土木施工管理技士試験 01


 土木施工管理技士の資格は、 主に公共工事の、河川の改修工事や、築堤、護岸工事、橋梁工事、道路改良工事や舗装工事など 様々な土木一式工事を施工するにあたり、工事現場の現場代理人や主任技術者を担当するために必要な資格となります。 土木施工管理技士は国家資格のひとつになり、区分は一級・2級の2種類があります。 土木施工管理技士とは、 河川・港湾・道路・鉄道・下水水道工事などの管理をおこないます。

試験の内容、出題分類、合格率/土木施工管理技士試験

過去問と解答速報/土木施工管理技士試験

1級土木施工管理技士試験 参考書・問題集のランキング

参考書のランキング/1級土木施工管理技士試験

問題集のランキング/1級土木施工管理技士試験

2級土木施工管理技士試験 参考書・問題集のランキング

参考書のランキング/2級土木施工管理技士試験

問題集のランキング/2級土木施工管理技士試験

土木施工管理技士の資格試験に合格するためには、学科試験と 実地試験に合格する必要があります

一級土木施工管理技士は、工事現場において主任技術者、または監理技術者として施工計画を作成して、工程管理や安全管理をおこない、最高責任者として現場の全てを取り仕切ります。二級土木施工管理技士の仕事内容は、土木・薬液注入・銅構造物塗装のうちどれかひとつを受検して実地試験に合格すれば、河川・道路などの土木工事において作業工程ごとの主任技術者として、工程管理や安全管理をおこないます。

 土木施工管理技士の資格は一級、二級と分かれていて、資格試験に合格するためには、学科試験と、 実技試験に合格する必要があります。 2級土木施工管理技士の資格は、専門課程を学べる工業系の大学であれば、卒業後、1年以上の実務経験で受験することができます。 ただ、指定学科ではない高校卒の場合は8年以上の実務経験が必要となります。 1級土木施工管理技士の場合も、同様に受験資格は細かく決まっています。


タイトルとURLをコピーしました