管理栄養士試験


管理栄養士の主な就職先は、病院や診療所などの医療機関や福祉施設、学校、企業の研究機関、都道府県の保健所など、 民間から行政まで多岐にわたります。 医療機関では、傷病者のために必要な栄養管理や、健康の保持ための栄養指導を行います。 学校では、給食の管理を行うなど、特定の多人数に対して食事を供給する施設において、栄養指導や管理を行います。

管理栄養士試験の概要

 管理栄養士は、傷病者に対する療養のため必要な栄養の指導、個人の身体の状況、栄養状態等に応じた高度の専門的知識及び技術を要する健康の保持増進のための栄養の指導などを行う者として位置付けられています。
 管理栄養士の資格が、登録制から免許制になり、管理栄養士国家試験の受験資格が変更になっています。
 管理栄養士試験の試験科目は、次のとおりです。社会環境と健康、人体の構造と機能及び疾病の成り立ち、食べ物と健康、基礎栄養学、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学、給食経営管理論、などについて問われます。

 栄養士は、都道府県知事の免許を受けて、栄養士の名称を用いて栄養の指導などを行う者です。管理栄養士とは、厚生労働大臣の免許を受けて、管理栄養士の名称を用いて、傷病者に対する療養のため必要な栄養の指導、身体の状況、栄養状態、衛生面・改善指導等を行う者をいいます。官公庁、保健所、教育委員会、病院、学校、工場、事業所、福祉施設、スポーツ 施設、大学、研究所、食品会社、寿司職人、フードコーディネーター、食品衛生管理者などで、栄養指導や患者の個別の状況を考慮した献立献立作成します。

 管理栄養士試験の内容は、次の通りです。
 社会・環境と健康、人体の構造と機能及び疾病の成り立ち、食べ物と健康、基礎栄養学、応用栄養学、栄養教育論、臨床栄養学、公衆栄養学、給食経営管理論などが出題されます。

管理栄養士試験 参考書・問題集のランキング

参考書のランキング/管理栄養士試験

問題集のランキング/管理栄養士試験

管理栄養士試験の過去問と重要項目

社会・環境と健康

医療保険制度
医療機関受診の際には、現物給付が原則である。
・75歳以上の者も、保険料を支払う必要がある。
・保険給付の対象となる者を、被保険者という。
・自営業者は、国民健康保険の対象である。
・正常な分娩に対しては、適用されない。

平均寿命・平均余命・健康寿命
悪性新生物による死亡がなくなれば、平均寿命は延びる。
・平均寿命は、0歳児の平均余命である。
・健康寿命は、人口動態統計を用いては算出できない。
・平均寿命が短くなっても、健康寿命に影響しない。
・平均余命は、ある年齢の者のその後の生存年数の、期待値である。

乳がん
法に基づく市町村事業としての検診では、マンモグラフィが推奨されている。
・授乳は、発症リスクが低い。
・主な発症要因として、出産や授乳、エストロゲンなどがある。
・わが国の女性の最近 5年間の年齢調整死亡率は、胃がんより高い。
・法に基づく市町村事業としての検診では、40歳以上を対象とする。

疾病 A のスクリーニング検査の評価指標
陽性反応的中度は、検査を行う集団における疾病 A の有病率の影響を受ける。
・ROC曲線は、縦軸を敏感度、横軸を(1 – 特異度)として描く。
陽性反応的中度は、検査で陽性である者のうち、疾病 A がある者の割合である。
陰性反応的中度は、検査で陰性である者のうち、疾病 A がない者の割合である。
・カットオフ値を高くすれば、敏感度は高くなり、特異度は低くなる。

人体の構造と機能および疾病の成り立ち

感染症
垂直感染は、母体から児へ伝播する感染様式である。
・ツツガムシ病は、細菌感染症である。
・ニューモシスチス肺炎は、日和見感染症である。
・不顕性感染は、病原体に感染しても症状が現れない状態である。
・再興感染症は、収束後、再び流行した感染症である。

高血圧
レニン分泌の増加は、血圧を上昇させる。
・二次性高血圧は、本態性高血圧よりも患者数が少ない。
・副交感神経の興奮は、血圧を低下させる。
・孤立性収縮期高血圧は、高齢者に多い。
・仮面高血圧は、診察室血圧が正常で、家庭血圧が高血圧であるものをいう。

臨床検査
臓器移植では、ヒト白血球型抗原(HLA)の適合を判定する。
・C反応性たんぱく質(CRP)の血中濃度は、炎症があると上昇する。
・75g 経口ブドウ糖負荷試験は、糖尿病の判定に行う。
・血中尿素窒素は、たんぱく質の異化亢進で、上昇する。
・胆道が閉塞すると、血中で直接ビリルビンが優位に増加する。

先天性代謝異常症
メープルシロップ尿症では、分枝アミノ酸の摂取制限が行われる。
・ホモシスチン尿症では、メチオニン、ホモシステインが、体内に蓄積する。
・糖原病Ⅰ型では、低血糖性の昏睡を生じやすい。
・フェニルケトン尿症では、フェニルアラニンが体内に蓄積する。
・ガラクトース血症では、乳糖除去ミルクが使用される。

ヒトの細胞の構造と機能
細胞膜には、コレステロールが含まれる。
・リボソームでは、たんぱく質の合成が行われる。
・核では、遺伝情報の転写が行われる。
・プロテアソームでは、たんぱく質の分解が行われる。
・ゴルジ体では、たんぱく質の修飾、ロセシングが行われる。

肺の構造、呼吸機能、酸素の運搬
ヘモグロビンの酸素解離曲線は、血液 pH が低下すると右方向に移動する。
・右肺は、 3葉 からなる。
・肺胞で行われるガス交換を、外呼吸という。
・肺静脈には、動脈血が流れている。
・動脈血の酸素飽和度は、96%以上である。

血液疾患
播種性血管内凝固症候群(DIC)では、フィブリン分解産物(FDP)が増加する。
・悪性貧血では、内因子の作用が減退する。
・血友病では、プロトロンビン時間(PT)は短縮しない。
・再生不良性貧血では、骨髄が低形成を示す。
・鉄欠乏性貧血では、総鉄結合能(TIBC)が上昇する。

食べ物と健康

食品中のビタミン
β-クリプトキサンチンは、プロビタミンA である。
・ビタミン B2 は、光に対して不安定である。
・エルゴステロールに紫外線が当たることで、ビタミンD2 が生成される。
・アスコルビン酸は、他の食品成分の酸化を抑制する。
α-トコフェロールは、最もビタミンE 活性が高い。

食品中の水
水分活性が極めて低い場合には、脂質の酸化が促進される。
・中間水分食品は、生鮮食品と比較して非酵素的褐変が促進される。
・純水の水分活性は、1.00 である。
・結合水は、食品成分と水素結合を形成している。
・塩蔵では、結合水の量を増やすことで保存性を高める。

特別用途食品・保健機能食品
機能性表示食品では、申請者は最終製品に関する研究レビュー(システマティックレビュー)で機能性の評価を行うことができる。
・栄養機能食品は、栄養成分ごとの表現が定められている。
・特別用途食品(総合栄養食品)は、病者を対象としている。
・機能性表示食品は、特別用途食品の1つではない。
・特定保健用食品(規格基準型)では、申請者が関与成分の疾病リスク低減効果を医学的・栄養学的に示さなくてよい。

細菌性食中毒
カンピロバクター感染症は、ギラン・バレー症候群の原因となる。
・黄色ぶどう球菌による食中毒の潜伏期間は、30分~5時間である。
・腸管出血性大腸菌は、100℃ 3分間の煮沸で殺菌ができる。
ボツリヌス菌は、神経性の毒素を産生する。
サルモネラ菌は、神経性の毒素を産生しない。
・ウェルシュ菌による食中毒の主症状は、下痢、腹痛である。

基礎栄養学

コレステロール
ステロールを取り込む。
・胆汁酸は、肝臓で産生される。
・エストロゲンは、血中 LDLコレステロール値を低下させる。
・コレステロールの合成は、フィードバック阻害を受ける。
・コレステロールは、ステロイドホルモンの前駆体である。

遺伝形質
β3アドレナリン受容体遺伝子の変異は、肥満のリスクを高める。
・遺伝子多型は、遺伝の影響を受けて生じる。
・遺伝子多型は、遺伝子変異の発生頻度が集団の 1%以上である。
・遺伝子多型の出現頻度は、人種により差異はある。
・倹約(節約)遺伝子は、積極的にエネルギーを消費するように変異した遺伝子である。

血糖の調節
空腹時には、トリグリセリドの分解で生じたグリセロールは、糖新生に利用される。
・急激な無酸素運動時のグルコース生成は、主に、コリ回路による。
・食後には、インスリンは、筋肉へのグルコースの取り込みを促進する。
・食後には、インスリンは、肝臓のグリコーゲン分解を抑制する。
・食後には、単位重量当たりのグリコーゲン貯蔵量は、筋肉より肝臓で多い。

応用栄養学

成長、発達
血中IgG濃度は、生後3~6か月頃に最低値になる。
・咀嚼機能は、 2歳から3歳までに完成する。
・頭囲と胸囲が同じになるのは、1歳の頃である。
・各組織が機能的に成熟する過程は、発達という。
・運動機能の発達では、粗大運動が微細運動に先行する。

成人期と比較した高齢期の生理的特徴
食後の筋たんぱく質合成量は、低下する。
・腎血流量は、減少する。
・塩味の閾値は、上昇する。
・食品中のビタミンB12吸収率は、低下する。
・腸管からのカルシウム吸収率は、低下する。

災害発生後の優先的に対応すべき栄養上の問題
・災害発生後 24時間以内に、被災者に対して優先的に対応すべき栄養上の問題は、エネルギー摂取量の不足である。
次のものは、24時間以内の優先的な対応として、適切ではない。
・脂溶性ビタミン摂取量の不足
・たんぱく質摂取量の不足
・水溶性ビタミン摂取量の不足
・ミネラル摂取量の不足

更年期の女性の生理的変化
血中卵胞刺激ホルモン(FSH)値は、上昇する。
・骨密度は、低下する。
・インスリン感受性は、低下する。
・血中エストロゲン値は、低下する。
・血中 HDLコレステロール値は、低下する。

 (35-1/2)

管理栄養士は知事免許の栄養士とは違い、国家資格の一種

管理栄養士は、栄養面に関して専門知識と技術を要する国家資格になります。 四年制の専門学校か、四年制大学のどちらかで学び、試験に合格する必要があります。 国が唯一認める栄養関連の国家資格なので、管理栄養士の需要は極めて多く、高齢化社会や生活習慣病増加に伴い、ニーズは高まっています。 年齢を問わず、就職や転職に有利で、正社員、アルバイト、パートなど自身のライフスタイルに合わせて仕事ができます。

管理栄養士は、国家資格の一種で、栄養指導や給食メニューの栄養管理を行える資格です。 栄養士と似ていますが、栄養士は知事免許で、大学・専門学校などの養成施設を卒業すると取得できます。 一方管理栄養士は、栄養士免許を取った上で、養成施設の所定在学期間と実務経験があわせて5年以上ないと、受験できません。


タイトルとURLをコピーしました