昇降機等検査員とは?試験の難易度・合格率・勉強法・過去問・解答速報をご紹介!


エスカレータやエレベータなどの昇降機は現代の住環境、商業設備などあらゆる場所で欠かせないものになっています。昇降機は、他にもコースターや観覧車なども含まれます。しかし、昇降機は、不慮の事故が起きると大災害にもなりかねず、安全確保のために、建築基準法で定期に検査を行い、結果を報告する制度ができ、定期検査を行う資格を有する人が、昇降機等検査員で、その資格を決める試験が、昇降機等検査員試験です。なお、昇降機検査は1級建築士と2級建築士も資格を持つことになっています。昇降機等検査員の資格を取得するには、国土交通省に登録した機関が、登録昇降機等検査員講習を開催し、講習の後で行う昇降機等検査員試験に合格すると、昇降機等検査員としての資格が得られます。

昇降機等検査員試験の受験情報

受験資格

区分 学歴
昇降機及び遊戯施設に関して
必要な実務経験年数
大学、専門職大学 4年制 ※下記の学科を卒業
2年以上
※下記の学科以外を卒業
11年以上
職業能力開発総合大学校等 長期課程、総合課程、応用課程
短期大学、専門職短期大学、専門職大学(3年の前期課程) 3年制(夜間を除く) ※下記の学科を卒業
3年以上
※下記の学科以外を卒業
11年以上
短期大学、専門職短期大学、専門職大学(2年の前期課程) 2年制 ※下記の学科を卒業
4年以上
※下記の学科以外を卒業
11年以上
高等専門学校 5年制
専修学校 専門課程2年以上
職業能力開発総合大学校等 特定専門課程、専門課程
高等学校 3年制(通信制・夜間を含む) ※下記の学科を卒業
7年以上
※下記の学科以外を卒業
11年以上
専修学校 ③の専修学校以外で専門課程
職業能力開発促進センター等 普通課程
実務経験のみ 11年以上
特定行政庁の職員 建築行政(昇降機又は遊戯施設)に関して2年以上
行政職員
(消防法・労働基準法・駐車場法令の施工に関わる行政職員)
昇降機又は遊戯施設に関する法令の施工に関して5年以上
(建築行政を除く)
①~⑦と同等以上の知識及び経験を有する者 ①~⑦と同様の年数
〇指定学科(機械工学・電気工学)として適応する学科名
・機械(工学)科 ・電気(工学)科 ・電子(工学)科 ・電気電子(工学)科
・電気通信(工学)科 ・精密機械(工学)科 ・応用機械(工学)科 ・生産機械(工学)科
・繊維機械(工学)科 ・航空(工学)科 ・造船(工学)科 ・船舶(工学)科
・自動車(工学)科 ・鉄道(工学)科 ・制御(工学)科 ・計測(工学)科
〇指定学科(機械工学・電気工学)には該当しないが、実務経験年数1年を加えて適応する学科名
・建築(工学)科 ・土木(工学)科 ・建設(工学)科 ・都市(工学)科
・設備工業科 ・建築設備(工学)科

講習内容

昇降機等検査員講習の時間は22.5時間で、4日間かけて行われます。

講習内容 ①昇降機・遊戯施設定期検査制度総論、②昇降機・遊戯施設に
関する建築基準法令等、③建築学概論、④昇降機・遊戯施設に
関する機械工学、⑤昇降機・遊戯施設に関する電気工学、
⑥昇降機概論、⑦昇降機検査標準、⑧遊戯施設概論、⑨遊戯
施設に関する建築基準法令等、⑩昇降機・遊戯施設の検査標準、
⑪昇降機・遊戯施設に関する維持保全、⑫修了考査※建築設備士、建築設備検査員、特定建築物調査員、防火設備検査員の資格を有する方は、③の免除を受けることができます。
出題形式 多肢選択式(マークシート)
試験時間 2時間
合格基準 30問中、20問以上

昇降機等検査員試験 試験で問われるもの

昇降機等検査員試験の修了考査では、講習テキストを使用することができます。そのため、「どの辺りのページにどんなことが書いてあるか」を事前にある程度把握しておきましょう。
昇降機等検査員講習の修了試験は、一見難しそうですが、合格率が70%以上を考えれば、講義をきちんと受講すれば合格できるレベルと考えて良いでしょう。修了試験の問題は四肢一択問題で、少し長めの選択文章が並び、正解を選ぶことになります。しかし、1問当たりの時間が4分ということから、問題全体を読むのに時間が取られ、読み終わったらすぐに解答するようにしないと、時間が無くなるかもしれません。

昇降機等検査員試験

受験資格

昇降機等検査員試験を受験できる(昇降機等検査員講習受講)資格は、大学や高校や中学で機械工学か電気工学を履修し、卒業後に昇降機や遊戯施設で学歴に応じた期間、実務を経験すれば受験することができます。あるいは、昇降機や遊戯施設の実務を11年以上経験しても受験が可能です。

合格率

昇降機等検査員試験の合格率は、ここ5年の平均で70%以上あり、難易度はかなり低いと言って良いでしょう。受講方法は会場で3日間講義を受け、最終日に修了試験に合格すれば、昇降機等検査員資格が得られますが、最近は、WEB講習も可能となっていて、自宅で20日間程度WEB上で講習を受け、最終日に会場に出向き修了試験を受けることで、資格を得ることもできるようになっています。

勉強方法

昇降機等検査員講習が、WEB講習であると、視聴期間中は繰り返し視聴が可能なため、分かり難いとこを再度確認することができ、有利かもしれません。ただし、集中力という点では、会場で3日間缶詰めになって受講した方が効率的という受験者もいて、個人のペースで受験すれば良いでしょう。ただし、会場での講義も録画の視聴による講義となるため、講師に対しての質疑応答はなさそうです。また、講習会の開催も年1回です。
昇降機等検査員講習の時間は22.5時間で、最終日の修了試験を含め4日間の講習です。講習の内容は、11項目に分かれ、昇降機などの検査制度と建築基準法に4.5時間、建築学に2時間、機械工学と電気工学に4時間、昇降機と遊戯施設の概論・検査標準・建築基準法に7.5時間、昇降機と遊戯施設のの検査標準と維持保全に2.5時間、異常の講義で20.5時間です。最後の修了試験は2時間、問題数は30問で、合格には20問以上(67%以上)の正解が必要です。

昇降機等検査員試験の勉強法は、過去問の繰り返し勉強が一番効率的です。昇降機と遊戯施設という分野しか問題にされないことから、過去問で確実に覚え込み、関連する事項は参考書で調べて不明箇所をなくす努力が必要でしょう。ただし、過去問題集は、日本建築設備・昇降機センターでは、その年の出題問題を公表していますが、問題集を出版しておらず手に入りません。web上に過去問を公開しているサイトがあるため、参考にしてはどうでしょうか。(https://shikakusha.com/29/004/)

タイトルとURLをコピーしました