計装士試験 01


計装設備とは、プラント工場、生産工場、高層ビルなど建築物すべてで、生産品やユーティティなどを効率よく運用・管理・制御する設備です。計装士は、それらの計装設備の監理だけでなく、設計・施工・管理などを一手に引き受ける作業者です。その計装士の資格を与える試験が、計装士試験です。計装士には、1級と2級があり、2級は作業主任者、1級は作業管理者というような役割となります。計装士は国家資格ではなく、建設現場に常駐するという制約が法規上ありませんが、実質の作業上では、作業管理者や作業主任者の常駐がないと建設工事ができません。計装士試験は日本計装工業会が時視しますが、日本計装工業会は所属する計装士が試験などが行えるように、法律で決められています。そのため、計装士も準国家資格と言って良いでしょう。

計装士試験の受験情報

1級計装士 2級計装士
対象者 計装工事における上級の技術者が、通常有すべき知識及び技術の程度を基準とする。 計装工事における中級の技術者が、通常有すべき知識及び技術の程度を基準とする。
受験資格 計装工事の設計・施工の実務経験5年以上の者。
(2級有資格者は4年6ヶ月)
※1級の実務経験年数には、指導監督的実務経験1年以上を含む。
計装工事の設計・施工の実務経験2年以上の者。
試験形式 学科試験
・学科A・・・3時間(マークシート方式)
・学科B・・・1時間(マークシート方式)
実地試験
・選択・・・2時間(記述式)
・共通・・・2時間(記述式)
合格基準 学科試験及び実地試験のそれぞれにおいて、55~65%の正解率の範囲から決定

試験内容
1級
  学科試験
    ①計装一般、②計器、③計装設計、④工事の積算、⑤検査と調整
    ⑥工事施工法、⑦安全衛生、⑧法規
  実地試験
    ①工事計画、②材料並びに製品の判定、③計装設計、
    ④計装工事設計、⑤制御ロジック、⑥検査調整、⑦安全衛生、
    ⑧計装工事材料積算・計装工事工数積算
2級
  学科試験
    ①計装一般、②計器、③計装設計、④検査と調整、⑤工事施工法
    ⑥安全衛生、⑦法規
  実地試験
    ①工事計画、②材料並びに製品の判定、③計装設計、
    ④計装工事設計、⑤制御ロジック、⑥検査調整、⑦安全衛生、
    ⑧計装工事材料積算・計装工事工数積算

計装士試験 試験で問われるもの

計装士の資格取得者として求められる対象として、「計装工事における技術者が、通常有すべき知識及び技術の程度を有する者」と定義されており、試験では十分な知識や技術能力があるかが問われます。
学科Aでは計装一般知識、プラント・ビル等の計装設備について、学科Bでは施工管理法や関係法令について出題されます。「電気工事施工管理技士」、「管工事施工管理技士」、「電気通信工事施工管理技士」の資格を取得していると学科B試験を免除することができます。先にそちらの資格取得を目指すのも方法でしょう。
実地試験では選択式のマークシート方式ではなく、記述式で、設備計画や設備設計図の出題に答えることになり、学科試験時より深い知識が問われます。

計装士試験と受験資格

計装設備とは、プラント工場、生産工場、高層ビルなどの建築物で、製造品やユーティティなどを効率よく運用・管理・制御する設備です。計装士は、それらの計装設備の統括管理だけでなく、設計・施工・管理・検査などを一手に引き受ける技術者です。その計装士の資格を与える試験が、計装士試験です。計装士には、1級と2級があり、2級は作業主任者、1級は作業管理者(監督者)というような役割となります。
計装士は国家資格ではなく、建設現場に常駐するという制約が法規上ありませんが、実質にプラント建設などの作業が始まると、作業管理者や作業主任者が常駐しないと建設工事が進みません。
計装士試験は日本計装工業会が実施していますが、日本計装工業会は所属する計装士が試験などが行えるように、法律で決められています。そのため、計装士も準国家資格と言って良いでしょう。

計装士試験の受験資格は、1級は、設計・施工の実務経験5年以上か、2級取得後4年6ヶ月以上であることです。2級は、設計・施工の実務経験2年以上で受験資格が得られます。
計装士試験は、1級、2級ともに、学科試験と実地試験が行われます。
それぞれの合格率は、1級の学科試験は62%、実地試験は85%で、総合で53%です。一方、2級では、学科試験が60%、実地試験が90%と、総合で53%です。
1級、2級とも受験者の半数は合格することから、建設工事に必要な土木工事施工管理や管工事施工管理に比べれば、難易度はさほど高くないと言えます。
特に実地試験では90%近くが合格していることから、受験者は計装工事に精通した人が受験していると思われます。なお、計装士試験に合格するための得点率は、学科・実地ともに55%~65%以上の得点が必要で、年度によって少し変わるようです。

計装士試験、学科試験の内容

計装士試験の学科試験の内容は、1級も2級も、学科Aに3時間、学科Bに1時間の問題構成になります。
学科Aの問題は、計装一般知識とプラントやビルの計装設備に関しての問題です。
学科Bの問題は、プラントやビルの計装工事の施工管理と、関係法令についての問題です。問題内容はもちろん違いますが、1級も2級も同じ問題構成です。

学科Aの試験内容は、計装一般知識として、計装一般と計器についての出題です。計装設備(プラント、ビル)として、計装設計と工事積算と検査調整についての出題です。

学科Bは、施工管理(プラント設備、ビル設備)から工事施工方法、計装保冷関係から安全衛生と法規の科目に分かれます。この試験内容は、1級も2級も同じ内容です。また、学科試験は全てマークシート方式ですが、問題は一択問題もあれば、ある文章中にいくつかのブランクを設け、最も適した言葉群を選ぶ、という問題もあります。

学科試験の科目内容について、もう少し詳しく紹介しましょう。

学科Aの計装一般科目からは、計装の意義・測定・制御・信号の伝送と処理について出題されます。
計器科目からは、計装機器・計装システム・検出部と変換部と伝送部についての問題です。
計装設計科目からは、計装工事設計概要・計装記号と図記号・計装動力源・計装信号・国内外の規格・計装配線工事設計・計装配管工事設計・メンテナンスなどから出題されます。
工事積算科目からは、計装工事積算の概要について問われます。
学科Aの最後の科目検査と調整では、試験検査の種類・計装配線検査・配管工事検査・計器の調整からの問題です。

学科Bでは、工事施工法の科目からは、盤類の据付け・機器類の据付け・ダクトやラックやトラフの据付け・配線配管工事・防爆と接地工事・工事用の工具・工程管理からの問題で、広範囲に及びます。
安全衛生科目では、労働安全衛生法と労働安全衛生規則と通則及び安全衛生基準からの安全に関する規定や遵守事項などが問題となります。
学科Bの最後の科目、法規からは、労働安全衛生法関連・労働基準法概要・法令の種類・工事に係る法規についての問題です。

計装士試験、実地試験の内容

計装士の実地試験は、学科試験から4か月後に実施されます。解答時間は4時間です。
実地試験の内容は、計装設備計画(基本計画と施工計画)、計装設備設計図(プラント設備とビル設備)の図面から、工事計画・材料と製品の判定・計装設計・計装工事設計・制御ロジック・検査調整・安全衛生・計装工事材料積算・計装工事工数積算などの項目を、図面から読み取って、記述して解答したり、図面中に書き込んだり、図面を作成することなどが問題として出されます。

計装士試験の過去問

学科試験A,Bと実地試験からの出題問題を、いくつか具体的に紹介しましょう。
制御の問題に出るのは、制御システムのループ図を示して、同時にブロック図を示して、ブロック図に入る言葉のいくつかをブランクとして、ブランクに合った言葉を、解答群から選ぶという問題があります。この問題では、ループ図とブロック図に互いに分解できる要素と、制御の言葉を知っているかを評価されます。

測定についてよく問題となるのは、単位変換です。単位はSI単位が基本ですが、計装では、MKS系の単位の方が分かり易く、計器などには併記されたりしますが、単位変換は重要です。1桁誤ると、使い物にならない計装システムができてしまいます。

単位と同様に重要なものに、精度があります。最近の計器は皆ディジタル化されていますが、計器の誤差は測定値の許容値は何%までと決まっているため、計器の1ビットの狂いがどう影響するかが、簡単な計算の問題として出されます。

シーケンスのフロー図を示し、論理回路図を作図させる問題はよく出る問題ですが、論理素子の記号の書き方はいろいろあるため、問題の注意書きで何を使うかがあるかどうかを確認する必要があります。さらに、問題の展開として、論路回路から真理値表を作成させ、シーケンス回路とあっているかどうかを検証させる問題もあります。

計器の種類の問題に出やすいのは、測定レンジを数本描いて、それぞれのレンジはどのような種類の計器に合致するかを記述させる問題も出やすいでしょう。計器種は、温度、流量、圧力などの計器が対象になります。

1プラント分の計装図面から、計装工事材料がどれだけ使われ積算される問題、計装工事に総工数を積算させる問題も出題されます。このような問題は、1ループごとに材料や工数を割り出して、総計すれば積算できるため、落ち着いて1つずつ計算することが賢明です。

計装士試験の勉強法

計装士試験の勉強法ですが、計装という特殊な分野の科目であるため、計装に特化したテキストと過去問数年分を繰り返し、勉強することが効果的です。ただ、計装士試験用の過去問は、日本計装工業会からしか購入できないため、テキストと数年分の過去問が一緒になった、テキストを手に入れて勉強するのがおすすめです。
テキストは学科用と実地用が用意されているため、両方を購入する必要があります。本来、日本計装工業会のホームページでは出題された計装士試験問題が公開されますが、すぐに公開中止されるため、ネット上から過去問を手に入れることはほとんどできません。

計量士試験を受験する人は、日常、計装に係る仕事に従事しているため、普段から実際の計装を勉強し、覚えておくことや先輩から教わったことはメモします。後でメモを整理しておくことで、受験勉強のときに現場と繋がって覚えることができ、勉強の効果が出ます。
実地試験対策としては、計装の図面、P&Iやシーケンス図、ロジック図などから、どのような計装機器は配置され、どのように配線や配管が接続されているか確認します。
制御方式をロジック図化してみるなど、身近な図面をいろいろと展開する訓練をします。自分で問題を作って、自分で解答するので、何が正解かなど悩む必要はありません。
その後、テキストや問題集で、計装に関する図面の問題を解いてみて、自分がやった訓練が正しかったか、誤っていたかを見ると、実地試験の問題の解き方が分かってくることでしょう。
要は、習うより慣れろかもしれません。

計装士試験の過去問は日本計装工業会からのみ購入できる

計装士試験の受験資格は、1級は、設計・施工の実務経験5年以上か、2級取得後4年6ヶ月以上であることです。2級は、設計・施工の実務経験2年以上で受験資格が得られます。計装士試験は、1級、2級ともに、学科試験と実地試験が行われます。それぞれの合格率は、1級の学科試験は62%、実地試験は85%で、総合で53%です。一方、2級では、学科試験が60%、実地試験が90%と、総合で53%で、1級、2級とも受験者の半数は合格することから、建設工事に必要な土木工事施工管理や管工事施工管理に比べれば、難易度はさほど難しくないと言えます。なお、計装士試験に合格するための得点率は、学科・実地ともに55%~65%以上の得点が必要で、年度によって少し変わるようです。

計装士試験学科試験の内容は、1級も2級も、学科Aに3時間、学科Bに1時間の問題構成になります。学科Aの問題は、計装一般知識とプラントやビルなどの計装設備に関しての問題で、学科Bの問題は、プラントやビルなどの計装工事の施工管理と、関係法令についての問題です。問題内容はもちろん違いますが、1級も2級も同じ問題構成です。学科Aの試験内容は、計装一般・計器・計装設計・工事積算・検査調整です。学科Bは、工事施工・安全衛生・法規です。この試験内容は、1級も2級も同じ内容です。また、学科試験は全てマークシート方式です。
学科試験から4か月後に実施される計装士試験実地試験の内容は、工事計画・材料・計装及び工事設計・制御ロジック・検査調整・安全衛生・材料および工数積算で、解答は記述式と一部作図が行われ、解答時間は4時間です。

計装士試験の勉強法ですが、計装という特殊な分野の科目であるため、計装に特化したテキストと過去問数年分を繰り返し、勉強することが効果的です。ただ、計装士試験用の過去問は、日本計装工業会からしか購入できないため、テキストと数年分の過去問が一緒になった、テキストを手に入れて勉強するのがおすすめです。テキストは学科用途実地用が用意されているため、両方を手に入れる必要があります。本来、日本計装工業会のホームページでは出題された、計装士試験問題が公開されますが、すぐに公開中止されるため、ネット上から過去問を手に入れることはできません。
計量士試験を受験する人は、日常、計装に係る仕事に従事しているため、普段から実際の計装を勉強し、覚えておくことや先輩から教わったことはメモします。後でメモを整理しておくことで、受験勉強のときに現場と繋がって覚えることができ、勉強の効果が出ます。


タイトルとURLをコピーしました