地質調査技士試験 01


現場の地質調査によって、現場の地盤情報によってその場所の基礎地盤構成が分かり、どのような建設物の基礎を構築するかが分かります。その地盤の地質調査を行う技術者が、地質調査技士で、技士の技量を測る試験が、地質調査技士試験です。地質調査技士試験は、年1回行われ、最近の合格率は33%~40%近くあります。合格率に変化がある理由は、地質調査技士は3部門に分かれ、試験も部門ごとに異なる問題で行われるためです。地質調査技士は、ボーリングなどの機器操作を行う「現場調査部門」、地質調査の現場管理や物理探査や土質試験を行う「現場技術・管理部門」、土壌地下水汚染調査を含む地質の現場管理を行う「土壌・地下水汚染部門」の3部門に区分されています。地質調査技士試験も、3部門ごとに異なる問題で受験します。試験の合格率は、現場調査部門で40%、土壌・地下水汚染部門で35%です。

地質調査技士試験の受験情報

受験部門 現場調査部門 現場技術・管理部門 土壌・地下水汚染部門
受験資格 1. ボーリング実務経験、5年(通算)以上の者。
2. 協会指定の指定学科卒業の者は、2年以上の実務経験者
1. 大学又は工業高等専門学校の土木工学科、建築学科、地質学科等地質調査に関連する学科を卒業し、実務経験3年以上の者
2. 大学又は工業高等専門学校の前項に掲げる学科以外の理工系学科を卒業し、実務経験5年以上の者
3. 実務経験8年以上の者
1. 大学又は工業高等専門学校の土木工学科、建築学科、地質学科等地質調査に関連する学科及び化学(工学)等環境に関連する学科を卒業し、実務経験3年以上の者
2. 大学又は工業高等専門学校の前項に掲げる学科以外の理工系学科を卒業し、実務経験5年以上の者
3. 実務経験8年以上の者
試験内容 ・筆記試験
(四肢択一式問題:80問、
記述式問題:1問または2問)

・口頭試験
・筆記試験
(四肢択一式問題:100問)
・筆記試験
(四肢択一式問題:100問)
出題内容 ■学科試験
①社会一般、建設行政、入札・契約制度等の知識
②地質、測量、土木・建設一般等の知識
③現場・専門技術の知識
④調査技術の理解度
⑤管理技法
■記述式問題
ボーリング作業、工程・安全・品質の管理など
■口頭試験
実務経歴に基き経験、実務の技能的な知識
■学科試験
①社会一般、建設行政、入札・契約制度等の知識
②地質、測量、土木・建設一般等の知識
③現場・専門技術の知識
④調査技術の理解度
⑤解析手法、設計・施工への適用
⑥管理技法
■記述式問題
①倫理綱領に関する問題
②地質調査技術等に関する問題
■学科試験
①社会一般、建設行政、入札・契約制度等の知識
②地質、測量、土木・建設一般等の知識
③現場・専門技術の知識
④調査技術の理解度
⑤管理技法
■記述式問題
①倫理綱領に関する問題
②土壌・地下水汚染調査の計画や現場技術、修復技術に関する問題

地質調査技士試験 試験で問われるもの

〈各受験部門共通の技能・能力(役割)〉
・積算  ・調査計画  ・ボーリングマシン運転の基本動作
・現場の工程管理や安全管理  ・土質判定  ・柱状図、断面図作成
・報告書とりまとめ  ・成果品の品質管理
・ボーリング調査の業務責任者としての役割
・ボーリング調査の業務責任者や現場管理者としての役割
・「ボーリング責任者」としての役割
各受験部門においては、上記の技能・能力のほかに、ボーリングマシン操作に係る特殊技能(現場調査部門)や解析・分析能力(現場技術・管理部門)、土壌地下水汚染に係る専門能力(土壌・地下水汚染部門)をはかる出題がされます。

地質調査技士試験の過去出題問題のサンプル

平成23年度 (第46回) 現場技術・管理部門 地質調査コース 抜粋

A.社会一般、建設行政等の知識

【 No. 3 】   正解 : 2
次は、地質調査技士の行動指針を示したものである。不適切なもの一つを選び記号1~4で
示せ。
1.技術の向上
2.業界への説明責任
3.環境の保全
4.秘匿事項の保護

【 No. 10 】   正解 : 2
次は、治水施設を示したものである。不適切なもの一つを選び記号1~4で示せ。
1.堤防
2.頭首工
3.排水機場
4.床固め

B.地質、土木・建築等の知識

【 No. 13 】   正解 : 2
次は、深成岩について述べたものである。不適切なもの一つを選び記号1~4で示せ。
1.火成岩の一種である。
2.マグマが地下浅所で急冷することによって生成した岩石である。
3.等粒状で、完晶質である。
4.代表的な岩石には、花こう岩、閃緑岩、はんれい岩がある。

【 No. 24 】   正解 : 3
次は、地すべりの素因を示したものである。適切なもの一つを選び記号1~4で示せ。
1.地震動
2.豪雨
3.片理面
4.切土

C.現場技術の知識

【 No. 29 】   正解 : 2
次は、コア採取率向上を目的に、ロータリー式スリーブ内蔵二重管サンプラーを使用する場合の留意点について述べたものである。不適切なもの一つを選び記号1~4で示せ。
1.粘土やまさ土等の地盤から、軟岩や硬岩までの岩盤を対象とする。
2.シュー先行型サンプラーは、中硬岩を対象とする。
3.コア詰りの兆候があれば、直ちに掘進作業を中止しサンプラーを回収する。
4.軟質層や破砕帯のコアリングには、可能な限り大きな径のサンプラーを使用する。

【 No. 49 】   正解 : 1
次は、岩盤ボーリングで採取したコアのRQDについて述べたものである。不適切なもの一つを選び記号1~4で示せ。
1.軟岩からなる岩盤の評価には特に有効である。
2.10㎝以上のコアの累計長を1m区間ごとに求め、百分率で表す。
3.掘削時の振動などで生じた割れ目は連続したものとみなしてよい。
4.岩盤の良否を判定するための一つの指標である。

D.調査技術の理解度

【 No. 54 】   正解 : 2
次は、軟弱地盤地域のシールドトンネル施工で用いられる調査方法を示したものである。
不適切なもの一つを選び記号1~4で示せ。
1.間隙水圧測定
2.平板載荷試験
3.地中ガス調査
4.電気検層

【 No. 58 】   正解 : 3
次は、コアの観察結果とその解釈について述べたものである。適切なもの一つを選び記号
1~4で示せ。
1.コアが採取されなかった箇所を断層と判断した。
2.粘土化した箇所を断層と判断した。
3.流入粘土が付着した節理を開口節理と判断した。
4.割れ目が密集した箇所を断層と判断した。

参考書のランキング/地質調査技士試験

地質調査技士試験は、全国地質調査業協会連合会の過去問を活用する

地質調査技士試験の受験資格は、現場調査部門ではボーリング操作の実務経験5年以上です。現場技術・管理部門と土壌・地下水汚染部門では、学校を卒業後の学歴に応じて設けられた期間の実務経験の後に、受験することが可能です。
地質調査技士試験試験内容は、部門ごとに問題が異なります。現場調査部門の問題は、四肢択一の筆記試験80問、記述式の筆記試験2問、口頭試験の構成で行われます。
四肢択一の筆記試験80問は、必須問題60問と、土質分野20問か岩盤分野20問の何れかを選択して解答します。問題の内容は、Aが社会一般・建設行政・入札・契約制度、Bが地質・測量・土木・建築一般、Cが現場・専門技術、Dが調査技術の理解、Eが管理技法から出題されます。
記述式問題は、ボーリング作業管理・工程管理・安全管理・品質管理についての問題です。
口頭試験では、地質調査のためのボーリングに必要な知識や経験等と、実務経歴や経験を試問し、内容と態度などから合否を判定します。

現場技術・管理部門の問題は、四肢択一の100問と記述式2問の問題です。四肢択一問題の内容は、Aが社会一般・建設行政・入札・契約制度、Bが地質・測量・土木・建築一般、Cが現場・専門技術、Dが調査技術の理解、Eが解析手法・設計・施工の適用、Fが管理技法から出題されます。
記述式問題は、2問出され2問とも解答します。内容は、倫理綱領の問題から1問と、地質調査技術の問題は選択制で、地質調査全般2問・土質と岩石試験技術1問・物理探査と検層技術1問のうちから1問を選んで解答します。
土壌・地下水汚染部門の問題は、四肢択一の100問と記述式2問の問題です。四肢択一問題の内容は、Aが社会一般・建設行政・入札・契約制度、Bが地質・測量・土木・建築一般、Cが現場・専門技術、Dが調査技術の理解、Eが管理技法から出題されます。
記述式問題は、倫理綱領の問題から1問と、土壌地下水汚染調査の計画や現場技術や修復から3問出され1問を解答する選択問題です。

地質調査技士試験の勉強法は、過去問10年分を繰り返し勉強することで、過去問と同じような問題は対応できます。全国地質調査業協会連合会の出している受験の手引きに書いているような範囲からの出題となるため、ある程度問題の幅は決まっていて、過去問の勉強で大丈夫でしょう。
なお、過去問題集は書店では販売されてなく、全国地質調査業協会連合会のホームページ上で過去問を15年分近く公開しているため、過去問はこちらで対応できます。ただし、解答の解説が無いため、信頼できる参考書を探して、解答の理由を勉強し、同時に周辺の知識も覚えれば、地質調査技士試験の勉強法としては十分でしょう。
現場調査部門では、口頭試験があるため、自身の考えを整理し信念を持っておく必要があります。信念があれば、試験官からどのような質問を受けても、信念をベースとして答えることができるため、試験官の受けもよいはずです。


タイトルとURLをコピーしました