プロポーザル方式 01/その他の管理技術力の解答例


最低限の努力で合格点が獲れる、RCCM試験に合格したいあなたへ
次のページは、RCCM試験の、問題1 業務経験論文、問題2 一般知識問題、問題3 管理技術力の記述問題、問題4-1 基礎技術問題、問題4-2 専門技術問題(道路、河川砂防海岸、鋼構造コンクリート)のページです。
過去問を徹底分析した出題予想と使える解答例を多数紹介しています。

RCCM試験のデジタル教材が選ばれる理由は、
・現役の技術士が作成した確実に合格点が獲れる教材
・驚異の的中率を誇る出題予想、過去問と解答例
・試験対策の優先順位がハッキリわかる
・最低限の努力で合格点が獲れる
・スマホで使える。通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができる

RCCM試験の過去問、出題予想と解答例/問題1・2・3・4-1・4-2の全問に対応

RCCM試験/その他の管理技術力の解答例の一覧ページです。

プロポーザル方式 01/その他の管理技術力の解答例

問い
 プロポーザル方式について、以下の観点から記述しなさい。
① 業務における建設コンサルタントの選定方式の1つであるプロポーザル方式の意義について、あなたの考え方を述べなさい。
② プロポーザルを作成する時に留意すべき事項について、あなたの専門とする分野において、3点あげて説明しなさい。

解答例
 公共工事の入札については、国土交通省で平成6年度から一般競争入札の導入や公募型指名競争入札の導入、さらに平成9年度にはバリューエンジニアリング(VE)方式や総合評価落札方式等、技術力を重視した多様な入札契約方式の導入が行われるなど、入札契約制度の改革が実施されている。さらに、平成13年度より「公共工事の入札及び契約の適正化の促進に関する法律」に基づき国、特殊法人、地方公共団体等のすべての発注者に対して、入札及び契約にかかる透明性・競争性の向上を図るための情報公開や不正行為の排除の徹底及び適正な施工体制の確保についての措置が義務づけられている。

1.プロポーザル方式の概要と意義
 プロポーザル方式は、発注者が複数の関心表明者に、対象プロジェクトの設計業務に対する設計体制、実施方法やプロジェクトに対する考え方、展開方法などについて技術提案を求め、設計者を特定する方法である。
 プロポーザル方式の対象となる業務としては、次のようなものが挙げられる。
○複数の分野にまたがる調査など広域かつ高度な知識と豊かな経験を必要とする業務
○高度な構造計算・解析を伴う比較検討、新技術を必要とする業務
○先端的な計測・試験などの実験解析、特殊な観測・診断を必要とする業務
○計画から設計まで一貫発注する業務
 プロポーザル方式における設計者の特定は、技術提案と配置予定者の資格・経験から選定し、提案の独創性等を的確に判定するための評価方法や技術者の業務実績等を適正に評価する手法を確立する必要がある。

2.プロポーザルを作成する上での留意点
(1) 会社の業務実績についての記載
 企業の設計実績は、同種・類似業務の設計実績について、企業が同種・類似業務の設計実績を有すること、企業の設計成績評点の平均点が一定の点数を満たしていること等に配慮して、技術提案書を作成する。
 新規性が高く新技術を採用する業務では、新規参入企業に対しても門戸を開放する方向で評価される傾向もあるため、企業の設計実績が適切かどうかの視点から、適切性に留意して技術提案書を作成する。
(2) 配置予定技術者についての記載
 配置予定技術者の能力については、配置予定技術者が同種・類似業務の設計実績を有すること、配置予定技術者の設計成績評点の平均点が一定の点数を満たしていることなどが評価されるため、技術的能力に応じた技術者の配置を行う。
(3) 設計共同体による業務の記載
 プロポーザル方式又は総合評価落札方式において設計共同体による競争参加を受けた場合には、技術力を結集して業務を実施することによる利点を適切に評価できるよう配慮する。また、このような設計共同体による業務の場合は、予定管理技術者に加え、設計共同体の構成員となっている他社の担当技術者(分担業務の責任者)もあわせてヒアリングが行われるため、それらを考慮して技術者選定と実施体制を行う必要がある。
(4) 提案の適格性・独創性・現実性
 業務について、その目的・内容・諸条件を正しく把握した十分に適格性のある提案であること。また、提案が独創性に富み、技術的テーマ・主張を持ったものであること。現地特性、環境面、経済性、施工性などについて、十分に検討された現実性のある提案であること。
(5) 工程計画及び動員計画の妥当性
 工程計画及び技術者の動員計画については、業務の実施方針や手法に対応して、的確な計画であることを強調して作成する。
                             - 以 上 -

RCCMとは、シビルコンサルティングマネージャーの略称で、建設コンサルタント業務にかかわる責任ある技術者として管理技術者・照査技術者になる資格ですRCCMには設計業務の特質を理解し円滑、適正に業務を進めるための技術管理能力と当該専門分野の技術力が求められます。
問題2は過去問題からの類似問題や引用問題が出題される傾向があります。しかし、何問か出題される国土交通白書からの引用出題は、出題範囲が広く、過去問からの対策が難しいものとなっています。そのため過去問からの引用等の得点しやすい問題をとりこぼさないようにすることが重要です。
RCCM試験の問題3管理技術では、3問中から1つ選択する記述式の問題になります。文字数は1600字になり管理に関する分野、インフラ整備に関する分野から出題されます。近年の傾向としては、維持管理に関する問題が多いので、重点的に過去問解答例を把握しておく必要があるでしょう。
RCCMの資格取得することでは管理技術者や照査技術者となることができます。業務の中で責任ある立場となることができるため、資格取得の難易度もそれに見合ったものとなっています。試験内容も専門技術力、管理技術といったRCCMを取得後に、業務を遂行する上で必要な技術力が十分に備わっているかを問う内容となっています。

プロポーザル方式 02/その他の管理技術力の解答例

問い
 プロポーザル方式について、以下の観点から記述しなさい。
① 業務における建設コンサルタントの選定方式の1つであるプロポーザル方式の意義について、あなたの考え方を述べなさい。
② プロポーザルを作成する時に留意すべき事項について、あなたの専門とする分野において、3点あげて説明しなさい。

解答例
 すべての発注者に統一的に整合をもって、公共工事の入札契約の適正化を図るための公共工事の入札及び契約の適正化を図るための措置に関する指針が策定され、各発注者においてその取り組みが進められている。
 一方、設計や調査業務といった建設コンサルタントの業務についても、入札契約制度は、既にプロポーザルや公募型の競争入札が従来から導入されているが、平成11年10月に当時の建設省が設計・コンサルタント業務等入札契約問題検討委員会を設置して、入札契約プロセスにおける一層の競争性、透明性の確保を念頭に置き、より技術的な質の高い業務成果を得るため、業務発注等のあり方について検討が行われ、これを受けて中間取りまとめの公表など様々な動きが出てきている。

1.プロポーザル方式の概要と意義
 調達方式選定の考え方として、建設コンサルタント業務の調査・設計の契約に当たっては、調査・設計の内容に照らして技術的な工夫の余地が小さい場合を除き、プロポーザル方式、総合評価落札方式のいずれかの方式を選定することを基本とするとされている。
 プロポーザル方式(総合評価型又は技術者評価型)については、当該業務の内容が技術的に高度なもの又は専門的な技術が要求される業務であり、提出された技術提案に基づいて、仕様を作成するほうが最も優れた成果を期待できる場合は、プロポーザル方式が選定される。
 総合評価型プロポーザル方式においては、業務内容に応じて具体的な取り組み方法の提示を求めるテーマ(特定テーマ)を示し、特定テーマに関する技術提案と当該業務の実施方針の提出を求め、技術的に最適な者を特定する。
 技術者評価型プロポーザル方式においては、当該業務の実施方針の提出を求め、技術的に最適な者を特定する。なお、技術者評価型プロポーザルについては、今後見直しの予定があり、暫定的な位置づけとされている。

2.プロポーザルを作成する上での留意点
(1) 高度な技術、優れた工夫が求められる技術提案
 新技術および特殊な施工方法等の高度な技術または優れた工夫を含む技術提案が求められた場合には、経済性に配慮しつつ、おのおのの提案とそれに要する費用が適切であるかを確認し、最も優れた計画であることを強調した技術提案とする。
 また、このような新技術および特殊な技術提案を行う場合は、当該技術提案を公正な立場から判断できる学識経験者の意見を聴取することも重要である。
(2) 技術的な工夫が小さい一般的な工事の技術提案
 技術的な工夫の余地が小さい一般的な工事においては、施工手順・工期の設定等の妥当性、地形・地質等の地域特性への配慮を踏まえた提案の適切性等の施工計画への配慮を強調した技術提案とする。
 また、品質確認頻度や方法、企業の工事実績・成績、配置予定技術者の経験等の品質管理に配慮した技術提案とする。
(3) 簡易型・標準型など形式別の技術提案
 簡易型では、簡易な設計計画として特定課題を設定せず、発注者が示す仕様に基づき計画する上でどういう点に配慮して設計するか(設計上配慮すべき事項)に留意して、技術提案を行う。また簡易型では、工事の特性から、発注者が示す仕様書通りに設計する上での配慮すべき事項が適切か不適切かが、評価(可か不可か)されることを基本として、技術提案を行う。
 標準型では、技術的難易度評価の結果をもとに、技術提案により更なる品質向上を図る必要のある事項について特定の課題を設定し、技術提案を行う。
                             - 以 上 -

RCCM試験は問題の範囲が広く、難易度も高いため「過去問と模範解答」による効率良い学習法での対策をおすすめします。過去問から要点をよく理解し、解答する練習を行いましょう。論文記述の試験では、専門知識や問題解決能力、課題遂行能力がRCCM取得者としてふさわしいかという点が問われます。これらを示す解答記述を行いましょう。
技術者として責任を全うしていくためには、常に最新の知識や技術を修得し、自己の能力の維持・向上を図ることが不可欠です。RCCM取得者も年々進化する、技術の発展、変化に対応した知識・技術力の維持を行うため継続的な学習を行うためにCPDの制度を設けてられています。
問題1の内容は業務経験を3つあげ概要を記し、そのうちの1つについて、技術上・管理上の問題点と対応、現時点での評価について記述することになります。自分の経験から記述する形式になるので事前準備をしっかり行なうことが大切です。
問題2の試験では一般知識についての問題が出題されます。過去問を繰り返し勉強することで得点アップが狙える箇所です。また、国土交通白書からの問題が新規で出題される可能性があるため、余裕があれば目を通しておいたほうがよいでしょう。


タイトルとURLをコピーしました