カラーコーディネーター検定


どんな色が好まれるのか。対象の条件に目的に、もっとも適合する色とは。 商品のもつ色彩的特性は。快適な行動空間を演出できる色とは。現代が抱える色彩の問題すべてに答えられる人。 色をつくる、見せる、演出して、色彩の魅力を引き出す人。それがカラーコーディネーターです。

カラーコーディネーター検定の概要

 社会やマスコミに、ネット上に、店やウインドウに、私たちを取り巻くすべての場所に今や色彩が満ちあふれています。今日、色彩に目をつぶったり、その発言に耳を閉ざしては生活できません。色彩はたえず見えて、語りかけます。赤や緑の色彩がある。それだけで私たちは楽しくなれます。黄や青が私たちの気持ちを表してくれます。強い色、弱い色の違いが、気持ちを元気づけ、心にうるおいを与えてくれます。食べ物に栄養価を考えるように、色彩もコントロールできるのです。
 どんな色が好まれるのか。対象の条件に目的に、もっとも適合する色とは。商品のもつ色彩的特性は。快適な行動空間を演出できる色とは。現代が抱える色彩の問題すべてに答えられる人。
 色をつくる、見せる、演出して、色彩の魅力を引き出す人。それがカラーコーディネーターです。

カラーコーディネーター検定試験 参考書のランキング

参考書のランキング/カラーコーディネーター アドバンスクラス

参考書ランキング/カラーコーディネーター スタンダードクラス

カラーコーディネーター検定試験に合格すると色彩の専門家として活躍の場を広げられる

資格としては、商工会議所が主催するカラーコーディネーター検定試験や、全国服飾教育者連合会が主催する色彩検定があります。 前者は工業分野に強いのに対し、後者はファッションデザイン団体が母体であることから、ファッション分野に強みを持っています。 カラーコーディネーターには、1級・2級・3級の検定試験があります。 資格をとると、さまざなビジネスシーンで活躍することができます。

カラーコーディネーターは、それぞれのニーズにあったイメージをコーディネートする、色彩の専門家になります。 カラーコーディネーターの仕事内容は、商品開発・販売・広告などにおける色彩提案や、インテリア・照明・建築・都市開発などにおける カラープランニングなどをおこないます。 就職先は、一般企業やデザイン系企業になります。 色彩講師やカラーセラピストなど、色彩の専門家になることもできます。

カラーコーディネーターとは、色彩に関する実践的な知識を有し、業務に活かすものを総称します。 建築やインテリア、オフィスなどにおいて商品を引き立たせる並べ方、照明の明るさや誘導表示の色など、 色に関する知識を活用して、カラーコーディネーターは、より効果的な商品陳列や製品説明を行います。 また、講師としての活躍の場もあります。


◇ よく読まれている関連記事と広告


生活・食品・旅行・交通
過去問と解答速報『資格試験_合格支援隊』
タイトルとURLをコピーしました