エクステリアプランナー試験 01


エクステリアプランナーは、園庭やブロック工事などといった、外構工事に係るエクステリア工事を行うにあたり役立つ資格です。資格試験は公益社団法人日本エクステリア建設業協会が実施しています。試験には1級と2級の区分があります。独学でどちらの級を目指すにしても、過去問題などがまとめらている問題集や参考書、模範解答や解説、解答例を活用して学習を行うことが大切となります。勉強方法を検討する時には、こうした参考書から過去問を紐解き、試験問題を予想して対策する方法がおすすめです。合格発表日に最高の瞬間を迎えるためにも、日々の努力を怠らずに繰り返し勉強を行うことが、重要なポイントとなるのは言うまでもありません。

エクステリアプランナー試験の受験情報

受験資格
1級 … 建築コンクリートブロック工事士・1,2級建築士・1,2級建築施工
      管理技士・1,2級土木施工管理技士・1,2級造園施工管理技士
      給水装置工事主任技術者の各資格取得者および2級エクス
      テリアプランナー取得者で関連業界で3年以上の実務経験
      (実務には、エクステリアに関する実務の他に建築・土木・造園
       に関する実務経験を含む)を有する者。
2級 … 特になし。

試験内容
1級
  学科試験
    ①エクステリア概論、②法規、③材料、④施工、⑤植栽、
    ⑥構造、⑦工程、⑧積算・原価管理
  実地試験
    ①設計図作成の基礎知識、②設計のプロセス
2級
  学科試験
    ①エクステリア概論、②法規、③エクステリアの構成要素、
    ④エクステリアの構成材料、⑤植栽、⑥工程、⑦積算・原価管理
  実地試験
    ①設計図作成の基礎知識、②設計のプロセス

参考書のランキング/エクステリアプランナー試験

正しい勉強方法を身につけると、エクステリアプランナーの資格は取得しやすくなる

エクステリアプランナー試験の受験資格は、1級と2級で異なります。2級がだれでも試験を受けることができることに対して、1級は「建築コンクリートブロック工事士」、「1級または2級建築士」、「木造建築士」、「1級または2級建築施工管理技士」、「1級または2級土木施工管理技士」、「1級2級造園施工管理技士」、「給水装置工事主任技術者」のいずれかの資格を保有している必要があります。また、2級エクステリアプランナーを取得している場合は、関連業界で3年以上の実務経験があれば受験をすることが可能です。もちろん、2級よりも1級の方がより難易度は高くなっていますので、自分の実力に合わせてどちらを受験するか決断しましょう。

1級・2級の試験日は年に1回となっています。資格取得を目指す専門学校では、試験後に解答速報などを提供している場合もあります。また、公益社団法人日本エクステリア建設業協会のホームページでも過去の問題と解答についても提供しています。2級の学科では「エクステリア概論」、「法規」、「プランニング」、「構成部材」、「植栽」、「原価管理」、「工程管理管理」を、実地では「設計図作成の知識」と「ゾーニング図の作成」が出題されます。一方の1級の学科では「エクステリア概論」、「法規」、「プランニング」、「構成部材」、「植栽」、「構造」、「原価管理」、「工程管理」、「施工」を、実地では「設計図の作成」が出題されます。

エクステリアプランナー試験の合格率に目を向けると、1級が40%程度であるのに対し2級は60%を超える程度となっています。そのため、しっかりとした勉強方法を身につけることで、それほど苦労せず取得することができるはずです。それにはもちろん、建築や土木といったエクステリアに係る専門知識が備わってなければいけません。例えば実地試験では、実際に素早く製図をさせるような課題など、実務的な技能が求められています。特に1級に関しては、受験資格としてさまざまな建設関連の資格取得が条件となっていることから、それらの知識が備わっていることが前提となっています。逆に言えば、それらの知識さえあればそれほど難しくはありません。


◇ よく読まれている関連記事と広告


環境・建築・不動産系
過去問と解答速報『資格試験_合格支援隊』
タイトルとURLをコピーしました