乾燥設備作業主任者試験 01


乾燥設備作業は、乾燥器と乾燥室で加熱乾燥する仕事ですが、労働安全衛生法から、乾燥設備作業を行うには、乾燥設備講習会で乾燥設備作業主任者試験に合格した人の中から、作業主任者を選んで主任者のもとで乾燥作業を行うことが定められています。
乾燥設備作業主任者としての業務は、作業員に対して作業方法を周知させて指導し、設備に異常を感じたら直ちに設備を止めて点検・復旧させることです。また、乾燥設備内の温度や換気状態をチェックし、作業者の安全を守ることです。
乾燥設備作業主任者技能講習の受講資格は、18歳以上で、乾燥設備の作業に5年以上従事したか、高校や大学で乾燥設備に関する単位を取得して実務に1年以上従事した人、など学歴に応じた実務経験年数を経た人が受講できます。

乾燥設備作業主任者試験の概要

労働者に①危険物(安衛令別表第一危険物)を乾燥する内容積1m³以上の乾燥設備(乾燥室又は乾燥器)、②熱源として燃料を使用するもので、燃料の最大消費量が固体燃料にあっては毎時10kg以上、液体燃料にあっては毎時10ℓ以上、気体燃料にあっては毎時1m³以上の乾燥設備、電力を熱源として使用するもので、定格消費電力10kW以上の乾燥設備により乾燥作業を行わせる場合は、乾燥設備作業主任者技能講習を修了した者のうちから、乾燥設備作業主任者を選任して作業指揮、その他規則で定められた職務を行わせなければならないことになっています。

乾燥設備作業主任者試験の講習内容

受講資格 18歳以上で以下に該当する者。
1.乾燥設備の取扱作業に5年以上従事した者。
2.大学又は高専の理科系卒業者で、乾燥設備の
 設計・製作検査・取扱作業1年以上の実務経験者
3.高校の理科系卒業者で、乾燥設備の設計・製作
 検査・取扱作業に2年以上の実務経験者。
受講内容 ①乾燥設備及びその附属設備の構造及び取扱い(4時間)
②乾燥設備、その附属設備等の点検整備及び異常時の処置に関する知識(4時間)
③乾燥作業の管理に関する知識(5時間)
④関係法令(2時間)
⑤修了考査(1時間)
合格基準 修了試験において各科目40%以上、かつ総合で60点以上の得点

乾燥設備作業主任者試験 試験で問われるもの

乾燥設備作業主任者技能講習の最後に修了試験が行われます。修了試験では、講習で受講した内容およびテキストの内容が出題され、試験では以下のような内容が問われます。

①爆発・火災災害と乾燥作業の安全
②乾燥設備の構造および取扱い
③乾燥設備の附属設備の構造、機能及び取扱い
④乾燥設備、その附属設備などの点検整備
⑤乾燥設備、その附属設備などの異常時の処置
⑥乾燥作業の管理
⑦火災事例
⑧関係法令

参考書のランキング/乾燥設備作業主任者試験

乾燥設備作業主任者技能講義で講師が指示する内容が修了試験に出る

乾燥設備作業主任者技能講習は、合計2日間の学科講習を受け、最終日に修了試験があって、この乾燥設備作業主任者試験に合格すれば乾燥設備作業主任者技能講習修了証が与えられます。
講義の内容は、乾燥設備及びその附属設備の構造及び取扱いに関する知識に4時間、乾燥設備とその附属設備等の点検整備及び異常時の処置に関する知識に4時間、乾燥作業の管理に関する知識に5時間、関係法令に2時間、というように各科目ごとに講義の時間が設けられています。
講義の内容は専門知識の講習になるため、決して簡単ではありませんが、講師の言うことと、指摘されるポイントを覚えることが重要です。
そして2日目最後に、修了試験が1時間行われます。乾燥設備作業主任者試験合格の基準は、修了試験でそれぞれの科目で40%以上の得点をとり、総合として60点以上取れば合格です。

乾燥設備作業主任者技能講習は、1つの会場で年に4,5回行われていますし、全国的に多数の会場があるため、時間と労力を惜しまなければ、1年に何回も受講できます。ただし、1回の受講料がテキストと合わせて15,000円近いため、何度も受ける試験ではないでしょう。合格のポイントは、講義をよく聞いて重要点を覚えることで、それができれば、試験に落ちることはほとんどないでしょう。
乾燥設備作業主任者試験の勉強方法は、講義をしっかり聴くことです。講習会を申し込めば事前にテキストが配布されますが、ざっと見程度で詳しく見る必要はなく、乾燥設備作業はどのような仕事で注意すべきことなどを見ておいて、講習会の準備をしておけば、合格の道は近くなることでしょう。

乾燥設備作業主任者技能講義では、講師の方が重要なポイント、覚えるべきところや語句などを指摘してくれますので、それらはテキストにマーキングして忘れないようにし、さらにノートに記録などして覚えるようにすれば良いでしょう。講師の方が指示してくれる内容のいくつかが、修了試験に出ると思って間違えないでしょう。
1日目の講習会が終了してから、自由な時間が持てますので、その日にやった事を、マークやノートへの記述をもとに整理し、覚えるようにします。
講習会形式で講義の後で修了試験を行う資格は、数多くあります。そのような資格は、落ちる人が少ないのが一般的です。それでも落ちる人がいる理由は、講師の指摘ポイントを聞き逃したためで、その中で多いのが、居眠りです。就職後に、2日間の座学を受けることはめったになく、つい睡魔に襲われて居眠りをしてしまうのも、仕方ないことかもしれません。しかし、そこをどう乗り切るかで、乾燥設備作業主任者になれるかどうかが決まります。


タイトルとURLをコピーしました