車両系建設機械運転技能者とは?試験の難易度・合格率・勉強法・過去問・解答速報をご紹介!


車両系建設機械とは、建設現場で整地・運搬・積み込み・掘削などを行う建設機械です。整地・運搬・積み込みを行う機械には、ブルドーザー、トラクターショベル、モーターグレーダーなどがあり、掘削用機械には、パワーショベル、バックホウ、ドラグライン、バケット掘削機などがあります。これらの機械は動力を使ってどこにでも自走できることが、杭打ち機のような建設機械とは異なるところです。労働安全衛生法では、3トン以上の車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)の運転は、運転技能講習を修了した者でないと、業務に就かせてはならないと規定されています。車両系建設機械運転技能者試験は、車両系建設機械を運転できるための技能講習会で、講習終了者には技能講習修了証が渡され、機械を操作するときは常時携帯が必要です。講習会の終了が資格取得の条件なので、ほとんど取得できると考えて良いでしょう。

車両系建設機械運転技能者とは

車両系建設機械運転技能者とは、労働安全衛生法で定められている、3トン以上の車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)の運転・操作が認められた作業者に与えられる国家資格です。

労働安全衛生法では、3トン以上の車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)の運転は、運転技能講習を修了した者でないと、業務に就かせてはならないと規定されています。

資格取得の条件

車両系建設機械運転技能者の資格を取得するには、車両系建設機械運転技能講習を受講し、学科終了試験と実技終了試験に合格する必要があります。

講習終了者には技能講習修了証が渡され、機械を操作するときは常時携帯することが必要です。講習会の終了が資格取得の条件なので、ほとんど取得できると考えて良いでしょう。

資格を取得することで運転できる建設機械

車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)運転技能講習

ブル・ドーザー、モーター・グレーダー、トラクター・ショベル、ずり積機、スクレーパー、スクレープ・ドーザー、パワー・ショベル、ドラグ・ショベル、ドラグライン、クラムシェル、バケット掘削機、トレンチャー、ミニショベル、油圧ショベル、大型油圧ショベル、ホイールローダーなど

車両系建設機械(解体用)運転技能講習

ブレーカ(アタッチメント機械)、鉄骨切断機、コンクリート圧砕機、解体用つかみ機など

車両系建設機械(基礎工事用)運転技能講習

くい打機、くい抜機、アース・ドリル、リバース・サーキュレーション・ドリル、せん孔機(チュービングマシンを有するものに限る。)、アース・オーガー、ペーパー・ドレーン・マシンなど

車両系建設機械運転技能講習

車両系建設機械運転技能講習会の内容は、学科と実技に分かれます。学科の講習内容は、走行時の装置の構造と取扱いに4時間、作業装置の構造と取扱いに5時間、運転一般知識に3時間、関連法規に1時間、合計13時間の講義です。学科講習が終了した後に、学科終了試験があり、これに合格しないと講習が終了済みとなりません。

車両系建設機械運転技能者講習の実技は、車両走行の操作に20時間、作業のための車両装置操作に5時間の実技訓練が行われ、終了後に、実技修了試験が行われ、そこで車両系建設機械運転技能者試験の合否が決まります。
実技の走向操作については、講習会場となる場所によって難しいコースもあります。講習会場の走向場所が平坦で常に整備されているわけではなく、荒れた場所なども想定して、走行方法を考えておくと、案外スムーズに運転できます。実際に、工事現場で走行するときは、走行が難しそうな場所も多いはずで、実際への応用と考えて、講義を受けるべきでしょう。
また、実技に関しては、職場では車両系建設機械の操作補助を日常的に行っていて、車両操作はできずとも、仕事の中で車両運転者が行う操作方法、安全対策、車両による作業などを、体験しておくことで、実技講義も分かり易く、実技試験も落ち着いて運転や操作ができるでしょう。

https%3A%2F%2Fwww.komatsu kyoshujo.co.jp%2Fkkjreservation%2Fsubjects%2FCourseListSkillVehiclesReadjustLand - 車両系建設機械運転技能者とは?試験の難易度・合格率・勉強法・過去問・解答速報をご紹介!
[技能講習]車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)運転技能講習|講習日程を見る|コマツ教習所
車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)運転技能講習のコースや受講要件、主な対象機械をご紹介しています。
https%3A%2F%2Fwww.sumitomokenki.co.jp%2Flicense%2Fnagoya%2Freserve%2Fcourse - 車両系建設機械運転技能者とは?試験の難易度・合格率・勉強法・過去問・解答速報をご紹介!
車両系建設機械運転技能講習(整地・運搬・積込・掘削) - 住友建機の教習所【愛知・岐阜・三重の免許・資格取得】
8d2253957a0498837808081e195019d6 - 車両系建設機械運転技能者とは?試験の難易度・合格率・勉強法・過去問・解答速報をご紹介!
車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)運転技能講習 | コベルコ教習所
車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)とは、労働安全衛生法施行令第20条第12号の別表7第1号、2号に掲げる建設機械で、動力を用い、かつ、不特定の場所に自走できるものをいいます。車両系建設機械は①整地・運搬・積込み用(ブルドーザー、トラ…
受講資格 18歳以上
受講区分 ・車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)運転技能講習
・車両系建設機械(解体用)運転技能講習
・車両系建設機械(基礎工事用)運転技能講習
受講内容 〇学科
①走行装置の構造・取扱い、②作業装置構造・取扱・作業方法、
③運転知識、④法令
〇実技
①走行操作、②作業装置の操作・合図
合格基準 講習後の修了試験に合格

日程

車両系建設機械の技能講習会は、全国都道府県各地で、いつでも受講できるため、1回受講を見逃しても、国家試験のように1年待つ必要はありません。

受講区分

・車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)運転技能講習
・車両系建設機械(解体用)運転技能講習
・車両系建設機械(基礎工事用)運転技能講習

講習時間

車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)運転技能講習

・学科
走行に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識(4時間)
作業に関する装置の構造、取扱い及び作業方法に関する知識(5時間)
運転に必要な一般的事項に関する知識(3時間)
関係法令(1時間)
・実技
走行の操作(20時間)
作業のための装置の操作(5時間)

車両系建設機械(解体用)運転技能講習

※整地・運搬・積込み用及び掘削用)運転技能講習を受けた者
・学科
走行に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識(4時間、※免除)
作業に関する装置の構造、取扱い及び作業方法に関する知識(5時間、※1時間)
運転に必要な一般的事項に関する知識(3時間、※0.5時間)
関係法令(1時間、※0.5時間)
・実技
走行の操作(20時間、※免除)
作業のための装置の操作(4時間、※1時間)

車両系建設機械(基礎工事用)運転技能講習

※移動式クレーン運転士免許を受けた者
・学科
走行に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識(4時間、※免除)
作業に関する装置の構造、取扱い及び作業方法に関する知識(6時間、※2時間)
運転に必要な一般的事項に関する知識(3時間、※1時間)
関係法令(1時間、※1時間)
・実技
走行の操作(10時間、※免除)
作業のための装置の操作及び合図(15時間、※5時間)

受験資格

車両系建設機械運転技能者試験の受験資格は、18歳以上であれば、誰でも受験することができます。

試験地

全国都道府県各地

学科講習の内容

学科の講習内容は、以下の通りです。合計13時間の講義が行われます。

・走行に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識:4時間
・作業に関する装置の構造、取扱い及び作業方法に関する知識:5時間
・運転に必要な一般的事項に関する知識:3時間
・関係法令:1時間

車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)の台数は10台以上あり、これらの共通部と機種ごとの構造や取扱いを講義するため、時間が13時間要することに納得がいきます。修了試験もこの中から出ますので、注意して聞いておく必要があります。

実技講習の内容

実技講習の内容は、車両走行の操作に20時間、作業のための車両装置操作に5時間の実技訓練が行われます。

実技の走向操作については、講習会場となる場所によって難しいコースもあります。講習会場の走向場所が平坦で常に整備されているわけではなく、荒れた場所なども想定して、走行方法を考えておくと、案外スムーズに運転できます。実際に、工事現場で走行するときは、走行が難しそうな場所も多いはずで、実際への応用と考えて、講義を受けるべきでしょう。

また、実技に関しては、職場では車両系建設機械の操作補助を日常的に行っていて、車両操作はできずとも、仕事の中で車両運転者が行う操作方法、安全対策、車両による作業などを、体験しておくことで、実技講義も分かり易く、実技試験も落ち着いて運転や操作ができるでしょう。そして重要なことは、操作一つ一つに、指差呼称することです。前方に人がいないのでエンジンをかけて走行を開始するとき、道前方を指さして「人なし安全よし」、「エンジン操作開始よし」「前方走向開始よし」など、常に指差呼称を忘れないことです。黙って操作すると、どんなに正確でスムーズは発進でも、減点対象になります。

車両系建設機械運転技能者試験

車両系建設機械運転技能者試験は、学科終了試験と実技終了試験の2種類です。

学科講習後に学科修了試験が実施されます。学科に合格すると、実技講習です。実技講習後に実技終了試験が行われます。合格率は公式の発表はありませんが、ほぼ100%と言われています。

車両系建設機械運転技能者試験の勉強方法

特別管理産業廃棄物管理責任者試験の勉強方法は、講義をしっかり聴くことです。テキストが講習会数日前に配布されますが、ざっと見程度で詳しく見る必要はありません。

講義では、講師の方が重要なポイント、覚えるべきところや語句などを指摘してくれますので、それらはテキストにマークを入れるなり、ノートに記録などして覚えるようにします。講師の方が指摘することのいくつかは、ほぼ終了試験に出ると考えて良いでしょう。

1日目の講習会が終了してから、自由な時間が持てますので、その日にやった事を、マークやノートへの記述をもとに整理し、覚えるようにします。

車両系建設機械運転技能者試験に落ちる人とは

講習会形式で講義の後で修了試験を行う資格は、数多くあります。そのような資格は、落ちる人が少ないのが一般的です。講師の方から、「真面目に話を聞いていれば落ちることはない」と言われることもあります。

それでも落ちる人がいる理由は、講師の指摘ポイントを聞き逃したためで、その中で多いのが、居眠りです。就職後に、2日間の座学を経験することはまれで、うっかり睡魔に襲われる場合もあります。そこをどう乗り切るかで、資格を得るかどうかが決まってしまいます。

テキストは購入すべき?

車両系建設機械運転技能者試験は、学科講習を真剣聞くだけで十分合格できます。あえて市販のテキストを購入する必要はありません。

市販されているテキスト・問題集については、下記ページで紹介しています。

19214115b821c48a7146132660182163 - 車両系建設機械運転技能者とは?試験の難易度・合格率・勉強法・過去問・解答速報をご紹介!
車両系建設機械運転技能者試験
受験資格 18歳以上   受講区分 … 杭打ち機、杭ぬき機、アースドリル、せん坑器、   ブレーカー、ブルドーザー、タイヤショベル、油圧ショベル等試験内容 学科試験   ①走行装置の構造・取扱い、②作業装置構造・取扱・作業方法、   ③運転

試験に合格するためのポイント

試験に合格するためのポイントは以下の通りです。

  • 動画の内容を真剣に聞き、ポイントをメモする
  • 動画視聴中に居眠りしない
  • マークシートの記入ミスに注意

当たり前のことばかりですが、合格するためには必要なことです。合格率が高い試験ですが、手を抜かず真剣に取り組みましょう。

タイトルとURLをコピーしました