車両系建設機械運転技能者試験 01


車両系建設機械とは、建設現場で整地・運搬・積み込み・掘削などを行う建設機械です。整地・運搬・積み込みを行う機械には、ブルドーザー、トラクターショベル、モーターグレーダーなどがあり、掘削用機械には、パワーショベル、バックホウ、ドラグライン、バケット掘削機などがあります。これらの機械は動力を使ってどこにでも自走できることが、杭打ち機のような建設機械とは異なるところです。労働安全衛生法では、3トン以上の車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)の運転は、運転技能講習を修了した者でないと、業務に就かせてはならないと規定されています。車両系建設機械運転技能者試験は、車両系建設機械を運転できるための技能講習会で、講習終了者には技能講習修了証が渡され、機械を操作するときは常時携帯が必要です。講習会の終了が資格取得の条件なので、ほとんど取得できると考えて良いでしょう。

車両系建設機械運転技能者試験の受験情報

受講資格 18歳以上
受講区分 ・車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)運転技能講習
・車両系建設機械(解体用)運転技能講習
・車両系建設機械(基礎工事用)運転技能講習
受講内容 〇学科
 ①走行装置の構造・取扱い、②作業装置構造・取扱・作業方法、
 ③運転知識、④法令
〇実技
 ①走行操作、②作業装置の操作・合図
合格基準 講習後の修了試験に合格

■運転できる建設機械
〇車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)運転技能講習
ブル・ドーザー、モーター・グレーダー、トラクター・ショベル、ずり積機、スクレーパー、スクレープ・ドーザー、パワー・ショベル、ドラグ・ショベル、ドラグライン、クラムシェル、バケット掘削機、トレンチャー、ミニショベル、油圧ショベル、大型油圧ショベル、ホイールローダーなど

〇車両系建設機械(解体用)運転技能講習
ブレーカ(アタッチメント機械)、鉄骨切断機、コンクリート圧砕機、解体用つかみ機など

〇車両系建設機械(基礎工事用)運転技能講習
くい打機、くい抜機、アース・ドリル、リバース・サーキュレーション・ドリル、せん孔機(チュービングマシンを有するものに限る。)、アース・オーガー、ペーパー・ドレーン・マシンなど

■講習時間
〇車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)運転技能講習
・学科
 走行に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識(4時間)
 作業に関する装置の構造、取扱い及び作業方法に関する知識(5時間)
 運転に必要な一般的事項に関する知識(3時間)
 関係法令(1時間)
・実技
 走行の操作(20時間)
 作業のための装置の操作(5時間)

〇車両系建設機械(解体用)運転技能講習
(※整地・運搬・積込み用及び掘削用)運転技能講習を受けた者)
・学科
 走行に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識(4時間、※免除)
 作業に関する装置の構造、取扱い及び作業方法に関する知識(5時間、※1時間)
 運転に必要な一般的事項に関する知識(3時間、※0.5時間)
 関係法令(1時間、※0.5時間)
・実技
 走行の操作(20時間、※免除)
 作業のための装置の操作(4時間、※1時間)

〇車両系建設機械(基礎工事用)運転技能講習
(※移動式クレーン運転士免許を受けた者)
・学科
 走行に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識(4時間、※免除)
 作業に関する装置の構造、取扱い及び作業方法に関する知識(6時間、※2時間)
 運転に必要な一般的事項に関する知識(3時間、※1時間)
 関係法令(1時間、※1時間)
・実技
 走行の操作(10時間、※免除)
 作業のための装置の操作及び合図(15時間、※5時間)

車両系建設機械運転技能者試験 試験で問われるもの

車両系建設機械運転技能者試験の勉強方法は、2日の学科講習があるため、講義の内容をしっかりと聴き、講師が重要と言ったことはテキストに線やマーカーで印をつけて、講義終了後に復習するようにします。学科の勉強方法として、講習の講義中に、講師の方がここは重要ですというようなことは、そこから学科試験に出る可能性が大きく、学科学習のポイントを押さえるための勉強方法として、効果的です。学科の講義はテキストを見れば十分という人がいますが、学科の修了試験には物理の問題も出ますが、ほとんどの人が物理からは遠ざかっているはずですので、解答は難しいでしょう。講師が解き方を簡単に説明を加えている場合は、その問題が出る可能性が高いでしょう。また、講義中に居眠りをする人がいますが、講師が指摘するポイントを逃すことになり、学科試験の合格率が下がる結果になります。

車両系建設機械運転技能者試験はいつでも全国都道府県各地で受講できる

車両系建設機械の技能講習会は、全国都道府県各地で、いつでも受講できるため、1回受講を見逃しても、国家試験のように1年待つ必要はありません。車両系建設機械運転技能者試験の受験資格は、18歳以上であれば、誰でも受験することができます。車両系建設機械運転技能者試験は、学科講習に13時間、実技講習に25時間、合わせて38時間の講習を5日間で行います。学科講習、実技講習の終了後に、修了試験が行われ、試験に合格して初めて免許が渡されます。
車両系建設機械運転技能講習会の内容は、学科と実技に分かれます。学科の講習内容は、走行時の装置の構造と取扱いに4時間、作業装置の構造と取扱いに5時間、運転一般知識に3時間、関連法規に1時間、合計13時間の講義です。学科が終了した後に、学科終了試験があり、これに合格しないと講習が終了済みとなりません。

車両系建設機械運転技能者講習の実技は、車両走行の操作に20時間、作業のための車両装置操作に5時間の実技訓練が行われ、終了後に、実技修了試験が行われ、そこで車両系建設機械運転技能者試験の合否が決まります。
実技の走向操作については、講習会場となる場所によって難しいコースもあります。講習会場の走向場所が平坦で常に整備されているわけではなく、荒れた場所なども想定して、走行方法を考えておくと、案外スムーズに運転できます。実際に、工事現場で走行するときは、走行が難しそうな場所も多いはずで、実際への応用と考えて、講義を受けるべきでしょう。
また、実技に関しては、職場では車両系建設機械の操作補助を日常的に行っていて、車両操作はできずとも、仕事の中で車両運転者が行う操作方法、安全対策、車両による作業などを、体験しておくことで、実技講義も分かり易く、実技試験も落ち着いて運転や操作ができるでしょう。

講習会の終了が車両系建設機械運転技能者の資格取得の条件です

車両系建設機械とは、建設現場で整地・運搬・積み込み・掘削などを行う建設機械です。整地・運搬・積み込みを行う機械には、ブルドーザー、トラクターショベル、モーターグレーダー、スクレーパー、クラムシェルなどがあり、掘削用機械には、パワーショベル、バックホウ、ドラグライン、バケット掘削機などがあります。これらの機械は動力を使ってどこにでも自走できることが、杭打ち機のような建設機械とは異なるところです。

労働安全衛生法では、3トン以上の車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)の運転は、運転技能講習を修了した者でないと、業務に就かせてはならないと規定されています。車両系建設機械運転技能者試験は、車両系建設機械を運転できるための技能講習会で、講習終了者には技能講習修了証が渡され、機械を操作するときは常時携帯することが必要です。講習会の終了が資格取得の条件なので、ほとんど取得できると考えて良いでしょう。

車両系建設機械の技能講習会

車両系建設機械の技能講習会は、全国都道府県各地で、いつでも受講できるため、1回受講を見逃しても、国家試験のように1年待つ必要はありません。車両系建設機械運転技能者試験の受験資格は、18歳以上であれば、誰でも受験することができます。

車両系建設機械運転技能者講義は、学科講習に13時間、実技講習に25時間、合わせて38時間の講習を5日間で行います。学科講習、実技講習の終了後に、修了試験(車両系建設機械運転技能者試験)が行われ、試験に合格して初めて免許が渡されます。
車両系建設機械運転技能講習会の内容は、学科と実技に分かれます。

学科講習の内容

学科の講習内容は、走行時の装置の構造と取扱いに4時間、作業装置の構造と取扱いに5時間、運転一般知識に3時間、関連法規に1時間、合計13時間の講義です。学科が終了した後に、学科終了試験があり、これに合格しないと講習が終了済みとなりません。
学科に合格すると、実技講習です。実技の講習内容は、車両走行の操作に20時間、作業のための車両装置操作に5時間の実技訓練が行われます。
合格率は公式の発表はありませんが、ほぼ100%と言われています。

講習の内容は、次のようなものが講義されます。
学科では、
・走行に関する装置の構造及び取扱いの方法に関する知識
・作業に関する装置の構造、取扱い及び作業方法に関する知識
・運転に必要な一般的事項に関する知識
・関係法令
が講義されます。しかし、車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)の台数は10台以上あり、これらの共通部と機種ごとの構造や取扱いを講義するため、時間が13時間要することに納得がいきます。修了試験もこの中から出ますので、注意して聞いておく必要があります。

実技講習の内容

実技講習で行うことは、
・走行の操作
・作業のための装置の操作
です。
終了後に、実技修了試験が行われ、そこで車両系建設機械運転技能者試験の合否が決まります。実技の修了試験は、正確に操作できるかどうかしかありません。

ここで、出てもよさそうな問題をいくつか紹介しましょう。これは実際の過去問ではなく、仮の設定問題です。
次の問題で適当である文章に○を付けなさい。
ただし、このような問題という例題なので、○×はつけた解答はありませんが、興味があれば、調べてください。しかし、結構の問題が、建設機械を扱う人にとっては、「常識」ではないでしょうか。

抑えておきたい建設機械のポイント

・作動タンクに取り付けられているエアブリーザーは、作動油タンク内の油のごみなどを除去する働きをする。
・作動油が乳白色になっている時は、気泡が混入しているだけで、油の交換までは不要である。
・タイヤの空気圧を低くすると、軟弱地盤の場所では走行し難くなる。
・ショベル系建設機械の作業装置は、上部旋回部に取り付けられているジッパーやバケットのことで、運転室は作業装置に含まない。
・整地・運搬・積み込み用機械は主としてショベル系建設機械であり、掘削用機械はトラクター系建設機械である。
・機械を発進するときに、ブレードバケット作業装置は、地上60cm程度の高さが良い。
・建設機械の運転後は、地盤の良い平坦な所に止め、バケットなどは地面に卸しエンジンを止め、キーはつけたままとする。
・ブルドーザーで倒木作業を行うとき、1速か2速の低速度で根を切りながら進む。
・スクレーパーを走行する時、ボウルはできるだけ低くし、重心が下がって走行しやすくする。
・作業中に建設機械の調子がおかしいときは、建設機械の不良個所を責任者に知らせ、作業は継続する。
・ドラグショベルで杭を打ち込むときは、バケットをゆっくり動かしながら打ち込む。
・締め固められた土は、土の強度は増加するが、雨水に対する耐久力が低下する。
・車両系建設機械をトレーラに積み下ろすときに使用する登坂用具は、幅が十分で強度を有する者を使い、しっかり固定すること。
・天秤棒で左側に20kg、右側に10kgの荷を付けると釣り合う。
・物体の底面積が同じなら、重心の位置を低くするほど安定する。
・トラクターショベルで走行中、急ブレーキをかけると、運転者は進行方向に倒れそうになるが、力学の遠心力の作用による。
・車両系建設機械を用途以外に使用しないこと。
・事業者が命令した場合、運転する資格がなければ、車両建設機械を運転士作業を行わない。
・車両系建設機械の運転業務では、技能講習修了証の携帯が必要である。

車両系建設機械運転技能者試験の勉強方法

車両系建設機械運転技能者試験の勉強方法は、2日の学科講習があるため、講義の内容をしっかりと聴き、講師が重要と言ったことはテキストに線やマーカーで印をつけて、講義終了後の自由時間に復習するようにします。学科の勉強方法として、講習の講義中に、講師の方がここは重要ですというようなことは、そこから学科試験に出る可能性が大きく、学科学習のポイントを押さえるための勉強方法として、効果的です。
学科の講義はテキストを見れば十分という人がいますが、テキストの内容が膨大過ぎて読み気にならないことと、学科の修了試験には物理の問題も出ますが、ほとんどの人が物理からは遠ざかっているはずですので、解答は難しいでしょう。
講師が解き方を簡単に説明を加えている場合は、その問題が出る可能性が高いでしょう。また、講義中に居眠りをする人がいますが、講師が指摘するポイントを逃すことになり、学科試験の合格率が下がる結果になります。

実技の走向操作については、講習会場となる場所によって難しいコースもあります。講習会場の走向場所が平坦で常に整備されているわけではなく、荒れた場所なども想定して、走行方法を考えておくと、案外スムーズに運転できます。実際に、工事現場で走行するときは、走行が難しそうな場所も多いはずで、実際への応用と考えて、講義を受けるべきでしょう。

また、実技に関しては、職場では車両系建設機械の操作補助を日常的に行っていて、車両操作はできずとも、仕事の中で車両運転者が行う操作方法、安全対策、車両による作業などを、体験しておくことで、実技講義も分かり易く、実技試験も落ち着いて運転や操作ができるでしょう。そして重要なことは、操作一つ一つに、指差呼称することです。前方に人がいないのでエンジンをかけて走行を開始するとき、道前方を指さして「人なし安全よし」、「エンジン操作開始よし」「前方走向開始よし」など、常に指差呼称を忘れないことです。黙って操作すると、どんなに正確でスムーズは発進でも、減点対象になります。


タイトルとURLをコピーしました