管理栄養士試験


管理栄養士の主な就職先は、病院や診療所などの医療機関や福祉施設、学校、企業の研究機関、都道府県の保健所など、 民間から行政まで多岐にわたります。 医療機関では、傷病者のために必要な栄養管理や、健康の保持ための栄養指導を行います。 学校では、給食の管理を行うなど、特定の多人数に対して食事を供給する施設において、栄養指導や管理を行います。

管理栄養士試験の概要

 管理栄養士は、傷病者に対する療養のため必要な栄養の指導、個人の身体の状況、栄養状態等に応じた高度の専門的知識及び技術を要する健康の保持増進のための栄養の指導などを行う者として位置付けられています。
 管理栄養士の資格が、登録制から免許制になり、管理栄養士国家試験の受験資格が変更になっています。
 管理栄養士試験の試験科目は、次のとおりです。社会環境と健康、人体の構造と機能及び疾病の成り立ち、食べ物と健康、基礎栄養学、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学、給食経営管理論、などについて問われます。

 栄養士は、都道府県知事の免許を受けて、栄養士の名称を用いて栄養の指導などを行う者です。管理栄養士とは、厚生労働大臣の免許を受けて、管理栄養士の名称を用いて、傷病者に対する療養のため必要な栄養の指導、身体の状況、栄養状態、衛生面・改善指導等を行う者をいいます。官公庁、保健所、教育委員会、病院、学校、工場、事業所、福祉施設、スポーツ 施設、大学、研究所、食品会社、寿司職人、フードコーディネーター、食品衛生管理者などで、栄養指導や患者の個別の状況を考慮した献立献立作成します。

 管理栄養士試験の内容は、次の通りです。
 社会・環境と健康、人体の構造と機能及び疾病の成り立ち、食べ物と健康、基礎栄養学、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学、給食経営管理論などが出題されます。

管理栄養士は知事免許の栄養士とは違い、国家資格の一種

管理栄養士は、栄養面に関して専門知識と技術を要する国家資格になります。 四年制の専門学校か、四年制大学のどちらかで学び、試験に合格する必要があります。 国が唯一認める栄養関連の国家資格なので、管理栄養士の需要は極めて多く、高齢化社会や生活習慣病増加に伴い、ニーズは高まっています。 年齢を問わず、就職や転職に有利で、正社員、アルバイト、パートなど自身のライフスタイルに合わせて仕事ができます。

管理栄養士は、国家資格の一種で、栄養指導や給食メニューの栄養管理を行える資格です。 栄養士と似ていますが、栄養士は知事免許で、大学・専門学校などの養成施設を卒業すると取得できます。 一方管理栄養士は、栄養士免許を取った上で、養成施設の所定在学期間と実務経験があわせて5年以上ないと、受験できません。


◇ よく読まれている関連記事と広告


生活・食品・旅行・交通
過去問と解答速報『資格試験_合格支援隊』
タイトルとURLをコピーしました