廃棄物処理施設技術管理者試験 01


廃棄物処理法によって、一般廃棄物処理施設や産業廃棄物処理施設には、廃棄物を技術的に維持管理する廃棄物処理施設技術管理者が置かれる必要があります。この管理者の資格を与える試験が、廃棄物処理施設技術管理者講習の終了後に行われる試験です。試験に合格した人が廃棄物処理施設技術管理者の資格で、管理主任者となります。廃棄物処理施設講習はその用途に応じて、7つのコースがあって、コースごとの講習会を終了し、修了試験に合格すれば、その施設に応じた廃棄物処理施設技術管理者の資格が得られ、施設管理技術士として施設の維持管理業務に当たることができます。廃棄物処理施設の7つのコースとは、ごみ処理施設コース、産業廃棄物焼却施設コース、し尿・汚泥再生処理施設コース、最終処分場コース、破砕・リサイクル施設コース、産業廃棄物中間処理施設コース、有機性廃棄物資源化施設コースの7施設です。

廃棄物処理施設技術管理者試験の受験情報

各課程を修了することで、一般財団法人 日本環境衛生センターから「(各廃棄物処理施設)技術管理士」の認定証が交付されます。
(例)破砕・リサイクル施設試験(課程)を修了→破砕リサイクル技術管理士

基礎・管理過程 管理過程
受験資格 受講開催月時点で20歳以上の者 学歴に応じた実務経験が必要
講習期間 8日~10日(受講コースによる) 4日
資格認定
受講コース
 1. ごみ処理施設
 2. し尿・汚泥再生処理施設
 3. 産業廃棄物中間処理施設
 4. 最終処分場
 5. 産業廃棄物焼却施設
 6. 破砕・リサイクル施設
 7. 有機性廃棄物資源化施設
試験内容 40問(マークシート方式) 20問(マークシート方式)
合格基準 満点の80%以上の得点

「基礎・管理課程コース」と「管理課程コース」の2種類があり、実務経験が不足している方は「基礎・管理課程コース」を受講することになります。また、「管理課程コース」の受講資格を持っている方も、廃棄物処理技術を体系的に理解するために、「基礎・管理課程コース」を受講することも可能です。

廃棄物処理施設技術管理者試験 試験で問われるもの

廃棄物処理施設の技術管理者は、廃棄物処理法で規定する学歴・経験等の要件を備え、かつ、厚生省生活衛生局水道環境部環境整備課長通知において「技術管理者等の資質の向上を図ることは、廃棄物の適正処理を推進するために重要であり、かかる観点から、廃棄物処理施設及び事業場の類型ごとに必要な専門的知識及び技能に関する講習等を修了することが望ましいものであること。」と示されています。廃棄物処理施設技術管理者講習はここで望まれている技術者を養成するための講習です。各受講内容を理解することは、試験対策としてだけでなく、資格獲得後に業務を遂行する上でも大きな力となります。

廃棄物処理施設技術管理者と7つの講習コース

廃棄物処理法によって、一般廃棄物処理施設や産業廃棄物処理施設には、廃棄物を技術的に維持管理する廃棄物処理施設技術管理者が置かれる必要があります。この管理者の資格を与える試験が、廃棄物処理施設技術管理者講習の終了後に行われる試験、廃棄物処理施設技術管理者試験です。試験に合格した人は、廃棄物処理施設技術管理者の有資格者として、管理主任者となります。

廃棄物処理施設講習はその用途に応じて、7つのコースがあって、コースごとの講習会を終了し、修了試験に合格すれば、その施設に応じた廃棄物処理施設技術管理者の資格が得られ、施設管理技術士として施設の維持管理業務に当たることができます。
廃棄物処理施設の7つのコースとは、
・ごみ処理施設コース
・産業廃棄物焼却施設コース
・し尿・汚泥再生処理施設コース
・最終処分場コース
・破砕・リサイクル施設コース
・産業廃棄物中間処理施設コース
・有機性廃棄物資源化施設コース
の7施設です。

廃棄物処理施設技術管理者講習会の内容

廃棄物処理の基本事項や廃棄物処理施設の資格を得るには、廃棄物処理施設技術管理者講習会を受講して、受講後の修了試験(廃棄物処理施設技術管理者試験)に合格すれば、その施設管理の資格が得られます。
講習会の形式は、基礎・管理課程と管理課程があり、管理課程でどのコースを選ぶかで、受講日、受講日数、受講料が異なります。
基礎・管理課程を受講する場合の受講資格は、20歳以上であれば誰でも受講が可能です。
管理課程だけで廃棄物処理施設技術管理者試験を受けるときは、学歴に応じた実務の経験年数が決まっていて、実務経歴書で経験年数が確認できるようにして受講を申し込めば、受講ができます。
廃棄物処理施設技術管理者講習の日数は、
破砕・リサイクル施設コースと有機性廃棄物資源化施設コースは、8日間43時間の受講が必要です。
他の5つのコースの場合は、10日間55時間の受講時間となります。

講義がすべて終了した後に、能力認定試験(廃棄物処理施設技術管理者試験)が行われ、40問の問題のうち、80%以上の得点が取れれば合格となります。万一、不合格でも、6か月以内に再試験を2回まで受けることができます。
基礎・管理コースを受講したときには、どのコースも、➀廃棄物概論、②廃棄物処理施設の構造と維持管理、③安全と安全衛生管理、④測定分析の実際、について講義を受けます。
管理課程では、①廃棄物処理法・関係法規、②管理監督の理論と実際、③廃棄物処理技術特論、④施設運営管理、⑤施設設備計画・実際、⑥処理機能維持・評価、⑦能力認定試験、についての講義を受けます。

廃棄物処理施設技術管理者試験の過去問

廃棄物処理施設技術管理者試験ではどのような問題が出されるか、例題を紹介しましょう。問題はコースによって専門性ある問題も含まれますが、ここでの紹介はコースに関して重点は起きません。

 次の問題文で適当であれば○を、適当でなければ×を付けなさい。
1円で売れるものは何でも「有価物」になるので、廃棄物処理法の適用は受けない。
【× 1円で買い取っても運送費に100円掛かれば、99円の廃棄物処理となり、廃棄物の委託と受け取られる。】

 次の問題文で適当であれば○を、適当でなければ×を付けなさい。
産業廃棄物を排出事業者が自分で運搬するときは、収集車両に「産業廃棄物運搬車」という表示は必要ない。
【× 排出事業になるから、誰の運転の車でも、表示が必要。】

 次の問題文で適当であれば○を、適当でなければ×を付けなさい。
産業廃棄物保管場所には、周囲に囲いを設ける必要がある。
【○ 囲いは必要。ただし、コンテナで保管をする場合、コンテナが囲いになるため、周囲をフェンスなどで囲う必要はない。】

 次の問題文で適当であれば○を、適当でなければ×を付けなさい。
社名変更や代表取締役の変更が生じたら、必ず委託契約書の新規作成し直しが必要。
【× 社名変更や代表取締役は法的記載事項でないため。】

 次の問題文で適当であれば○を、適当でなければ×を付けなさい。
事業活動によって生じた廃棄物は、産業廃棄物以外のものでも、産業次廃棄物として扱う。
【× 産業廃棄物以外の廃棄物は全て一般廃棄物。】

 次の問題文で適当であれば○を、適当でなければ×を付けなさい。
製紙工場から排出される紙屑、少量品製造業から排出される動植物性残さは産業廃棄物であるが、商店や病院から排出される紙屑や残飯類も産業廃棄物である。
【× 一般廃棄物として扱う。】

 次の問題文で適当であれば○を、適当でなければ×を付けなさい。
保管する産業廃棄物の数量は、処理施設の1日当たりの処理能力に相当する数量に20を乗じて得られる数量を超えないようにする。
【× 1日当たりの処理能力に相当する数量に14を乗じて得られる数量である。】

 次の問題文で適当であれば○を、適当でなければ×を付けなさい。
排出事業者は、委託した産業廃棄物による生活環境上の支障が起きた場合、その不適正 処理が行われる可能性が得るような状況であれば、現地確認の調査行動を行わないと、注意義務違反として支障をなくすように命じられる場合がある。
【○】

 次の問題文で適当であれば○を、適当でなければ×を付けなさい。
廃石膏ボードは、ガラスくずとみなせるが、紙と分離した後の石膏粉も含め、安定型最終処分場での処分ができないため、管理型産業廃棄物になる。
【○】

 建設工事で生じる廃棄物を、産業廃棄物処理業許可を持たない下請業者が運搬できる条件として不適切なものに、×を付けなさい。
a.特別管理産業廃棄物以外の廃棄物。
b.一回あたりに運搬量が、1㎥以下である。
c.新築工事であり、請負金額が 500 万円以下である。
【× 請負金額に関わらず認められない。】
d.個別の工事ごとに、工事請負契約で下請業者が運搬する旨を定める。

 事業場敷地内に関連事業者(親子関係のない)が複数社いる場合、産業廃棄物の管理方法が不適切なものに×を付けなさい。
a.保管場所は、代表事業者が集荷場所を提供し、まとめて集積している。
b.関連事業者ごとの保管産業廃棄物と、複数社分まとめた集積が混在する。
c.各関連事業者の産業廃棄物を、同一の処理業者に委託し、代表事業者の名義で処理委託契約書を締結している。
【× 排出事業者責任は各関連会社それぞれにあるため、各会社が契約書を取り交わす。】
d.マニフェストは、集荷場所を提供する事業者が各事業者の依頼を受けて、同事業者の名義で交付している

 次の文章で、内容が適切なら○、不適切なら×を記入しなさい。
a.フロン排出抑制法で規制のフロン類の破壊は、廃棄物処理法の処理基準の規制を受ける。 【×】
b.排出事業者が処分業者施設まで自分で運搬する場合、運搬時に備え付ける書面は紙マニフェストでの代用が可能。 【○】
c.家電リサイクル法対象機器は一般廃棄物のみで、産業廃棄物は対象外である。 【×】
d.事業活動によって排出された廃棄物は全て産業廃棄物である。 【×】

廃棄物処理施設技術管理者試験の勉強法

廃棄物処理施設技術管理者試験に合格するための勉強方法は、講義をしっかり聴くことに尽きます。廃棄物処理施設技術管理者講習のテキストや問題集は、かなりのページ数があり、また、内容も難しいことが書いてあるため、一夜漬け的にテキストを読んでも、頭に入ることはないでしょう。
講師が講義で、重要な点や覚えておくべき言葉などを指摘し、問題はそこから出る確率が高いと言われています(ただし、真偽は全く分かっていません。受験者は想像できるかもしれません)。
講義が始まったら、講師の方が、重要なポイントは指摘されますので、テキストにマークを入れるか、書き止めるなどで、忘れないことが大事です。

廃棄物処理施設技術管理者講習会は、長時間の講義で、なおかつ、テキストの厚さも分厚いため、マークをしても、そのマーク部が徐々に増えて見返しても、重要ポイントが多過ぎることになり、最終試験問題のために何を忘れないようにすべきか分からなくなりそうです。
そこで、マークを入れると同時に、ノートに覚えることを簡単に書き止め、1日の講義が終了した時や、休憩時などに重要点を整理することで、覚えるべきことをはっきりさせる効果があります。
講義を受けるに当たって注意することは、講義時間が長いと言って居眠りをしないことです。うっかり居眠りをしたときに、覚えるべきポイントを聞き逃してしまい、そこが問題となって出ても対応できず、不合格となる可能性は何としても避けたいものです。

廃棄物処理施設技術管理者試験は、講習会を受講後修了試験に合格すると資格を得られる

廃棄物処理の基本事項や廃棄物処理施設の資格を得るには、廃棄物処理施設技術管理者講習会を受講して、受講後の修了試験(廃棄物処理施設技術管理者試験)に合格すれば、その施設管理の資格が得られます。講習会の形式は、基礎・管理課程と管理課程があり、管理課程でどのコースを選ぶかで、受講日、受講日数、受講料が異なります。基礎・管理課程を受講する場合の受講資格は、20歳以上であれば誰でも受講が可能です。管理課程だけで廃棄物処理施設技術管理者試験を受けるときは、学歴に応じた実務の経験年数が決まっていて、実務経歴書で経験年数が確認できるようにして受講を申し込めば、受講ができます。廃棄物処理施設技術管理者講習の日数は、破砕・リサイクル施設コースと有機性廃棄物資源化施設コースは、8日間43時間の受講が必要で、他の5つのコースの場合は、10日間55時間の受講時間となります。

講義がすべて終了した後に、能力認定試験(廃棄物処理施設技術管理者試験)が行われ、40問の問題のうち、80%以上の得点が取れれば合格となります。万一、不合格でも、6か月以内に再試験を2回まで受けることができます。廃棄物処理施設技術管理者試験に合格するための勉強方法は、講義をしっかり聴くことに尽きます。廃棄物処理施設技術管理者講習のテキストや問題集は、かなりのページ数があり、また、内容も難しいことが書いてあるため、一夜漬け的にテキストを読んでも、頭に入ることはないでしょう。講師が講義で、重要な点や覚えておくべき言葉などを指摘し、問題はそこから出る確率が高いと言われています(ただし、真偽は全く分かっていません。受験者は想像できるかもしれません)。講義が始まったら、講師の方が、重要なポイントは指摘されますので、テキストにマークを入れるか、書き止めるなどで、忘れないことが大事です。

廃棄物処理施設技術管理者講習会は、長時間の講義で、なおかつ、テキストの厚さも分厚いため、マークをしても、そのマーク部が徐々に増えて見返しても、重要ポイントが多過ぎることになり、最終試験問題のために何を忘れないようにすべきか分からなくなりそうです。そこで、マークを入れると同時に、ノートに覚えることを簡単に書き止め、1日の講義が終了した時や、休憩時などに重要点を整理することで、覚えるべきことをはっきりさせる効果があります。講義を受けるに当たって注意することは、講義時間が長いと言って居眠りをしないことです。うっかり居眠りをしたときに、覚えるべきポイントを聞き逃してしまい、そこが問題となって出ても対応できず、不合格となる可能性は何としても避けたいものです。


タイトルとURLをコピーしました