管工事施工管理技士試験 01


 一級管工事施工管理技士は、建設法に基づく特定建設業の営業所に置くことが要請される、責任の技術者や主任技術者・ 監理技術者になれます。 監理技術者であり続けるためには更新が必要になります。 二級管工事施工管理技士は、建設法に基づく特定建設業の営業所に置くことが要請される責任の技術者や 主任技術者になれます。

試験の内容、出題分類、合格率/管工事施工管理技士試験

過去問と解答速報/管工事施工管理技士試験

1級管工事施工管理技士試験 参考書・問題集のランキング

参考書のランキング/1級管工事施工管理技士試験

問題集のランキング/1級管工事施工管理技士試験

2級管工事施工管理技士試験 参考書・問題集のランキング

参考書のランキング/2級管工事施工管理技士試験

問題集のランキング/2級管工事施工管理技士試験

管工事施工管理技士は、建設業における様々な現場で必要とされる資格となっています

 管工事施工管理技士とは、冷暖房設備工事や空気調和設備工事、給排水・給湯設備工事、衛生設備工事などの管工事を行う際、 現場の責任者として施工計画の作成や工程管理、品質管理、安全管理などの業務を行う人のことをいいます。 管工事施工管理技士は、国土交通省が管轄する施工管理技士に分類される国家資格となっており、1級と2級の2つの区分があります。 管工事施工管理技士は、一定金額以上の管工事を請け負う場合には、1級の有資格者を現場に配置することが義務付けられています。

 管工事施工管理技士は、国家資格のうちのひとつになり、一定金額以上の大規模な建設工事について常駐が義務付けられています。 仕事内容は、ガス配管や空調ダクト・給湯設備・冷暖房設備・上下水道管など、管工事において施工計画を作成して、工程管理・ 安全管理・品質管理をおこないます。 管工事施工管理技士は、公共工事への入札の際には、入札企業に所属する有資格者の人数も審査の基準とされるなど、 建設業における様々な現場で必要とされる資格となっています。


タイトルとURLをコピーしました