破砕リサイクル施設技術管理士試験 01


廃棄物処理法規によって、一般廃物処理施設や産業廃棄物処理施設には、廃棄物を技術的に維持管理する廃棄物処理施設技術管理者が置かれる必要があります。この管理者の資格を与える試験が、廃棄物処理施設技術管理者講習終了後に行われる試験です。試験に合格した人が廃棄物処理施設技術管理者の資格で、管理主任者となります。廃棄物処理施設技術管理者は、7つのコースに分けられていて、それぞれのコースごとに講習会が開催され、講習会終了後の終了試験で合格すれば、そのコースの施設管理技術士の資格が得られ、主任技術者として維持管理業務ができます。破砕リサイクル施設技術管理士試験は、破砕・リサイクル施設コースは、7つのコースの1つで、破砕・リサイクル施設コースを受講した後に、終了試験である破砕リサイクル施設技術管理士試験に合格すれば、破砕・リサイクル施設技術管理士として業務行うことができます。

破砕リサイクル施設技術管理士試験の概要

廃棄物処理施設の設置者は、「廃棄物の処理及び清掃に関する法律第21条」により、廃棄物処理施設の維持管理に関する技術上の業務を担当させるため技術管理者を置くことが義務付けられており、廃棄物処理施設技術管理者講習を修了することで、必要な専門的知識及び技能に関する能力を認定されることができます。
破砕リサイクル施設技術管理士は、廃棄物処理施設技術管理者試験・講習の「破砕・リサイクル施設コース」を受講し、課程を修了することで、資格が付与されます。

破砕リサイクル施設技術管理士 試験内容

[破砕・リサイクル施設コース]
基礎・管理過程
 ①基調講義
 ②廃棄物概論
 ③廃棄物処理施設の構造と維持管理
 ④安全と安全衛生管理
 ⑤修了試験
管理過程
 ①廃棄物処理法・関係法規
 ②管理監督の理論と実際
 ③廃棄物処理技術特論
 ④施設運営管理
 ⑤施設設備計画・実際
 ⑥処理機能維持・評価
 ⑦修了試験

参考書のランキング/破砕リサイクル施設技術管理士試験

破砕リサイクル施設技術管理士試験は、講習終了後の能力認定試験に合格すると取得できる

破砕・リサイクルとは、集めた廃棄物を分別し、例えばペットボトルであれば、収集したペットボトルを粉砕し、粉砕物を加工機に掛けて資源物として再生し、リサイクルさせます。破砕・リサイクル施設には、廃棄物や粉砕して細々となったものを、回収し・加工する設備にはいろいろな種類があり、リサイクル品も様々なものがあります。破砕リサイクル施設技術管理士講習は、基礎課程・管理課程4日間と、破砕・リサイクル施設コース管理課程4日間、都合8日間で講義が行われます。基礎課程・管理過程の受講資格は、20歳以上であれば誰でも受講できます。破砕・リサイクル施設コースは学歴に応じた経験年数によって、受講資格が得られます。廃棄物処理施設の他のテーマも同様に、講義日数はそれぞれ違いますが、受験資格を得る年月が経てば、主任技術者として施設の管理に当たることができます。

基礎課程・管理過程と破砕・リサイクル施設コース管理課程は、8日間、43時間の講義が行われ、最終日に、能力認定試験によって、80%以上の得点率を取れば、合格となります。破砕リサイクル施設技術管理士受講のための工事内容は、基礎を含め、次のような項目を受講します。なお、破砕リサイクル施設技術管理士試験の合格率は、80~90%です。廃棄物概論、廃棄物処理施設の構造と維持管理、安全と安全衛生管理、測定分析の実際、廃棄物処理法・関係法規、管理監督の理論と実際、廃棄物処理技術特論、施設運営管理、施設設備計画・実際、処理機能維持・評価が工事されますが、事前にテキストが配布されるため、テキストを見ながらの講習となります。テキスト内容の範囲が広いため、一度でテキスト内容を覚えることはできませんが、どのような問題形式が出るかという情報が掴めれば、講義を聴きながらテキストや問題集を見て、最終試験の想定ができそうです。

講習が終了後に、能力認定試験が行われます。破砕リサイクル施設技術管理士試験に合格するための勉強方法は、講演主体側が配布するテキストや問題集を勉強することです。過去問題集は出版されていないため、最も信頼できる参考書は講演主体側が配布するテキスト類です。ただし、配布されてから読みだしても覚えることはできないため、講習会までざっと見程度でいいでしょう。講義が始まったら、講師の方が、重要なポイントは指摘されますので、それを書き止めるか、テキストにマークを入れるなどで、忘れないようにします。高い確率で、それらは問題として出題されます。したがって、講義時間が長いと言って居眠りをすると、覚えるべきポイントを逃してしまい、不合格となる可能性があります。


◇ よく読まれている関連記事と広告


技術系
過去問と解答速報『資格試験_合格支援隊』
タイトルとURLをコピーしました