道航路管制信号所で行う「毎2秒に白色光一閃又は黒色の〔上向き円すい形〕形象物1個の掲揚は、伊良湖水道航路を〔南東〕の方向に航行しよ うとする長さ〔130〕メートル以上の船舶(巨大船を除く。)が、航路外で待機しなければならないことを指示している。

海上交通安全法 (第13,15,16,18条)
・明石海峡航路をこれに沿って航行するときは、同航路の〔中央から右の部分〕を航行し なければならない。
・備讃瀬戸東航路をこれに沿って航行するときは、同航路の〔中央から右の部分〕を航行しなければならない。
・伊良湖水道航路をこれに沿って航行するときは、同航路の〔できる限り中央から右の部分〕を航行しなければならない。
・水島航路をこれに沿って航行するときは、同航路の〔できる限り中央から左の部分〕を航行しなければならない。

海上交通安全法 (第27条)
・昼間、海上交通安全法適用海域を航行中の巨大船は、標識として、〔黒色の円筒形形象物を2個、1.5m以上〕隔てて連掲しなければならない。
・また、この船舶が同時に喫水制限船であることを表示しようとするときは、巨大船の標識に加えて更に、〔黒色の円筒形形象物1個〕を巨大船の標識とは別個に掲げなければならない。

海上衝突予防法

海上衝突予防法 (第3条) 用語
・機関を用いて推進する船舶をいう。〔動力船〕
・この法律においては、船舶の全長をいう。 〔長さ〕
・船舶が互いに視覚によって他の船舶を見ることができる状態にあることをいう。〔互いに他の船舶の視野の内にある〕
・船舶が水上にあって、びょう泊をし、陸岸に係留をし、または乗り揚げていない状態。〔航行中〕
・霧、もや、降雪、暴風雨、砂あらし、その他これらに類する事由により視界が制限されている状態。〔視界制限状態〕

海上衝突予防法 (第3条)
・自船の喫水と利用できる水深との関係により、一時的に進路から離れることが著しく制限されている動力船。〔喫水制限船〕
・船舶の操縦性能を制限する網、なわ、その他の漁具を用いて漁ろうをしている船舶。〔漁ろうに従事している船舶 〕
・船舶の操縦性能を制限する故障その他異常事態 により他の船舶の進路を避けることができない船舶。〔運転不自由船〕
・航路標識敷設、しゅんせつ、掃海作業など作業の性質により他の船舶の進路を避けることができない船舶。〔操縦性能制限船 〕

海上衝突予防法 (第8条) 衝突を避けるための動作
・船舶は広い水域において針路の変更を行う場合においては、それにより新たに他の船舶に著しく接近することとならず、かつ、それが〔適切〕な時期に大幅に行われる限り〔針路〕のみの変更が他の船舶に著しく接近することを避けるための最も有効な動作となる場合があることを考慮しなければならない。 (第3項)
・船舶は周囲の状況を判断するため、又は他の船舶との衝突を避けるために必要な場合は、〔速力〕を滅じ、又は〔機関〕の運転を止め、若しくは機関を〔後進〕にかけることにより停止しなければならない。 (第5項)

海上衝突予防法 (第15条) 横切り船の航法
・2隻の動力船が互いに進路を横切る場合において〔衝突〕するおそれがあるときは、他の動力船を〔右げん側〕に見る動力船は、当該他の動力船の〔進路〕を避けなければならない。
・この場合において、他の動力船の〔進路〕を避けなければならない動力船は、やむを得ない場合を除き、当該他の動力船の〔船首方向〕を横切ってはならない。

海上衝突予防法 (第16条)
・他の船舶の進路を避けなければならない船舶(避航船)の避航動作は、他の船舶から十分に〔遠ざかる〕ため、できる限り〔早期〕に、〔大幅〕に動作をとること。

海上衝突予防法 (第19条)
船舶は他の船舶と衝突するおそれがないと判断した場合を除き、他の船舶が行う視界制限状態における音響信号を自船の正横より前方に聞いた場合、又は自船の正横より前方にある他の船舶と著しく接近することを避じることができない場合にとるのは、次の動作である。
 ・最小速力に落とし、衝突の危険がなくなるまでは、十分に注意して航行する。
 ・必要に応じて停止する。
 

海上衝突予防法 (第25条)
・航行中の長さ7メートル未満の帆船は、できる限り、〔げん灯〕1対を表示し、かつ、できる限り船尾近くに〔船尾灯〕1個を表示しなければならない。ただしこれらの灯火又は次項に規定する三色灯を表示しない場合は、〔白色の携帯電灯〕又は点火した白灯を直ちに使用することができるように備えておき、他の船舶との衝突を防ぐために〔十分な時間〕これを表示しなければならない。
・機関及び帆を同時に用いて推進している動力船(次条第1項若しくは第 2項又は第27条第1項から第4項までの規定の適用があるものを除く。) は、前部の最も見えやすい場所に〔黒色の円すい形〕の形象物1個を頂点を下にして表示しなければならない。

海上衝突予防法 (第26,27条)
夜間に、対水速力を有しない場合、げん灯又は両色灯及び船尾灯を掲げてはならない船を、つぎのものである。
 ・無風時の帆船
 ・機関が故障している船
 ・トロールで漁ろうしている船
 ・航路標識の敷設作業中の船

海上衝突予防法 (第34条)
・船舶が障害物があるため、他の船舶を見ることができない狭い水道 等のわん曲部その他の水域に接近する場合、行わなければならない信号は、長音1回の汽笛信号であ。
・この信号を聞いた場合の他の船舶の信号は、長音1回の汽笛信号により応答である。

港則法

港則法 (第5,9,10条)
・船舶は、特定港内においては、命令の定めるところにより、一定の区域内に停泊しなければならないが、それは〔船舶のトン数〕〔積載物の種類〕に従って定められている。
・港内においては、雑種船及びいかだをみだりに〔係船浮標〕に係留してはならない。
・また、〔他の船舶の交通〕の妨げとなるおそれのある場所に、雑種船及びいかだをみだりに停泊させてはならない。
・特定港内に停泊している船に対し、港長が移動を命ずることがあるのは、次のような場合である。
 ① 港内に〔火災その他緊急事態〕が発生し、その付近の船舶を退避させる必要があると認める場合。
 ② 〔台風の来襲〕がほぼ確実で船舶を港外に退避させる必要があると認める場合。
 ③ 〔津波警報〕が発せられ、港内にいることが危険であると認める場合。

港則法 (則第7条)
・船舶は港内において暴風雨の来襲及び警報信号のあった際には、適当な〔予備びょう〕を投下する準備をしなければならない。
・汽船はさらに〔蒸気の発生〕、その他すぐ運航できるようにしておかねばならない。

港則法 (第12条)
〔雑種船以外の船舶〕が特定港に出入し、又は特定港を通過する場合には、命令の定める航路によらなければならない。

港則法 (第13条)
・船舶は特定港の航路内において、〔投びょう〕し、又は〔えい航〕している船舶を放してはならないが、この携定が適用されないのは、次のような場合である。
 ① 人命、他船の〔救助〕に従事するとき
 ② 〔運転の自由〕を失ったとき
 ③ 〔海難〕を避けようとするとき
 ④ 港長の許可を受けて〔工事や作業〕に従事するとき

港則法 (第14条)
特定港の航路への出入及び航路内航行の場合、守らなければならない航法規定について
・航路内においては、他の船舶を〔追い越し〕てはならない。
・航路内において、他の船舶と行き会うときは、〔右側を航行〕しなければならない。
・航路内においては、〔並列して〕航行してはならない。
・航路外から航路に入り、又は航路から航路外に出ようとする船舶は、航路を航行する他の船舶の〔進路〕を避けなければならない。

港則法 (第16,17条)
・帆船は、港内では〔帆を減じ〕又は〔引き船〕を用いて航行しなければならない。
・船舶は、港内においては防波堤、ふとうその他の工作物の突端又は停泊船付近では、防波堤などを右げんに見るときは、できるだけこれに〔近寄って〕航行しなければならない。
・防波堤などを左げんに見るときは、できるだけこれに〔遠ざかって〕航行しなければならない。

港則法 (第18条,則第8条の2)
・雑種船は、港内においては、〔雑種船以外の船舶〕の進路を避けなければならない。
・特定港内において、小型船は小型船と出会う場合を除き、〔小型船、雑種船以外の船舶〕の進路を避けなければならない。
・特定港内において、小型船とは、総トン数〔500〕トンを超えない範囲で命令の定めるトン数以下の船である。
・命令の定める船舶交通が著しく混雑する特定港内を〔小型船及び雑種船以外〕の船舶が航行する場合は、〔国際信号旗〕の数字旗をマストに見えやすいように掲げなければならない。


タイトルとURLをコピーしました