試験対策の質問に、お答えします/土木施工管理技士試験


ご質問の内容  土木施工管理技士試験
「施工管理の経験なしです。実地試験の出題予想は当たりますか。」

次のような、ご質問がたくさん寄せられます。
・今年の土木施工管理技士の実地試験を受ける予定です。
・仕事上では職長や施工管理の経験が無いため、とりあえずテキストを読んで勉強を始めてみました。
・しかしこの後、何をすればよいのかわからず勉強が止まっています。
・実地試験の勉強方法とはどうすれば良いのでしょうか。
・出題の予想が確実に当たれば、合格できるでしょうか。
・既に合格された方、アドバイスをお願いします。

実地試験の出題予想と勉強法を教えます。一級土木施工管理技士

現場経験なしで合格できる、出題予想に基づく効率的な実地試験の勉強法を紹介

電気工事施工管理技士の試験受験者の方々から多くの質問をいただいております。
試験対策を支援するため、この記事ではそれらのご質問にお答えいたします。

・一般的に、学科試験は取り組みやすいようです。
・しかし実地試験では、記述式問題になり、単なる暗記では合格点は取れません。
・最も重要な経験記述問題では、実際に施工した工事事例を絡めて、提示されたテーマに沿って、現場で経験した記述をしなくてはいけません。
・実際に会社で扱った工事資料や、打ち合わせ記録に目を通しておくことは、現実的な体験を記述する方法です。
・実は、施工管理の経験が豊富な方でも、記述式の実地試験の勉強に、どう取り組んで良いのかわからない方が多いのです。
・現職で施工管理の経験が無くても、対策をしっかりとたてた勉強法であれば、合格することは可能です。

電気工事施工管理技士 実地試験の効率的な勉強法についてご紹介しましょう。
出題予想から重点項目を絞り込んだ「これだけ項目集」の重要度、優先順位の高いものだけをやればいいのです。

実地試験の出題予想に基づく、重点項目を重要度が高いものから覚えるだけで合格できる

それでは、ご質問の中でも特に多かった電気工事施工管理技士、実地試験の「出題予想や解答例」についてご紹介します。

過去問を分析した出題予想に基づく「これだけ項目集」を使用すれば、絞り込んだ重点項目を覚えるだけで、合格点が獲れる準備ができます。

・まず、電気工事施工管理技士の過去数年間の出題を分析した「実地試験の出題傾向一覧表」を作成しています。
・この出題傾向一覧を見れば、本年度の出題が予想できます。
・また、どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されるのか、一目瞭然です。

・この出題傾向の分析から、重点項目を絞り込み、「これだけ項目集」を作成しています。
・実地試験の勉強法は、重点項目を絞り込んだ「これだけ項目集」の重要度、優先順位の高いものだけをやればいいのです。

・これだけ項目集では、出題年度・出題回数は、色を変えて記入しています。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・Wordデータです。並べ替え、編集して、オリジナルの項目集が作成できます。
・数枚づつ用紙に印刷して、通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができます。


・「これだけ項目集」を見れば、特化すべき本年度の重点問題が絞り込めます。
・これが効率的に合格点が獲れる、電気工事施工管理技士 実地試験の勉強法です。

電気工事施工管理技士に効率よく合格するには、実地試験の「出題予想とこれだけ項目集」を使うことをオススメします。
一級施工管理取得者が作成した非常に好評な「出題予想と重点項目集」であり、例年通常の2倍近い合格率を誇っています。

効率のよい記憶方法は、情報を整理することです

・仕事をしながらの勉強時間の確保は、大変だと思います。
・もうひと踏ん張りです。がんばってください。
・施工管理の経験が無くても、勉強法がわかれば不利ではありません。
・周囲の経験者の助けも借りて、最後まであきらめずに、合格を目指して頑張ってください。

効率のよい記憶方法は、情報を整理することです。
・記憶力を高めるには「記憶する前に、整埋する時間をつくる」ことが大切です。
・わからないことは、おぼえにくい。わかったことは、おぼえられるわけです。
・わからなくても、法則性のあること、自分に結びつけて考えられることは、容易に頭に入ります。
・そのためには、情報を整理する時間が必要になります。

もうひとつの効率のよい記憶方法は、文章を図にすることです。
・図を書いて、文章を見て図を見て、また図を見ながら文章を読んでいきます。
・すると、バッチリ頭の中に入ります。100パーセント近い状態で覚えられます。
・これをただやみくもに整理もせずに丸暗記したら、何時間かかっても、おぼえるのは困難だと思います。


試験対策ツール、実地試験の「出題予想とこれだけ項目集」が、業務でお忙しい方々の電気工事施工管理技士の受験を支援します。


重点項目を重要度が高いものから覚えるだけの実地試験の勉強法/土木施工管理技士

ご質問の内容「現場監督の経験がない、実地試験の勉強法を教えて」二級土木施工管理技士

次のような、ご質問がたくさん寄せられます。
・会社から言われ、今度の二級土木施工管理技士の試験を受ける予定です。
・作業員として建設業に5年いますが、現場監督の経験はありません。
・テキストを読んでみたものの、全然頭に入らず困っています。
・合格者の方、どのように勉強されたのでしょうか。
・現場監督の経験が無い私にもできる、良い勉強方法を教えてください。

効率的に合格点が獲れる実地試験の勉強法を紹介

土木施工管理技士の試験受験者の方々から多くの質問をいただいております。
試験対策を支援するため、この記事ではそれらのご質問にお答えいたします。

・建築業界は人手不足の傾向にありますが、中でも施工管理技士の不足は深刻であるといわれています。
・建設業法によって、施工現場には主任技術者の設置が義務付けられていますが、
・その資格保持者が不足しているために、会社で二級土木施工管理技士の資格取得を促すことがよくあります。
・資格取得者が多いと、作業員を必要人数確保できれば複数の施工を請負うことができます。
・逆に、資格保持者が一人の場合は、その人がいないと施工が出来なくなります。
・また会社側には、建設業法によって、建設業許可に必要な種別の資格を持った人員を、必要な各営業所等に配置しなくてはいけない事情もあります。
・そのため、施工管理技士を社員に取得してほしい、という依頼が出されることがよくあるのです。
・会社の都合で資格取得に取り組むのは、仕事をしながらでは大変だと思います。
・しかし、土木施工管理技士の資格の取得は建設業界で働く上では、ご自身にも大きなメリットがあります。

それでは、重点項目を重要度が高いものから覚えるだけの、効率的に合格点が獲れる実地試験の勉強法を紹介しましょう。

出題予想から絞り込んだ重点問題集をやるだけの効率的な実地試験の勉強法

それでは、ご質問の中でも特に多かった土木施工管理技士「実地試験の勉強法」についてご紹介します。

・まず、過去問から出題を分析した「実地試験の出題傾向一覧」を作成します。
・これを見れば、土木施工管理技士 実地試験の出題が予想できます。
・どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されるのか、一目瞭然です。

・続いて出題傾向の一覧から、毎年出題される問題は、隔年・数年間隔で出題される問題は、頻度の多い出題は、近年人気の問題は、などを考慮し、特化すべき重点問題を掲載しています。

・重点問題集の「これだけ項目集」は、出題回数別に色分けした解答例です。
・これだけ項目集では、出題年度・出題回数は、色を変えて記入しています。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。
・Wordデータです。並べ替え、編集して、オリジナルの項目集が作成できます。
・数枚づつ用紙に印刷して、通勤中や業務の合間にも、効率的な勉強ができます。

・「これだけ項目集」を見れば、特化すべき本年度の重点問題が絞り込めます。
・出題傾向の分析と「これだけ項目集」を使用すれば、絞り込んだ重点項目を重要度、優先順位が高いものから覚えるだけです。
・これが効率的に合格点が獲れる、土木施工管理技士 実地試験の勉強法です。


土木施工管理技士に効率よく合格するには、実地試験の「出題予想とこれだけ項目集」を使うことをオススメします。
一級施工管理取得者が作成した非常に好評な「出題予想と重点項目集」の勉強法であり、例年通常の2倍近い合格率を誇っています。

実地試験の勉強法は、自分自身のために資格を取るという強い信念を持ってやること

・日常業務で忙しい中、会社からの指示で時間を作って土木施工管理技士の試験勉強するのはたいへんなことです。
・しかしこの資格は、取得する自分自身にも大きなメリットがあります。
・国家資格ですから、持っているだけで必要な専門知識を習得している証明となり、信頼感が高まります。
・また、建設業界で働く場合は、社内で待遇され、転職するにも有利になります。

・実地試験の勉強法は、自分自身のために資格を取るんだという強い信念を持ってやることです。
・満点を取る必要はありません。合格点を目指して頑張ってください。

土木施工管理技士の試験対策ツール「出題予想とこれだけ項目集」が、業務でお忙しい方々の実地試験の勉強法を支援します。


土木施工管理技士 実地試験の出題予想から、重点問題を絞り込み準備する勉強法

ご質問の内容「実地試験で出る問題の予想と勉強法を教えて」2級土木施工管理技士

次のような、ご質問がたくさん寄せられます。
・2級土木施工管理技士の実地試験を今年受けます。
・実地試験に合格するためには、日ごろからどのようなことに注意して勉強していけばよいのでしょうか。
・実地試験は学科試験と全く違うので、どのようなことに気を付けていくべきなのか、全くわかりません。
・実地試験で出る問題の予想は出来るのでしょうか。
・試験合格のための色んなポイントを教えてもらえると、ありがたいです。

しっかりと実地試験の出題を予想して、効率的な勉強で合格ができる秘策を紹介

土木施工管理技士の試験受験者の方々から多くの質問をいただいております。
試験対策を支援するため、この記事ではそれらのご質問にお答えいたします。

・2級土木施工管理技士は、主任技術者として施工計画書の作成、工程管理、安全管理などの職務を行います。
・土木工事の全般的な技術管理を行うための資格ですから、現場仕事では必要な資格となります。
・そのため、ある程度の現場経験をした後に、試験を受ける方が大半です。

・2級土木施工管理技士は、独学での受験者が大半を占めますが、そう簡単な試験ではありません。
・中でも実地試験は、記述方式のため難しい試験です。
・そのため、しっかりと出題を予想して、必要な項目を頭に叩き込まないと合格することはできません。

・2級土木施工管理技士を受験する年代は、現場業務に忙しい年代の方が多いです。
・朝早くから夜遅くまで現場に追われているので、なかなか勉強の時間を作ることができないと思います。

それでは次の項で、日常業務にお忙しい方でも、効率よく土木施工管理技士の勉強をして、合格ができる秘策をご紹介します。

実地試験の出題予想から、特化すべき重点問題を絞り込み準備すること

それでは、ご質問の中でも特に多かった土木施工管理技士「実地試験の出題予想と勉強法」についてご紹介します。

2級土木施工管理技士の実地試験は、過去問の分析による出題予想から、効率的に勉強するための、特化すべき重点問題を絞り込む準備がとても重要になります。

・まず、過去問から出題を分析した「実地試験の出題傾向一覧」を作成します。
・これを見れば、土木施工管理技士 実地試験の出題が予想できます。
・どのような問題が、どれくらいの頻度で出題されるのか、一目瞭然です。

・続いて出題傾向の一覧から、毎年出題される問題は、隔年・数年間隔で出題される問題は、頻度の多い出題は、近年人気の問題は、などを考慮し、特化すべき重点問題を掲載しています。

・重点問題集の「これだけ項目集」は、出題回数別に色分けした解答例です。
・これだけ項目集では、出題年度・出題回数は、色を変えて記入しています。
・項目の重要度、覚える優先順位などが、ハッキリわかります。

・「これだけ項目集」を見れば、特化すべき本年度の重点問題が絞り込めます。
・出題傾向の分析と「これだけ項目集」を使用すれば、絞り込んだ重点項目を重要度、優先順位が高いものから覚えるだけです。
・これが効率的に合格点が獲れる、土木施工管理技士 実地試験の勉強法です。


土木施工管理技士に効率よく合格するには、実地試験の「出題予想とこれだけ項目集」を使うことをオススメします。
一級施工管理取得者が作成した非常に好評な「出題予想と重点項目集」であり、例年通常の2倍近い合格率を誇っています。

実施試験の出題予想に基づいた重要項目を、通勤中や業務の合間に勉強していくこと

・2級土木施工管理技士の実施試験に合格するためには、出題予想に基づいた重要項目を毎日コツコツ勉強していくことがとても大事です。
・Wordデータ「のこれだけ項目集」を並べ替え、編集して、オリジナルの項目集を作成してください。
・それを数枚づつ用紙に印刷して、通勤中や業務の合間に使用すれば、効率的な実施試験の勉強ができます。

短期間で、毎日短時間の勉強で土木施工管理技士に合格するためには、いかに集中して勉強できるかにかかっています。
そんな集中力のつけ方を紹介しましょう。

・終了時間などを設定することで、集中力を高める
・呼吸を整えることで、集中力を高める
・集中する言葉を使うことで、集中力を高める
・体の中の筋肉を弛緩させることで、集中力を高める
・暗示やイメージでリラックス状態にして、集中力を高める
・瞑想の姿勢になり、心身の調整を行なうことで、集中力を高める
・ある一点に視点を置き、そこを凝視することで、集中力を高める


試験対策ツール、実地試験の「出題予想とこれだけ項目集」が、業務でお忙しい方々の土木施工管理技士の受験を支援します。

37b879ba21dc730ba074b56964167fd3 - 試験対策の質問に、お答えします/土木施工管理技士試験
1級 土木施工管理技士試験
 1級 土木施工管理技士試験 のページです。  土木施工管理技士試験 2021年版 量よりも質に、こだわったデジタル教材です。 ◆ 経験記述の支援




タイトルとURLをコピーしました