総合評価落札方式 01/その他の管理技術力の解答例


最低限の努力で合格点が獲れる、RCCM試験に合格したいあなたへ
次のページは、RCCM試験の、問題1 業務経験論文、問題2 一般知識問題、問題3 管理技術力の記述問題、問題4-1 基礎技術問題、問題4-2 専門技術問題(道路、河川砂防海岸、鋼構造コンクリート)のページです。
過去問を徹底分析した出題予想と使える解答例を多数紹介しています。

RCCM試験のデジタル教材が選ばれる理由は、
・現役の技術士が作成した確実に合格点が獲れる教材
・驚異の的中率を誇る出題予想、過去問と解答例
・試験対策の優先順位がハッキリわかる
・最低限の努力で合格点が獲れる
・スマホで使える。通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができる

RCCM試験の過去問、出題予想と解答例/問題1・2・3・4-1・4-2の全問に対応

RCCM試験/その他の管理技術力の解答例の一覧ページです。

総合評価落札方式 01/その他の管理技術力の解答例

問い
 公共調達に際しての選定方式の1つである総合評価落札方式について、以下の点について述べなさい。(ここでいう総合評価落札方式は、総合評価型プロポーザルのことではない)
① 総合評価落札方式の概要を述べるとともに、公共調達において総合評価落札方式が着目されている背景ついて述べなさい。
② 建設コンサルタント業務に総合評価落札方式を導入する意義と課題について述べなさい。

解答例
1.総合評価落札方式の概要と着目される背景
 平成17年4月に施行された「公共工事の品質確保の促進に関する法律」において、公共工事の品質は、「経済性に配慮しつつ価格以外の多様な要素をも考慮し、価格及び品質が総合的に優れた内容の契約がなされることにより、確保されなければならない」と規定されており、公共工事の品質確保のための主要な取り組みとして総合評価方式の適用を掲げている。
 国土交通省においては、平成11年度より大規模かつ難易度の高い工事を対象に、ライフサイクルコストを含めた総合的なコスト、工事目的物の性能・機能、環境の維持や交通の確保等の社会的要請事項に関する技術提案を入札者に求め、これらと価格を総合的に考慮して落札者を決定する総合評価方式を試行してきたところである。
 公共工事全体の品質の確保のためには、より規模の小さな工事を含め原則としてすべての工事において総合評価方式を適用していくことが求められている。
 国土技術政策総合研究所においては平成17年5月に「公共工事における総合評価方式活用検討委員会」を設置し、総合評価方式のより一層の活用促進に向けた検討を行っている。「河川・ダム部会」「道路部会」等の作業部会を設置し、総合評価方式のより適切な運用に向けて、代表的な工種を例に、工事特性を踏まえた課題設定やタイプに応じた評価のあり方等について検討を進めるとともに、これらの検討の結果を平成20年度の委員会報告である「総合評価方式の改善に向けて~より適切な運用に向けた課題設定・評価の考え方~」がとりまとめられている。

2.総合評価落札方式を導入する意義と課題
(1) 総合評価方式における課題設定・評価の配慮
 総合評価方式を適用するにあたっては以下の考え方に基づき、タイプ選定、課題設定及び評価を行う。
 河川・ダム、道路、営繕及び港湾空港の各分野毎に具体的な課題設定・評価の考え方をとりまとめ、発注担当者に考え方の浸透を図ることが重要である。
(2) 技術的難易度評価に基づくタイプ選定
 現状では工事規模(予定価格)等により機械的にタイプ選定している傾向が見られる。今後は現在行っている工事技術的難易度評価の結果を活用し、総合評価方式のタイプ選定を行う。技術提案により更なる品質向上を図る必要のある事項がある場合には標準型、ない場合には簡易型を適用する。
 標準型においては、課題設定数と個々の課題の難易度を勘案して、作成に一定期間以上を必要とする技術提案を求める場合には標準型(1型)を適用し、求めない場合には標準型(H型)とする。
 高度技術提案型は「公共工事における総合評価方式活用検討委員会報告~総合評価方式適用の考え方~」のフローに基づき選定する。高度技術提案型は、構造上の工夫や特殊な施工方法等を含む高度な技術提案を求めることにより、民間企業の優れた技術力を活用し、公共工事の品質をより高めることを期待するものであり、WTO対象工事等、技術的工夫の余地が大きいと考えられる工事を女橡に積極的な適用を図る。
(3) 評価結果の公表方法の統一化
 評価の透明性をより一層高めるため、評価結果の公表方法を統一する必要がある。

3.おわりに
 国土技術政策総合研究所においては、今後も総合評価方式の事例の収集・分析を通じて、適宜必要な改善を図るとともに、各地方整備局を始め、公共工事の発注に参考となる情報を提供していくことにより、総合評価方式の活用促進に努めていく必要がある。
                             - 以 上 -

RCCM試験の記述問題では、文章力以外にも誤字脱字、採点者にわかりやすいよう丁寧な字を書くことも必要になります。普段あまり文字を書かない方は十分な勉強時間を確保し、記述問題をクリアできるように繰り返し学習してください。
RCCM試験の記述式の問題は、事前の準備、対策次第で得点が取れるかが決まる問題です。過去問の解答例、テキストや記述の部品集をもとに解答を作ってみて慣れてきたら同僚や上司に添削してもらうのが良いでしょう。
RCCM試験の業務経験論文問題は業務実績証明書に記載した経験業務の中から3つ選び記入します。過去に業務実績証明書記載欄の番号を間違えて採点をしてもらえなかったという事例もあるので間違いの内容注意してください。見直しの際には必ず番号の確認をしてください。試験当日に見直しまでの時間の余裕が確保できるよう、勉強の際は手書きで試験の制限時間2時間を意識した練習も取り入れてください。
RCCM試験の管理技術論文対策で重要なことは、論文を複数用意しておくことです。毎年3つのテーマの中から1つを選択し論文を書く問題になっているため、少なくとも3つのテーマに沿った論文を試験日までに準備するのが良いでしょう。

総合評価落札方式 02/その他の管理技術力の解答例

問い
 公共調達に際しての選定方式の1 つである総合評価落札方式について、以下の点について述べなさい。(ここでいう総合評価落札方式は、総合評価型プロポーザルのことではない)
① 総合評価落札方式の概要を述べるとともに、公共調達において総合評価落札方式が着目されている背景ついて述べなさい。
② 建設コンサルタント業務に総合評価落札方式を導入する意義と課題について述べなさい。

解答例
 公共工事は、調達時点で品質を確認できる物品の購入とは異なり、施工者の技術力等により品質が左右される。また、公共工事の計画立案、調査設計など事業の上流部において実施される調査・設計業務についても、公共工事と同様に、業務を実施する技術者の技術力が成果品の品質に大きな影響を与える。
 一方、現在のわが国の厳しい財政状況を背景に、公共投資の削減が続けられてきた結果、公共工事と同様に、それに係る調査・設計についても不適格業者の参入によるダンピング受注の発生や成果品の品質低下など、公共工事の品質確保についても懸念が高まってきている。

1.総合評価落札方式の概要と着目される背景
 総合評価落札方式の標準型では、業務の実施方針以外に評価テーマを設定し技術提案で評価することで成果品の品質が向上する業務を対象としている。評価テーマの設定例を見ると、土木分野では、施工、調査設計に関するテーマが最も多く38%、次いでコスト縮減37%、工期短縮20%となっており、技術面、経済性での課題を解決するための提案を求めるものが多くなっている。測量分野では、品質、精度向上が68%、安全管理が44%、地質調査分野では施工、調査設計に関する技術が71%、品質、精度向上が42%と業務内容に応じて評価テーマが設定されている。
 評価テーマは、業務遂行上の課題そのものであり成果品質を左右することから、技術点の配点の1/3程度と比較的大きなウエイトを占めているのが一般的である。得点率を見ても評価テーマに対する提案の妥当性や的確性について落札者と非落札者の平均得点率の差が5.8%と比較的大きいことから、提案内容の優劣に応じて技術点に差がつきやすい評価項目であるといえる。
 総合評価落札方式の評価項目の採用率と平均配点率では、評価テーマに関する提案、実施方針についての評価項目に重点が置かれている。これ以外に土木分野では予定管理技術者、測量分野では予定主任技術者、地質調査分野では予定管理技術者と予定主任技術者の両方の評価項目に重点が置かれている傾向がある。

2.総合評価落札方式を導入する意義と課題
(1) 加算方式と除算方式の使い分け
 加算方式では工事の難易度、規模等に応じて価格と技術の配点を適切に設定することにより、品質向上(得点率の向上)と施工コスト縮減(入札率の低下)のバランスがとれた応札が期待できる。一方、除算方式では得点率を上げるよりも入札率を下げる方が高い評価値を得やすいため、競争参加者は品質向上(得点率の向上〉よりも、施工コストを下げる技術開発またはダンピングによる応札(入札率の低下)を行う傾向が強くなる。
 今後、加算方式の試行結果とともに、加算方式と除算方式の概念や評価値算定式の特性、工事成績評定等による効果の検証、さらに競争参加者の応札行動やダンピング等の状況を踏まえながら、加算方式と除算方式の使い分けについて検討していく必要がある。
(2) 手続の効率化
 事後審査型入札方式は、発注者には技術審査・評価に係る事務量の軽減、受注者には配置予定技術者の確保期間の短縮が期待されることから、簡易型及び標準型において試行に向けての検討が重要である。
 二段階選抜方式は、発注者には技術審査・評価に係る事務量の軽減及び期間の短縮、受注者には技術提案に係る負担の軽減、さらに選定された競争参加者が優れた技術提案を提出するインセンティブの向上に繋がることが期待されることから、難易度の高い技術が必要な課題を設定する標準型(1型)及び高度技術提案型における試行に向けての検討が重要になる。
                             - 以 上 -

問題によって過去問からの引用や類似の問題が多く出題される傾向のある大問や、解答する問題を選択できるものがあります。逆に、例年新規の問題が出題され、また記述式で解答を求められる問題もあります。全ての大問で50%以上の正答を取らなければならないため、ポイントをしぼった勉強を行うことが重要となります。
RCCM資格制度概要にはRCCM資格取得者に求められる能力として「設計業務の特質を理解し、円滑、適正に業務を進めるための技術管理能力と当該専門分野の技術力」と記述されています。そのため資格試験の内容も専門技術力、管理技術といった能力が一定水準以上のものであるかを問われる内容となっています。
午前中の試験である問題1では自身の業務経験の中から経験論文として記述する問題が出題されます。RCCMでは管理技術力が求められるため、内容は業務管理についての創意工夫した点を記述していきましょう。
RCCMの出願書類に必要な、業務実績証明書の業務実績は受験される部門のものを記載してください。業務実績証明書の最後に証明印(会社印・代表者の役職印)が必要になります。証明印がないと受験できないので注意してください。


タイトルとURLをコピーしました