職業倫理 01/その他の管理技術力の解答例


最低限の努力で合格点が獲れる、RCCM試験に合格したいあなたへ
次のページは、RCCM試験の、問題1 業務経験論文、問題2 一般知識問題、問題3 管理技術力の記述問題、問題4-1 基礎技術問題、問題4-2 専門技術問題(道路、河川砂防海岸、鋼構造コンクリート)のページです。
過去問を徹底分析した出題予想と使える解答例を多数紹介しています。

RCCM試験のデジタル教材が選ばれる理由は、
・現役の技術士が作成した確実に合格点が獲れる教材
・驚異の的中率を誇る出題予想、過去問と解答例
・試験対策の優先順位がハッキリわかる
・最低限の努力で合格点が獲れる
・スマホで使える。通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができる

RCCM試験の過去問、出題予想と解答例/問題1・2・3・4-1・4-2の全問に対応

RCCM試験/その他の管理技術力の解答例の一覧ページです。

職業倫理 01/その他の管理技術力の解答例

問い
 建設コンサルタントにおける職業倫理について、以下の点について述べなさい。
① 職業倫理が求められている背景を述べるとともに、建設コンサルタントとして遵守すべき倫理について3つ取り上げ、概要を述べよ。
② 業務を実施する上で想定される、又は見聞きしている具体の職業倫理上の課題を取り上げ、その課題にどのように対応すべきか、あなたの意見を述べなさい。

解答例
1.職業倫理が求められている背景
 公共事業は、国や自治体などの発注者、施設などを設計する建設コンサルタント、施工を行う建設業者によって行われる。設計者である建設コンサルタントは、国や自治体から委託を受けて事業の企画段階、調査段階、計画段階、設計段階、管理段階に携わり、高度な専門知識・技術を活かしたコンサルティングサービスを行っている。
 社会資本整備は、国民の税金でまかなわれているため、公共事業の設計業務を担当する建設コンサルタントには、その国民のニーズを的確に反映し、計画的に、公正に、経済的に、そして効率的に行うことが求められる。また、建設コンサルタントの技術者には、環境の保全・創造に配慮した社会資本の整備に貢献していくことや、公共の安全の増進が求められる立場にあるため、そこで働く技術者は重要な役割を担っていることを強く自覚し、責任を果たしていかなくてはならない。そのため、建設コンサルタントの技術者には、第三者からの影響や、支配的な環境をもたらされないような「中立・独立性の堅持」など、社会的な役割として「職業倫理」が求められることとなる。
 近年の限られた財源の下、社会環境の変化に対応して、社会資本整備を行っていくためには、われわれ建設コンサルタントにとって、「職業倫理」は重要な問題である。

2.建設コンサルタントとして遵守すべき倫理
(1) 品位の保持
 技術者は、つねに教養を高め、品位の保持に努めなければならない。また、良心と強い責任感をもって、誠実に職務を遂行しなければならない。自らの職業に誇りと矜持を持って行動するとともに、業務にかかわる他の人々の名誉を尊重する。 「美しい国土」、「安全にして安心できる生活」、「豊かな社会」をつくり、改善し、維持するためにその技術を活用し、品位と名誉を重んじ、知徳をもって社会に貢献する必要がある。
(2) 専門技術の権威保持
 技術者は、つねに専門技術の向上に努め、技術的良心に基づいて行動しなければならない。技術者は、自分の専門分野において最新の情報並びに技術を取得し、またそのために専門職の実務に携わり、継続的に教育の機会に参加し、技術文献を読み、そして専門職の会合やセミナーに参加するよう努めることで自分の技術的有能性を維持し改善し向上させる。さらにそれらの知識や技術を保有するに留めず、社会貢献のために積極的に活用するよう努める。
○国家資格や社内資格などの取得に積極的に努め、知識・技術の向上を図る。
○最新の情報や技術の習得に努め、高品質なデータの提供を実現させる。
○自分の所属する部署の同僚や監督下にある技術者に自らの知識や情報、技術を提供するとと
もに、専門職としての発展の機会を与えるよう努める。
(3) 公正かつ自由な競争の維持
 技術者は、公正かつ自由な競争の維持に努めなければならない。法律、条例、規則、契約等に従って業務を行い、不当な対価を直接または間接に、与え、求め、または受け取らない。土木施設・構造物の機能、形態、および構造特性を理解し、その計画、設計、建設、維持、あるいは廃棄にあたって、先端技術のみならず伝統技術の活用を図り、生態系の維持および美の構成、ならびに歴史的遺産の保存に留意する。

3.職業倫理上の課題とその対応
(1) 事前協力
 「事前協力」の問題は、他者から公にされ表面化したが、「裏設計」、「ダミコン」、「汗かきルール」などと言われるような疑念はもとよりあってはならない問題である。もし、この様なことがあったとすると、建設コンサルタントとして基本的かつ重要な「中立・独立性」を反故にし、本来の役割を放棄した最も恥ずべき行為である。また、法令的にも守秘義務違反や入札談合を幇助する行為となり得る犯罪行為である。
我々は、他者の言によらず、従前から掲げている「中立・独立性」の堅持を改めて表明しなければならない。
(2) 低価格入札
 価格は、企業維持のための適正な利潤と成果の品質を確保できることを前提としたものでなければならない。これらの条件を逸脱した安値受注は、たとえ経営戦略上の選択であったとしても、フェアな競争を阻害し、市場を混乱させ、結果として実情にそぐわない単価や歩掛の設定を招くこととなる。これらは、経営を益々圧迫し、品質に支障をきたす要因にもなりかねない。
 また、かねてから発注者からも、適正な報酬体系と社会的地位向上を求められており、この点からも行動矛盾をきたす行為である。
 我々は、技術を主体とした競争を基本とし、関連法令等の趣旨を踏まえ、不適正な安値受注は厳に慎まなければならない。
                             - 以 上 - 

RCCMの資格試験は全国の主要都市で行われます。昼食に関しては事前に用意しておくのが無難です。RCCMの受験者は非常に多いため、試験当日は周辺のコンビニ等では昼食の食事が売り切れ状態になり、食事処も非常に混みあいます。用意しておくことで、試験前の最後の詰め込みで過去問の解答を暗記する時間を確保できます。
RCCM受験料の支払いは、購入した受験申込書に同封された払込用紙で行います。会社等で、数名で一緒に受験する場合であっても、受験料を複数でまとめて払込むことはできないので、個別に払込む必要があります。
RCCM試験では、業務経験論文の他に管理技術力論文問題が出題されます。業務経験論文は内容が決まっているので事前に準備しやすいですが、技術論文は当日に問題用紙を見るまでどのテーマが出題されるかわかりません。出題傾向を把握し、どのテーマから出題されても問題ないように対策する必要があります。
RCCM試験の問題4-1知識問題は、4-1、4-2に別れ、4-1は20問、4-2は20問から10問選択しマークシート方式の問題となっています。4-1では土木技術の基礎知識、4-2では選択した受験部門の選択知識について問われます。4-1、4-2どちらも過去問からの出題が多いので、繰り返し解き効率のいい学習をしましょう。

職業倫理 02/その他の管理技術力の解答例

問い
 建設コンサルタントにおける職業倫理について、以下の点について述べなさい。
① 職業倫理が求められている背景を述べるとともに、建設コンサルタントとして遵守すべき倫理について3つ取り上げ、概要を述べよ。
② 業務を実施する上で想定される、又は見聞きしている具体の職業倫理上の課題を取り上げ、その課題にどのように対応すべきか、あなたの意見を述べなさい。

解答例
1.職業倫理が求められている背景
 近年、経済活動の停滞、税収不足が継続する中、国ならびに地方の財政の悪化等から、公共事業の削減が顕在化している。現在わが国は少子高齢化の進展や、経済成長の急激な伸びは期待出来ないことから、今後もこの傾向は続いていくものと考えられる。
 また、「無駄」「談合」「政治との癒着」等偏った情報をもとに負のイメージが先行し、社会資本整備である公共事業に対して世論の目は厳しくなる一方である。
 このような、限られた財源の下、社会環境の変化に対応して、生活を守る社会資本整備を行っていくためには、われわれ建設コンサルタントは、「職業倫理」は今後の業界発展には不可欠な基盤であることを認識し、「職業倫理」問題に真剣に取り組む必要がある。
2.建設コンサルタントとして遵守すべき倫理
(1) 中立・独立性の堅持
 技術者は、その業務を行うについて、中立公正を堅持し、独立性の堅持しなければならない。建設コンサルタントとして中立・独立性を堅持し、これを害するような建設業者または建設業に関連ある製造業者等との利害関係を持ってはならない。自己の業務についてその意義と役割を積極的に説明し、それへの批判に誠実に対応する。さらに必要に応じて、自己および他者の業務を適切に評価し、積極的に見解を表明する。
(2) 情報の開示
 長期性、大規模性、不可逆性を有する土木事業を遂行するため、地球の持続的発展や人々の安全、福祉、健康に関する情報は公開する。
(3) 説明責任
 建設コンサルタントには、社会情勢の変化に柔軟に対応した、多様な手段による住民参加、対話を通じた行政の実現への期待が寄せられている。建設マネジメントの関係者がアカウンタビリティを果たし、施策および事業を実施していくに当たって、建設コンサルタントは、住民の理解・協力が得られるように、広く意見を聞き、解りやすく、納得できる社会資本の充実を進めてゆく必要がある。
(4) 人材育成
 自己の人格、知識、および経験を活用して人材の育成に努め、それらの人々の専門的能力を向上させるための支援を行う。
(5) 国際社会における信頼
 自然を尊重し、現在および将来の人々の安全と福祉、健康に対する責任を最優先し、人類の持続的発展を目指して、自然および地球環境の保全と活用を図る。固有の文化に根ざした伝統技術を尊重し、先端技術の開発研究に努め、国際交流を進展させ、相互の文化を深く理解し、人類の福利高揚と安全を図る。環境問題が企業の存在と活動に必須の要件であることを認識し、地球環境への負荷を低減し、持続可能な社会づくりに貢献しなければならない。

3.職業倫理上の課題とその対応
(1) 再委託
 再委託については大きく二つの問題が存在している。一つは、いわゆる“丸投げ”といわれるものである。再委託は業務の「主たる部分」については禁止されており、契約違反である。その要因は、自社ではできない業務を無理に受注することや、実績作りのためなどによるもので「事前協力」の一因ともなりかねない。
 もう一つの問題は下請問題である。特に、近年は低価格入札などによる苦しい経営実態を反映した下請へのしわ寄せが懸念されている。これらは品質に問題をきたす要因にもなりかねない。
 我々は、すべての受託業務において、自らが「技術への責任」と「品質への責任」を持たなければならない。よって、自らが責任の持てない業務は受託してはならない。
(2) 新たな事業スキームへの対応
 今後も、設計・施工分離発注を原則と考えるが、新たな事業スキームとして、設計・施工一括発注方式やコンストラクションマネジメント(CM)、PFI/PPP などによる事業が増加するだろうといわれている。これらの事業への関わりにおいては、より高い職業倫理観と職業規範、高い技術力、中立・独立性をあわせ持たなければならない。これらが欠けると他者への従属関係となるなど歪んだパートナー関係となり、公共性・透明性・適正なコストの確保が困難となる。また、建設コンサルタントの権威を失墜させ、コンサルタントに対する不要論がでかねない。
 そのためにも我々は、しっかりとした職業倫理観と高い技術力を養成し、新たな事業スキームで期待される建設コンサルタントの役割を果たせるよう不断の努力を怠ってはならない。
                             - 以 上 -

過去問から徹底的に対策を行いましょう。過去問からの対策が難しい、問題3は問題を予想し、押さえるべき用語を用いた文章・解答を事前に用意して置きましょう。試験の時は暗記した内容を記述するという状態にしておくことが理想的です。
RCCMの試験会場は東京、大阪、福岡、那覇、札幌、名古屋、仙台、広島、高松、になります。申し込みの際に第一希望と第二希望を記入しますが、会場決定は受付順となるため、早めに申込書を提出することをお勧めします。
問題1の業務経験論文では自分の果たした役割や問題点への対応でRCCMとしてふさわしいことをアピールしましょう。注意点として、経験論文で記述する業務経験の業務は、必ず願書に書いた専門分野から選定しましょう。事前に対策をすることが可能な箇所なので、十分な解答を準備しておきましょう。
RCCM試験の問題2一般知識では、建設コンサルティング業務に関する法制度、建設分野における一般的知識に関する見識が問われ、マークシート方式で解答します。毎年同じような問題が出題される傾向にあるので、過去問を繰り返し解くことで対策しやすい問題になります。


タイトルとURLをコピーしました