浄化槽設備士試験 01


浄化槽設備士は、 浄化槽の施工図を作成したり、浄化槽の施工を管理監督する専門家として、マンションや住宅の建設工事や リフォーム工事などにおいて、浄化槽の施工を行う現場で管理監督をしなければなりません。 やりがいもありますが、個人の責任感が非常に重要視される大事な仕事になります。 浄化槽を工事する業者は、浄化槽設備士を置かなければいけないので、浄化槽設備士は、設備会社ごとに必要となり、活躍することになります。

浄化槽設備士試験の受験情報

浄化槽設備士の資格取得の方法は、浄化槽設備士試験に合格するか、浄化槽設備士講習の課程を修了する、方法のいずれかによります。

浄化槽設備士資格試験

受験資格 次のA・B・Cのいずれかに該当するもの
・A:学歴ごとに規定する実務経験年数を有する者
・B:1級又は2級管工事施工管理技術検定に合格した者
・C:職業能力開発促進法(旧職業訓練法)による技能検定のうち検定職種を
  1級または2級配管(建築配管作業)とするものに合格した者
  ただし、平成16年度以降に2級配管(建築配管作業)に合格した者にあっては、
  同種目に関し4年以上の実務経験を有する者
試験内容 学科試験(四肢選択式)
・機械工学・衛生工学等
・汚水処理法等
・施工管理法
・法規
実地試験(記述式)
・施工管理法
出題形式 ・学科試験・・・多岐選択式(3時間)
・実地試験・・・記述式(1時間)
合格基準 学科及び実地試験の点数がともに、100点満点中60点以上の者

浄化槽設備士講習

5日間の計37時間の講習が行われ、最終日に全教科目にわたった効果評定(試験)が行われ、合格することで資格を取得できます。

受講資格 1級又は2級管工事施工管理技術検定に合格した者
講習科目 ①浄化槽概論(8時間)、②法規(3時間)、③浄化槽の構造及び機能(15時間)、
④浄化槽施工管理法(8時間)、⑤浄化槽の保守点検及び清掃概論(3時間)
効果評定 講習科目①~⑤全教科目の効果評定試験(2時間)

浄化槽設備士試験 試験で問われるもの

公共用水域等の水質の保全等の観点から浄化槽によるし尿及び雑排水の適正な処理を図り、もつて生活環境の保全及び公衆衛生の向上に寄与することを目的として浄化槽設備士及び浄化槽管理士の資格は定められています。浄化槽設備士試験については浄化槽法第43条で規定されており、試験では浄化槽工事に関して必要な知識及び技能が十分に備わっているかが問われます。

試験基準
〇学科試験
・機械工学・衛生工学等
 1.浄化槽工事を行うために必要な機械工学、衛生工学、電気工学及び
  建築学に関する知識を有すること。
 2.設計図書を正確に読み取るための知識を有すること。
・汚水処理法等
 1.汚水の処理方法に関する知識を有すること。
 2.浄化槽の構造と機能に関する知識を有すること。
・施工管理法
 浄化槽工事の施工計画の作成方法及び工程管理、品質管理、安全管理等工事の
 施工の管理方法に関する知識を有すること。
・法規
 浄化槽工事を行うために必要な法令に関する知識を有すること。

〇実地試験
・施工管理法
 設計図書で要求される浄化槽の性能を確保するために設計図書を正確に理解し、
 浄化槽の施工図を適正に作成し、及び必要な機材の選定、配置等を適切に行う
 ことができる応用能力を有すること。

浄化槽設備士試験の過去出題問題のサンプル

平成23年度 浄化槽設備士試験問題(抜粋)

【 No. 1 】   正解 : 2
換気に関する記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.自然換気は、風力又は温度差による浮力によって室内の空気を換気する方式である。
2.第1種機械換気は、排気側のみに送風機を設けて換気する方式である。
3.第2種機械換気は、ボイラー室など燃焼空気が必要な場合に利用される。
4.第3種機械換気は、室内で発生する臭気や水蒸気を室外に拡散させたくない場合に有効である。

【 No. 5 】   正解 : 4
絶縁電線の許容電流に関する記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.導体の断面積が大きいほど、許容電流は大きくできる。
2.絶縁物の許容温度が高いほど、許容電流は大きくできる。
3.施設箇所の周囲温度が低いほど、許容電流は大きくできる。
4.絶縁電線の長さが長いほど、許容電流は大きくできる。

【 No. 32 】   正解 : 1
土工事又は基礎工事に関する記述のうち、最も不適当なものはどれか。
1.土の透水係数が小さくなるほど、排水性は良くなる。
2.埋め戻しの締め固めは、水締めや突き固めにより行う。
3.埋め戻し土は、海砂より山砂の方が適している。
4.根切り底を掘りすぎた場合は、捨てコンクリートで高さの調整を行う。

【 No. 50 】   正解 : 1
次の記述のうち、「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」上、誤っているものはどれか。
1.土砂は、再資源化することが義務付けられる特定建設資材である。
2.特定建設資材を用いた建築物の解体工事又は新築工事等であって、その規模が一定
  以上の受注者は、正当な理由がある場合を除き、分別解体等をしなければならない。
3.木材が廃棄物となったものは、再資源化施設が一定距離内にない場合その他主務省
  令で定める場合には、再資源化に代えて縮減をすれば足りる。
4.建設業法の管工事業の許可のみを受けている者が、解体工事業を営もうとする場合は、
  区域を管轄する都道府県知事の登録を受けなければならない。


平成22年度 浄化槽設備士試験問題(抜粋)

【No3】  正解 : 1
河川、湖沼等の水系に流入した汚濁物質が受ける自浄作用の説明として、適当でないものはどれか。
(1) 蒸発作用を受けて、汚濁物質の濃度が減じていく。
(2) 移流や沈殿作用により、水系から汚濁物質が移動していく。
(3) 生物・化学作用を受けて汚濁物質が分解され、安定化していく。
(4) 希釈や拡散現象により、汚濁物質の濃度が減じていく。

【No18】  正解 : 4
構造方法を定める告示に示された長時問ぱっ気方式に関する記述のうち、正しいものはどれか。
(1) ばっ気槽の前に沈殿分離棚を設置する。
(2) 標準活性汚泥方式に比ぺてBOD容積負荷を高く設定する。
(3) 標準活性汚泥方式に比べてMLSS濃度を低く設定する。
(4) 処理対象人員101人以上の浄化槽で適用される。

【No22】  正解 : 1
生物膜法と活性汚泥法の特性の比較に関する記述のうち、適当でないものはどれか。
(1) 活性汚混法は、極端な低負荷条件の処理にも適している。
(2) 生物膜法は、生物の多様性に富む。
(3) 活性汚泥法は、反応槽内の生物量を調整しやすい。
(4) 生物膜法は、流量変動の影響を受けにくい。

【No35】  正解 : 2
配管材料に関する記述のうち、適当でないものはどれか。
(1) 硬質ボリ塩化ビニル管のうちVP管は、最も肉厚が厚く、汚水及ぴ汚泥配管に使用される。
(2) 配管用ステンレス鋼管は、一般配管用ステンレス鋼管より肉厚が薄く、汚水及び汚泥配管に使用される。
(3) 排水用ノンタールエポキシ塗装鋼管は、配管用炭素鋼鋼管の黒管の内面にノンタール
   エボキシ樹脂塗料を塗膜したもので、汚水及び雑排水配管に使用される。
(4) 水配管用亜鉛めっき鋼管は、配管用炭素鋼鋼管の白管よりも亜鉛の付着量を多くした
   もので、水道用及び給水用以外の水配管に使用される。

【No44】  正解 : 2
次の記述のうち、「浄化槽法」上、誤っているものはどれか。
(1) 浄化槽工事業者は、営業所及び浄化槽工事の現場ごとに、その見やすい場所に、
   氏名又は名称、登録番号等を記載した標識を掲げなけれぱならない。
(2) 浄化槽工事業者は、浄化槽設備士を設置すべき営業所が生じたときは、30日以内に
   必要な措置をとらなければならない。
(3) 浄化槽工事業者は、浄化槽工事ごとに帳簿を作成し、当該帳簿を事業年度の末日を
   もって閉鎖し、その後5年間保存しなけれぱならない。
(4) 浄化槽工事業者は、浄化槽工事業に係る登録事項に変更があったときは、変更の日
   から30日以内に、その旨を都道府県知事に届け出なけれぱならない。

浄化槽設備士試験
https://kakomon-goukaku.com/joukasousetu-01/

参考書のランキング/浄化槽設備士試験

浄化槽設備士は浄化槽法で定めらえた国家資格

浄化槽設備士の仕事内容は、マンションの建設工事やリフォーム工事などにおいて、浄化槽の施工をおこなう時に、 施工図を作成したり、施工内容の管理や監督をするため、高度な知識や技術が必要になります。 浄化槽設備士は、主に浄化槽設備会社で働くことが多く、優遇されていて資格手当などもつくことがあります。 浄化槽設備士になるためには、指定の年数の実務業務が必要となります。

浄化槽設備士は、浄化槽の設置において、監督をおこなうことができる国家資格になります。 浄化槽工事事業者は、営業所ごとに配置しておく義務があるため、ニーズも多くなります。 浄化槽設備士の仕事は、浄化槽を設置する工事で、実地の監督を行う事ができる、浄化槽法で定められた国家資格となっています。


◇ よく読まれている関連記事と広告


技術系
過去問と解答速報『資格試験_合格支援隊』
タイトルとURLをコピーしました