浄化槽管理士とは?試験の難易度・合格率・勉強法・過去問・解答速報をご紹介!


浄化槽管理士は、浄化槽の点検や保守などの業務に従事することができる国家資格です。 浄化槽設備を行う設備会社などに勤務するケースが多く、保守や点検を行う場所は、会社や事業所といった場所の他に、一般家庭での業務もあります。 水周りの全般についての相談を受けることもありますので、浄化槽や配管、付属機器などの幅が広い知識が必要となります。 幅広く水環境にかかわる仕事として、責任をもって管理しなければならない職業になります。

浄化槽管理士とは

浄化槽管理士とは、浄化槽の保守点検の業務に従事する者をいいます。
浄化槽法では浄化槽の保守点検については、浄化槽の点検、調整またはこれらに伴う修理をする作業として定義づけられており浄化槽管理者より委託され浄化槽の保守点検を実施する者は、環境大臣より浄化槽管理士免状の交付を受けた浄化槽管理士でなければなりません。
浄化槽管理士の資格取得の方法は、浄化槽管理士試験に合格するか、浄化槽管理士講習の課程を修了する、方法のいずれかによります。
浄化槽管理士試験の試験科目は、浄化槽概論、浄化槽行政、浄化槽の構造及び機能、浄化槽工事概論、浄化槽の点検と調整及び修理、水質管理、浄化槽清掃概論などについて問われます。

浄化槽管理士試験の受験情報

浄化槽管理士資格試験

受験資格 学歴、実務経験を問わない
試験内容 ①浄化槽概論、②浄化槽行政論、③浄化槽の構造及び機能、④浄化槽工事概論、
⑤浄化槽の点検、調整及び修理、⑥水質管理、⑦浄化槽の清掃概論
出題形式 ・午前・・・多岐選択式50問(2時間30分)
・午後・・・多岐選択式50問(2時間30分)
合格基準 総合得点の65点(満点数の65%)。※合格基準点は難易度に合わせて毎年変動する。

浄化槽管理士講習

13日間の計80時間の講習が行われ、最終日に全教科目にわたった考査(試験)が行われ、合格することで資格を取得できます。

受講資格 学歴、実務経験を問わない
講習科目 ①浄化槽概論(8時間)、②浄化槽行政論(4時間)、③浄化槽の構造及び機能(22時間)、
④浄化槽工事概論(4時間)、⑤浄化槽の点検、調整及び修理(30時間)、
⑥水質管理(10時間)、⑦浄化槽の清掃概論(2時間)
修了試験 ・多岐選択式40問(2時間)

浄化槽管理士試験の目的

公共用水域等の水質の保全等の観点から浄化槽によるし尿及び雑排水の適正な処理を図り、もつて生活環境の保全及び公衆衛生の向上に寄与することを目的として浄化槽設備士及び浄化槽管理士の資格は定められています。浄化槽管理士試験については浄化槽法第46条で規定されており、試験では浄化槽の保守点検に関して必要な知識及び技能が十分に備わっているかが問われます。浄化槽管理士試験は難しいため、浄化槽管理士講習によって資格を収得する者が圧倒的に多くなっていますが、講習最終日の終了試験の難易度は、浄化槽管理士試験とほぼ同程度だとされています。

浄化槽管理士は、浄化槽管理試験に合格または、講習受講後の考査試験に合格すると得られる

浄化槽管理士とは、浄化槽管理士試験に合格するか、講習を満了後に考査試験を受けて、得ることができる国家資格になります。 浄化槽管理士の仕事内容は、浄化槽設備会社などに勤務して、浄化槽管理者の委託を受け、 水質汚濁防止のために、浄化槽の保守・点検業務をおこないます。 浄化槽管理士は、責任を持って水環境を管理する必要があります。

タイトルとURLをコピーしました