1級土木施工管理技士試験の過去問と解説まとめ!2019年度学科試験 問題A(選択問題)


こちらは、2019年度(令和元年)1級土木施工管理技士学科試験の過去問の解説です。
今回は、2019年度1級土木施工管理技士学科試験の過去問で、問題A(選択問題)の3問(NO.1、6、12)について詳しく解説していきます。

1級土木施工管理技士の学科試験の内容

1級土木施工管理技士試験には、学科試験と実地試験の2つがあります。
実地試験は、学科試験に合格した方や学科試験免除者しか受けることができません。
学科試験には、選択問題の問題Aと必須問題の問題Bがあります。
1級土木施工管理技士学科試験問題Aの出題範囲は、土工・コンクリート工・基礎工の土木一般科目から、河川・海岸・ダム・トンネル・地下構造物といった専門土木科目、労働基準法・道路法・港則法といった法規科目まで幅広く出題されます。
問題の形式は4択問題で、61問の中から30問選択して回答していきます。
ちなみに科目ごとの出題数と選択数は以下のとおりです。

〇土木一般 … 出題数:15問 選択数:12問
〇専門土木 … 出題数:34問 選択数:10問
〇法規   … 出題数:12問 選択数: 8問

1級土木施工管理技士学科試験問題Aは選択問題ですので、従事している仕事に関する知識を中心に過去問を解くようにしましょう。

問題AのNo.1(土工)

土質試験結果の活用に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
⑴ 土の含水比試験結果は、水と土粒子の質量の比で示され、切土、掘削にともなう湧水量や排水工法の検討に用いられる。
⑵ 土の粒度試験結果は、粒径加積曲線で示され、その特性から建設材料としての適性の判定に用いられる。
⑶ CBR試験結果は、締め固められた土の強さを表す CBRで示され、設計CBR はアスファルト舗装の舗装厚さの決定に用いられる。
⑷ 土の圧密試験結果は、圧縮性と圧密速度が示され、圧縮ひずみと粘土層厚の積から最終沈下量の推定に用いられる。

『問題AのNo.1』の解説

2019年度1級土木施工管理技士学科試験過去問『問題AのNo.1』の正解は、「1」です。
含水比は、土の間隙中に含まれる水の質量の割合を百分率で表したものです。
土の締固めなどを行う場合には、最適な含水比を規定する必要があるため、含水比試験は土の締固めの管理に用いられます。
よって、含水比試験は、湧水量や排水工法の検討に用いられる試験ではありませんので、2019年度1級土木施工管理技士学科試験過去問『問題AのNo.1』の適切でないものは、「1」の含水比試験結果です。

過去問の傾向

1級土木施工管理技士学科試験の過去問をチェックすると、2018年(平成30年)、2016年(平成28年)、2014年(平成26年)、2011年(平成23年)でも似たような問題が出題されています。
土質試験結果の過去問の傾向としては、「試験の名称」「試験結果から求められるもの」「試験結果の利用」が理解できているか問われることが多いです。
土質試験の内容だけでなくどのように利用されるかもしっかり理解しましょう。

問題AのNo.6(コンクリート工)

コンクリート用細骨材に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
⑴ 高炉スラグ細骨材は、粒度調整や塩化物含有量の低減などの目的で、細骨材の一部として山砂などの天然細骨材と混合して用いられる場合が多い。
⑵ 細骨材に用いる砕砂は、粒形判定実績率試験により粒形の良否を判定し、角ばりの形状はできるだけ小さく、細長い粒や偏平な粒の少ないものを選定する。
⑶ 細骨材中に含まれる粘土塊量の試験方法では、微粉分量試験によって微粒分量を分離したものを試料として用いる。
⑷ 再生細骨材Lは、コンクリート塊に破砕、磨砕、分級等の処理を行ったコンクリート用骨材で、JIS A 5308レディーミクストコンクリートの骨材として用いる。

『問題AのNo.6』の解説

2019年度1級土木施工管理技士学科試験過去問『問題AのNo.6』の正解は、「4」です。
再生骨材は、解体したコンクリート塊などを原料とする骨材の総称です。
骨材中に含まれるモルタル量に応じて以下の3つに区分されます。
・再生骨材H(ハイ:高品質)
・再生骨材M(ミドル:中品質)
・再生骨材L(ロー:低品質)
品質により使用箇所に制限があり、レディーミクストコンクリートの骨材として利用できるのは、再生骨材Hです。
再生骨材Lは、破砕処理のみで製造したもので、JIS A 5023再生骨材コンクリートの骨材です。
耐久性を必要としない捨てコンなどに使用されることを想定しています。
よって、2019年度1級土木施工管理技士学科試験過去問『問題AのNo.6』の適当でないものは、「4」の再生細骨材Lの内容です。

過去問の傾向

1級土木施工管理技士学科試験の過去問をチェックすると、2008年(平成20年)~2018年(平成30年)まで、毎年必ず出題されています。
再生骨材の過去問の傾向としては、「再生骨材H」と「再生骨材L」に関する内容がほとんどです。
品質によってどこで利用されるのか、どういった制限があるのかが変わってきますので、品質と使用箇所を理解しましょう。

問題AのNo.12(基礎工)

道路橋で用いられる基礎形式の種類とその特徴に関する次の記述のうち、適当でないものはどれか。
⑴ 直接基礎は、一般に支持層位置が浅い場合に用いられ、側面摩擦によって鉛直荷重を分担支持することは期待できないため、その安定性は基礎底面の鉛直支持力に依存している。
⑵ 杭基礎は、摩擦杭基礎として採用されることもあるが支持杭基礎とするのが基本であり、杭先端の支持層への根入れ深さは、少なくとも杭径程度以上を確保するのが望ましい。
⑶ 鋼管矢板基礎は、主に井筒部の周面抵抗を地盤に期待する構造体であり、鉛直荷重は基礎外周面と内周面の鉛直せん断地盤反力のみで抵抗させることを原則とする。
⑷ ケーソン基礎は、沈設時に基礎周面の摩擦抵抗を低減する措置がとられるため、鉛直荷重に対しては周面摩擦による分担支持を期待せず基礎底面のみで支持することを原則とする。

『問題AのNo.12』の解説

2019年度1級土木施工管理技士学科試験過去問『問題AのNo.12』の正解は、「3」です。
鋼管矢板基礎とは、鋼管矢板を現場で円形や小判形など任意な閉鎖形状に組み合わせて打設し、鋼管矢板群が一体となって、大きな水平抵抗、鉛直支持力を得られるようにした構造のことです。
鉛直荷重は井筒外周面、内周面の鉛直せん断地盤抵抗で抵抗させることを原則としています。
よって、2019年度1級土木施工管理技士学科試験過去問『問題AのNo.12』の適当でないものは、「3」の鋼管矢板基礎の内容です。

過去問の傾向

1級土木施工管理技士学科試験の過去問をチェックすると、それぞれの基礎形式の特徴についての問題は、2019年度(令和元年)で初めて出題されています。
これまでの過去問の傾向としては、「鋼管杭の現場溶接の施工」「土留め支保工の施工」に関する問題が多いですが、今後同様の問題が出題される可能性もありますので、基礎形式の種類ごとにどのように支持しているのかを理解しましょう。

1級土木施工管理技士学科試験(問題A)の対策

1級土木施工管理技士学科試験(問題A)は、4択問題で61問の中から30問選択します。
つまり半分の問題は解かなくてもよいことになりますが、それだけに出題範囲が広いため、過去問を何度も解く勉強法では効率がとても悪いです。
実務経験が長い方は知識が豊富で、過去問を取捨選択して効率よく勉強できますが、実務経験が数年程度の方にとっては、とにかく数をこなして過去問を何度も解くしかありません。
そんな方のために、本サイトでは、1級土木施工管理技士学科試験の過去問を分析して、重点項目を覚えるだけで合格点が獲れる『これだけ項目集』を提供しています。
1級土木施工管理技士学科試験『これだけ項目集』では、過去問の傾向から「毎年出題される問題」「隔年・数年間隔で出題される問題」「頻度の多い出題」「近年人気の問題」などを考慮し、特化すべき重点項目だけをまとめています。
さらに、過去問の傾向から「今年出る出題問題」を予想し、メールでお伝えしますので、時間がない方は、予想問題を中心に対策すれば、効率よく学習できます。
通勤の隙間時間などでもスマホから簡単にチェックできるので、効率よく学習することができるバイブルです。

1級・2級 学科試験 これだけ項目集 2,000 円(税込)

学科試験の出題傾向分析&重点項目集は、こちらへ

1級土木施工管理 学科試験 ▼  2級土木施工管理 学科試験 ▼


タイトルとURLをコピーしました