RCCM試験 01


試験の内容、出題分類、合格率/RCCM試験

試験の内容

RCCM試験は、令和3年度(2021)から、CBTになります。
CBT方式の試験では、解答用紙・マークシートに筆記用具で記述するのではなく、キーボード・マウスを利用して、全てコンピュータでの解答となります。

・受験申込期間 : 5月17日 ~ 6月18日
・問題Ⅲ 管理技術力の問題公表  6月中旬
・受験予約期間 : 7月12日 ~ 10月26日
・試験期間 :   9月 1日 ~ 10月31日

詳細は、建設コンサルタンツ協会 のページでご確認ください。

試験 受験科目 出題内容 解答方式
RCCM試験A 問題Ⅰ 自己の専門技術分野の業務経験 記述式
問題Ⅱ 業務関連法制度、建設一般の知識、技術者倫理等 択一式
RCCM試験B 問題Ⅲ 管理技術力 記述式
問題Ⅳ 土木関連の基礎的共通技術知識と受験する
専門技術部門の専門技術知識から成る筆記試験
択一式

 試験は、「RCCM試験A」と「RCCM試験B」の二つに分かれており、両方を受験する必要があります。

RCCM試験で問われるもの

 RCCM資格制度は,建設コンサルタント業務の円滑かつ的確な実施に資するとともに、優秀な技術者を積極的に活用することによって、建設コンサルタントの技術力の向上を図ることを目的として創設されたものです。
 RCCM取得者は設計業務の特質を理解し円滑、適正に進めるための技術管理能力と当該専門技術分野の技術力を持った人材と評価されます。そのため、試験では設計などの業務への理解や専門分野の技術力、業務を円滑かつ的確に実施するための管理能力などが十分に備わっているかが問われます。

受験に必要となる実務経験年数

若手技術者の活躍を支援するため、2019年度の試験より受験資格に必要な、実務経験年数が短縮されました。

基準となる学歴 実務経験年数
大学院(修士、前期) 修了後5年以上
大学 卒業後7年以上
短期大学、高等専門学校 卒業後9年以上
高等学校 卒業後11年以上
中学校 卒業後14年以上

過去問と解答速報/RCCM試験

参考書のランキング/RCCM試験

問題集のランキング/RCCM試験

RCCMの有資格者は、建設コンサルタント業務を行う上で重要な立場となっています

 RCCMは、シビルコンサルティングマネージャーとも呼ばれ、社団法人建設コンサルタンツ協会が認定を行っている 建設コンサルタント業務の専門資格です。 RCCMの資格制度は、そうした管理・照査業務の専門家を養成することで、建設コンサルタント業務の適正な実施に寄与し、 建設コンサルタントの技術力の向上を図ることを目的として設立されました。 RCCMの資格者は、建設コンサルタント業務を行う事業者において、管理技術者・照査技術者として、 業務に関する技術上の事項を処理したり、業務成果の照査を行うのが主な業務内容となります。

 技術士は高度な技術の応用力が求められる難関資格で、現場での人材不足がいわれていますが、 RCCMも大学卒業程度で13年以上の実務経験が必要となる資格です。 建設コンサルティング業界での一定の 知識・経験を裏打ちするものであることから、 登録制度や更新にあたっての研修制度が設けられています。 管理技術者や照査技術者は、国土交通省の設計業務共通仕様書などで規定されるなど、 RCCMの有資格者は、建設コンサルタント業務を行う上で重要な立場となっています。


タイトルとURLをコピーしました