入札契約/管理技術力の部品集


最低限の努力で合格点が獲れる、RCCM試験に合格したいあなたへ
次のページは、RCCM試験の、問題1 業務経験論文、問題2 一般知識問題、問題3 管理技術力の記述問題、問題4-1 基礎技術問題、問題4-2 専門技術問題(道路、河川砂防海岸、鋼構造コンクリート)のページです。
過去問を徹底分析した出題予想と使える解答例を多数紹介しています。

RCCM試験のデジタル教材が選ばれる理由は、
・現役の技術士が作成した確実に合格点が獲れる教材
・驚異の的中率を誇る出題予想、過去問と解答例
・試験対策の優先順位がハッキリわかる
・最低限の努力で合格点が獲れる
・スマホで使える。通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができる

RCCM試験の過去問、出題予想と解答例/問題1・2・3・4-1・4-2の全問に対応

RCCM試験/その他の管理技術力の解答例の一覧ページです。

入札契約/管理技術力の部品集 1

1.入札・契約手続き改善の必要性
 「公共事業の入札・契約手続きの改善に関する行動計画」の目的は、質の高い公共事業の確保、より透明性・客観性・競争性の高い入札・契約制度への改革、内外無差別原則の徹底を図り国際化に対応した改革とすることにある。今後、我が国は、この行動計画の理念に基づき、透明性・客観性かつ競争性を確保した調達方式の採用、外国企業の適正な評価、入札談合等不正行為の防止等の具体的措置を実施していく必要がある。

2.プロポーザル方式
①プロポーザル方式とは
 国および一定の政府関係機関の公共事業に係わる設計・コンサルティング業務の調達については、公募型プロポーザル方式、または公募型競争入札方式が採用されている。プロポーザル方式は、発注者が複数の関心表明者に、対象プロジェクトの設計業務に対する設計体制、実施方法やプロジェクトに対する考え方、展開方法などについて技術提案を求め、設計者を特定する方法である。

②プロポーザル方式の対象となる業務
 プロポーザル方式の対象となる業務としては、次のようなものが挙げられる。
 ○複数の分野にまたがる調査など広域かつ高度な知識  と豊かな経験を必要とする業務
 ○高度な構造計算・解析を伴う比較検討、新技術を必  要とする業務
 ○先端的な計測・試験などの実験解析、特殊な観測・  診断を必要とする業務
 ○計画から設計まで一貫発注する業務

③プロポーザル方式における設計者の特定
 プロポーザル方式における設計者の特定は、技術提案と配置予定者の資格・経験から選定し、提案の独創性等を的確に判定するための評価方法や技術者の業務実績等を適正に評価する手法を確立する必要がある。

④会社の業務経歴についての記載
 過去数年間の同種又は類似業務、専門分野別の保有技術者数及び有資格技術者の保有状況等について記入し、十分に適応可能な実施体制であること、全社的な取り組みであることをアピールする。

⑤技術職員の経験と能力についての記載
 管理技術者・照査技術者・担当技術者について、資格及び専門分野の適切性、類似性の高い業務の経験、手持ち業務の件数、過去数年間に担当した業務の業務成績等を記入するとともに、各担当者の発表論文、表彰、取得特許等の状況を強調する。

⑥業務実施方針と手法についての記載
○業務説明書の理解度
  業務の目的、内容、現地特性、評価基準等を十分に 理解し、諸条件を多方面から検討して、技術上及び業 務実施上の問題点や課題を抽出する。
○業務方針の妥当性
  業務の実施方針について、技術的作業が明確なテー マを持ち、独創的な主張を持つものであることを強調 して作成する。
○提案の適格性・独創性・現実性
  業務について、その目的・内容・諸条件を正しく把 握した十分に適格性のある提案であること。
  提案が独創性に富み、技術的テーマ・主張を持った ものであること。
  現地特性、環境面、経済性、施工性などについて、 十分に検討された現実性のある提案であること。
○工程計画及び動員計画の妥当性
  工程計画及び技術者の動員計画については、業務の 実施方針や手法に対応して、的確な計画であることを 強調して作成する。

入札契約/管理技術力の部品集 2

RCCMとは、シビルコンサルティングマネージャー(Registered Civil Engineering Consulting Manager)の略称で、建設コンサルタント業務に関わる技術者として「管理技術者」・「照査技術者」になるための資格です。
RCCMの出願書類の業務実績証明書には過去4年間に担当した業務実績について、1年度あたり3件づつ、計12件記入します。記入内容は、発注機関名、業務の件名、実施した業務内容、従事期間の4項目です。
問題1の現時点での評価については、良かった点、悪かった点、反省すべき点を上げ、今後どのようにその事項を活かしていくかといったことを記述していきましょう。このページでは部品集、解答例も用意してあります。これを使えば論文構成が簡単に短時間で作成できるので活用してください。
RCCM試験の問題4-1基礎技術は、理系大学で習得する知識の基礎的な部分を問われる問題になっています。また過去問からの引用が半数以上あるため対策としては過去問を繰り返し解くことが正攻法になります。合格基準は問題4-1、4-2合わせた正解率が50%であることなので、どちらかが悪くてももう一方で挽回できます。


タイトルとURLをコピーしました