安全管理、工程管理、施工計画/経験記述の部品集/管工事施工管理技士試験


最低限の努力で合格点が獲れる、管工事施工管理技士試験に合格したいあなたへ
次のページは、1級 2級 管工事施工管理技士の、経験記述、実地試験、学科試験のページです。
過去問を徹底分析した出題予想と使える解答例を多数紹介しています。

管工事施工管理技士試験のデジタル教材が選ばれる理由は、
・技術士と施工管理技士が作成した確実に合格点が獲れる教材
・驚異の的中率を誇る出題予想、過去問と解答例
・試験対策の優先順位がハッキリわかる
・最低限の努力で合格点が獲れる
・スマホで使える。通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができる

管工事施工管理技士試験/経験記述、実地試験、学科試験の過去問、出題予想と解答例

管工事施工管理技士試験、経験記述問題の部品集を紹介するページです。
経験記述論文の文章構成は、問題提起をして、その問題に取り組んだ解決策を述べます。「〇〇〇のため、◇◇◇に留意した。」
「〇〇〇の問題点・課題があったため、◇◇◇の対策処置を講じた。」
「のため」「対策処置」の部品集を、たくさん掲載しています。

1級管工事施工管理技士の学科試験は出題範囲が広いため、参考書やテキストを読むだけでかなりの時間がかかってしまいます。参考書やテキストを読む前に、過去問を実際に解きましょう。学科試験は出題パターンが似通っているため、先に過去問を解く方法が一番効率的です。

安全管理/経験記述の部品集/管工事施工管理

管工事施工管理、安全管理の部品集は、次の項目について掲載しています。
「〇〇〇のため」部品
「◇◇◇に留意した」部品
「処置・対策」部品

「〇〇〇のため」部品/サンプル部品集

○歩道・車道を開削しての工事
○建築工事の仕上工程との調整作業
○輻輳作業や上下作業が頻繁になる作業
○関連他業者の土木工事業者との輻輳作業
○建築工事および関連設備工事との輻輳作業
○関連他業者との輻輳作業
○2ケ月間の短期工事であり、輻輳作業
○安全管理の実態が、単なる規制の強化になるのを防止する
○狭あいな場所での他業者との同時作業
○高所作業が関連他業者との輻輳作業
○現場馴れからくる油断や小さなミスの防止
○労働災害の発生、工事の遅延など、多大な損害の防止
○小さなミスの繰り返しによる大事故の発生防止

「◇◇◇に留意した」部品/サンプル部品集

○強制的安全対策ではなく、作業員の自主性・創造性を引き出す、安全対策
○道路管理者・所轄警察署長の指示に従い、公衆災害防止
○現場慣れからくる安全意識のゆるみや、作業のマンネり状態による事故防止
○労働災害を防ぐための作業方法や工程調整
○作業調整、協力体制の確立による労働災害防止
○工事内容に応じた技術力を有する作業班の編成による安全管理体制の強化
○チームワークよる安全施工の体制作りや、作業環境の整備
○作業調整に重点を置くとともに、作業員の安全作業への取組み強化
○マンネリズムによる労働災害の防止
○事例研究による危険予知トレーニングの励行
○建築工事との共同作業の重要性を認識し、連携強化に基づく安全対策
○墜落事故などの労働災害防止
○安全管理標準の確立による重大事故の回避

「処置・対策」部品/サンプル部品集

○作業員相互の監視体制を整え、現場の声を反映
○小さなミスによる重大事故の防止を図る
○第三者を優先する施工方法、注意事項を喚起
○安全と安全管理が一体となった施工体制を確保
○掘削部分は安全施設の設置、交通整理員の配置により危険要因を排除
○チームワークよく安全な施工ができる体制と作業環境を整備
○安全協議会にて、建築工事と輻輳する工程を調整し、詳細工程表を作成
○上下作業の回避、仮設備の使用方法、安全対策などを徹底
○配管技能工を職長として作業班を編成
○熟練工、配管技能士を中心にした作業員への技術指導の実施
○小さなミスに起因する大事故の防止を図る
○建築工事の総合工程表との照合により、上下作業や輻輳作業を回避する作業調整を実施
○現場からの意見を取り入れ、工程管理と安全対策の一体化を図る
○合理化施工の実施と、安全点検の励行

配管工事はさまざまな建築物に欠かせないため、手に職を付けたい方に向いています。建設の需要は今後も続くことが見込まれるため、安定した仕事が受けられる1級、2級管工事施工管理技士の取得をおすすめします。
1級管工事施工管理技士の実地試験は、試験内容がほとんど学科試験で問われるような内容となっています。穴埋め問題が多く出題され、範囲がそれなりに広いので、勉強量がものをいう試験になります。
管工事施工管理技士試験の抑えるべきポイントと対策は、学科は過去問題を繰り返し解いて、問題の傾向を覚えること。実地試験では経験記述が特に重要な試験項目になるため、文章力が必要になります。

工程管理/経験記述の部品集/管工事施工管理

管工事施工管理、工程管理の部品集は、次の項目について掲載しています。
「〇〇〇のため」部品
「◇◇◇に留意した」部品
「処置・対策」部品

「〇〇〇のため」部品/サンプル部品集

○施主要望による設計変更
○配管位置の大幅変更
○建築工事との作業調整
○工事遅延による全体工程への影響
○先行作業である土木工事の遅れ
○建築工事、電気工事との並行作業
○関連他業者である電気工事の遅れ
○建築工事、電気工事の遅れ
○不測の降雨・湧水による工程遅延
○当該設備工事の遅延よる、後続作業への影響
○建築工事の進捗に伴う工事となる
○先行作業である建築躯体工事の遅延
○地下水位が高く、軟弱な設置地盤

「◇◇◇に留意した」部品/サンプル部品集

○建築・他業者による設備工事との取合い調整
○厳密な作業量管理、進度管理
○工程の合理化対策
○作業量を考慮した詳細工程表の作成
○建築工事(仕上げ工事)との作業調整
○弾力的な管理運営による工程調整
○適正な平均施工速度の確保、損失時間の防止
○工程図、製作図の入念なチェック
○手直し、手戻り作業の防止
○作業員の適正配置、工程表による進度管理
○綿密な工程調整
○止水工及び改良工の必要性
○工程計画に基づく作業の進め方の周知徹底
○関連他業者との工程調整

「処置・対策」部品/サンプル部品集

○作業員の技術力向上の目的を明確化
○技能工、熟練工の適正な配置・指導による作業効率の向上
○工事区間を数工区に分割して、並行作業を実施
○工事進捗に伴いチェック機能の強化
○手直し作業や労働災害の発生を抑え、施工量を増大
○作業班を配管技能士、熟練工を中心に編成
○作業標準書、施工図へ所定の品質規格値、施工方法を明記
○工程ミスによる手直し作業、手戻り作業の発生抑制
○工程のプロセスを各階に分割
○作業員のローテーションに合わせて資機材を搬入
○作業標準により無理、無駄、むらを排除
○地下水位を下げるため、ウエルポイント工法の選定
○設置地盤はセメント改良工法と良質土との置換工法を採用

管工事施工管理技士試験の勉強で1番大切なのは「勉強をする習慣」を身に付けることです。最初は短い時間でも良いので勉強をする習慣を付けてください。勉強することに耐性が付いてきたら、少しずつ勉強時間を増やし試験合格を目指しましょう。
管工事施工管理技士には1級と2級があり、資格を取得すれば工事現場における重要な役割に就くことができます。1級では特定建設業の専任技術者、一般建設業の主任技術者および監理技術者になることが可能です。また、2級では一般建設業の専任技術者、主任技術者になれます。
管工事施工管理技士の資格を取得すると、浄化槽設備士、給水装置主任技術者など他の資格を取得しやすいといったメリットもあります。1級管工事施工管理技士資格を取得した後であれば、実務経験を2年以上積むと「建築設備士」の受験資格が得られます。

施工計画/経験記述の部品集/管工事施工管理

管工事施工管理、施工計画の部品集は、次の項目について掲載しています。
「〇〇〇のため」部品
「◇◇◇に留意した」部品
「処置・対策」部品

「〇〇〇のため」部品/サンプル部品集

○建築工事との並行作業
○作業員の手間待ち・手戻りの防止
○現場運営計画としての土木工事との輻輳作業
○関連他作業との工事調整
○近隣障害対策、不同沈下対策
○事前調査結果からの地下水位対策
○給排水給湯設備の性能・機能の向上を図る
○建築工事との輻輳作業
○短期工事での建築工事との取合い調整
○綿密な作業の実施と、その効率化
○短期工事での入念な作業量算出

「◇◇◇に留意した」部品/サンプル部品集

○現場監督員同士の綿密な打合せを行い、工事の進め方と安全対策の明確化
○綿密な工程計画と、資材調達計画の立案
○綿密な資機材搬入時期の調達計画
○適正な歩掛りにより平均施工速度を算出した、工程計画の立案
○経済性を考慮した配員計画
○労働災害・公衆災害を防止する安全管理計画
○綿密な他業者との工程調整の実施
○適正な歩掛による工程計画
○詳細な安全管理計画の立案
○工程図、製作図による品質管理計画の確立
○適切な現場運営計画
○基本計画としての工程計画、仮設計画の立案
○安全工法の選定計画と、採算性を考慮した原価管理

「処置・対策」部品/サンプル部品集

○パートマンスケジューリングの実施
○資機材調達をスムーズに実施
○作業員、資材・機械の平均化と、稼働率の向上を図る
○作業員の稼働率の向上を図る
○配員の平均化、管理の合理化を図る
○契約工期に基づき、各作業に要する日数見積りを実施
○当工事の手持ち資機材数量から、2工区同時施工を立案
○細部工程表により、総工事量より1日当りの必要作業員を算出
○各種申請、試験、検査に要する日数、試運転調整、駄目回りなどに要する日程には、余裕日を考慮
○長年培ってきた総合力、技術力や製品化のデータを計画立案に反映
○事前調査を綿密に行い、設計図書、仕様書等の契約条件の検討を実施
○工事の順序と施工法の基本方針を決定
○建築工事との工程調整を綿密に行い、上下作業を回避
○作業員一人ひとりの意見を取り入れる体制を整備
○資機材調達計画は、近くの空地を借り保管場所を確保することで、作業の効率化を図る

1級管工事施工管理技士の勉強方法としては、幅広い知識が問われるので、過去問を繰り返し解き得意科目をできるだけ増やすことがポイントです。苦手科目が多い場合は、参考書やテキストを併用して、基本的な解き方や知識をインプットしましょう。
1級管工事施工管理技士の実地試験での「施工図問題」を解答するには、学科試験で勉強した施工法の科目を復習し、過去問演習を繰り返すと出題傾向が見えてきます。パターンを身に着けることが合格の近道です。
1級管工事施工管理技士に合格することで、建設業法における特定建設業の営業所に置かなければならない専任の技術者になることができます。仕事をしながら試験対策をする方は限られた時間の中で勉強をしなければなりません、通勤時間や休憩などの空いた時間を使い過去問題を解くことが重要です。

タイトルとURLをコピーしました